Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




物件情報

シティテラス小金井公園は送電線が残念なマンション

更新日:

東京都小平市の大規模マンション・シティテラス小金井公園(総戸数:922戸)は、31959平方メートルの広大な敷地に建つ大規模マンションである。しかし、敷地面積の中にJRの鉄塔用地242平方メートルが含まれており、送電線がせっかくの景観をぶち壊している残念なマンションです。ただ送電線の存在を我慢すれば割とよいマンションだと思います。

Sponsored Link

シティテラス小金井公園おすすめ理由

東京都小平市の大規模マンション・シティテラス小金井公園をおすすめする理由を綴ります。私の感じた内容ですので、全ての方に賛同を得られるわけではありませんので、購入は自己判断でお願いします。

スケールメリットを享受

総戸数922戸という大規模マンションの「シティテラス小金井公園」は、スケールメリットを活かした共用施設が存在します。ゲストルームはもちろん、シアター・カラオムルーム、ミニショップ、フィットネスジム、DIYルームなど、大規模マンションならではの充実した共用施設が揃っていますので、それらの享受を存分に受けることができます。

屋上テラスや屋上ビューテラスもあり小金井公園の森が一望できるのは、すばらしい立地条件の成せる業なのではないでしょうか。

カルチャーサービスがある

大規模に限らずマンションに住む方は、知り合いがいないケースが多いです。その点、「シティテラス小金井公園」では、マンションのオーナーだけが参加できる「オーナーズカルチャーサービス」が用意されています。

「ピラティス」、「季節の料理」、「フラワーアレンジメント」、「フラダンス」、「カクテル」、「ボクササイズ」、「アロマ&ビューティー」など複数のカルチャーサービスがありますので、住む人が興味のあるカルチャーサービスに参加することができます。

同じ興味のカルチャーサービスに参加する中で、自然と話題が共通する知り合いを持つことができて、コミュニティが形成される仕組みが、すでに出来上がっています。

「親子ヨガ」、「リトミック」、「ベビー教室」、「算数教室」、「DIY」、「スイーツ教室」、「ガーデニング」などの子ども向けの「カルチャーサービス」もありますので、子どもの教育やお友達も簡単に作れるというメリットがあります。

ディスポーザがある

最近の大規模マンションでは珍しくなくなった「ディスポーザ」が標準で設置されています。生ゴミをキッチンのシンクにためなくてもよいので清潔なキッチンが保てます。生ゴミをゴミ捨てステーションまで持って行かなくてもすみます。

共用施設に無線LAN

エントランスホールやスタディルームなどのマンションの共用施設では、無線LANを使うことができます。インターネット環境が、必需となっている現在で、これはうれしいサービスなのではないでしょうか。

カーシェアリングとシャトルバス

必要な時に自由に車を使うことができるカーシェアリングが構築されています。また、住民専用のシャトルバスが走り、JR中央線の武蔵小金井駅と結んでいるのも通勤や通学の足に便利なところです。シャトルバスの存在が、JR中央線との距離を縮めていることになります。

Sponsored Link

小金井公園に隣接

マンション名にもなっている緑が豊かな「小金井公園」に隣接しています。サイクリングコースや江戸東京たてもの園、小金井市総合体育館、バーベキューもできて、環境抜群の中で子育てができるでしょう。

「小金井公園」では、1700本もの桜が植えられているため、毎年、桜の花が咲く春の訪れが楽しみになるのではないでしょうか。バードウォッチングやドッグランを楽しむなど豊かな自然を感じることのできる魅力的な「小金井公園」隣接はメリット大です。

花小金井駅へは徒歩8分

シティテラス小金井公園からの最寄駅である西武鉄道新宿線「花小金井」駅へは、徒歩8分で行くことができます。「花小金井」駅は、急行・準急停車駅が停車しますので、東京都内へのアクセスも抜群です。東京都内へ出るには、JR中央線が有名ですが、西武鉄道新宿線も便利な路線です。

「中井」駅で「都営大江戸線」に、「高田馬場」駅で「JR山手線」もしくは「東京メトロ東西線」、終点の「西武新宿」駅で「JR中央線・総武線」「東京メトロ丸の内線」「小田急線」「京王線」「都営新宿線」「都営大江戸線」などに乗り換えることができます。

シティテラス小金井公園の惜しい理由

「シティテラス小金井公園」の惜しい理由を綴ります。

送電線が景観ぶち壊し

「シティテラス小金井公園」は、広大な敷地を有しているのですが、惜しい理由は、JRの鉄塔用地が含まれているため、送電線が景観をぶち壊してしまいます。

鉄塔と送電線があるからと言って、健康被害があるわけではありませんが、自分のマンションの敷地内に鉄塔と送電線があるのはデメリットとなります。しかし、逆に言えば、鉄塔用地を貸し出しているわけですから、安定的な収益が期待できるとも言えるでしょうね。

共用施設の継続性に不安

「シティテラス小金井公園」には、シャトルバス・ミニショップ・カラオケルーム・シアタールーム・フィットネスジムなどの共用施設を備えています。

それらの共用施設を維持管理するのは、「シティテラス小金井公園」に住まわれているマンションの住民であることは言うまでもありません。

将来に渡って、共用施設をずーと維持できるかどうかの保証はありません。あまり使われなくなる共用施設は、とりやめとなる可能性があります。

カルチャーサービス維持に懸念

住友不動産のホームページ「シティテラス小金井公園」の「オーナーズカルチャーサービス」の注釈には、次のように記載されています。

※本プログラムは平成30年10月より開始予定です。入居時期によってはプログラムを開始していない場合があります。また、開始時期については変更になる場合があります。プログラムの内容は変更・中止になる場合があります。また、本サービスは平成30年10月1日~平成32年9月末日を予定しております。以降の運営については未定となります。詳細は係員にお尋ねください。

平成30年10月から始まり、2年後の平成32年9月(正確には、平成ではありませんが)には、「オーナーズカルチャーサービス」の運営がどうなるのかは分からないということが記述されています。

平成32年9月までは、責任を持って運営しますが、その後の継続運営は、住民の皆さんで考えて実施してくださいというメッセージです。人気のあるサービスは継続運営するでしょうが、人気のないサービスは終了してしまうということも考えられます。

2年間の間に、「オーナーズカルチャーサービス」の運営方針を定めて、維持ができるように住民の皆さん次第であるという宣言が受け取れます。全く「カルチャーサービス」がないマンションもありますから、最初の2年間だけでも、軌道を敷いてくれていることをありがたく感じなければならないのでしょうね。今後の「オーナーズカルチャーサービス」は、住民の合意形成次第ということです。コミュニティーの形成が試されているような気がします。

おわりに

広大な敷地面積の「シティテラス小金井公園」は、多摩地区の中でも人気のある地域に存在する大規模マンションです。東京都にありながらも、緑が豊かな自然が色濃く残っており、便利さと自然の両方が共存する立地がメリットだと思います。

総戸数922戸という大規模のスケールメリットを大いに活かしたマンションであると思います。マンション内に送電線が走っていることは残念ですが、気にしないのであればよいマンションです。

シティテラス小金井公園は送電線が残念なマンション。

JRの鉄塔用地を含むことを承知で購入すべし。

-物件情報

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.