その他

秀和幡ヶ谷レジデンスの理事長や管理人がニュースに!異常事態に驚愕

投稿日:2020年8月9日 更新日:

分譲マンションに住んでいると多少のトラブルは生じます。

良くあるのは生活騒音のトラブルです。しかし「秀和幡ヶ谷レジデンス」では、信じられないトラブルが勃発しています。

介護ヘルパーの入室制限や鍵の受け渡し拒否など信じられないトラブルが続いています。理事長や管理人がニュースとして報道され驚いています。

  • 秀和幡ヶ谷レジデンスの理事長や管理人がニュースに!
  • 自主管理マンションが原因か?
  • 秀和幡ヶ谷レジデンスの場所どこ?

秀和幡ヶ谷レジデンスの理事長や管理人がニュースに!

秀和幡ヶ谷レジデンスの驚きのニュースが飛び込んできました。今まで聞いたことのないような内容ばかりで驚愕しています。どんな内容かと言うとどれも驚きの内容ばかりです。

秀和幡ヶ谷レジデンスで起こったトラブルの一部です。過去には、マンションを訪れた不動産会社の社員を管理人が木槌や靴ベラを持って追い払い、警察が出動する騒ぎもあったと言います。

友人を泊めたら5000円

昨年の夏頃、海外在住の友人を私の部屋に泊めました。しかし、いざ友人がマンションに入ろうとすると、管理人が「不法侵入だ!」と制止。

挙げ句の果てに、「入居費として5000円、出ていくときには退去費として5000円払え。払わないなら今すぐ出ていけ」と恫喝(どうかつ)されました。

入居の際にそんな説明はされていませんし、私は支払いを拒否しました。そしたら翌日以降、深夜に管理人がチャイムを鳴らして、「入居費の支払いを」と。恐ろしくなって、1万円を支払ってことを収めました。

ホテルを営んでいるのでもなく、ゲストルームに宿泊したわけでもありません。なのに、入居費と退去費という名目で、費用が必要となるとは聞いたことがありません。

しかも、1万円というのはあまりにも高額な値段設定ですね。深夜に管理人がチャイムを鳴らして督促に来るとは。管理人さんの仕事なのでしょうか。

この1万円は、管理組合の収入という扱いになるのでしょうか?組合会計はどうなっているのか疑問です。

介護ヘルパーも出入り禁止

2年くらい前から急に、部外者の立ち入りが厳しく制限されるようになったんです。

驚くことに、ヘルパーさんまで平日17時以降と、土日祝は入館禁止だと言われました。

ヘルパーさんがいないと買い物も食事もできないので、必死に交渉しました。でも、組合は「ルールですから」の一点張り。長年住んできて、そんなルールは見たこともないです。

必要だから介護ヘルパーを依頼しているはずです。それに、時間制限や土日祝の制限を設ける理由が分かりません。

介護ヘルパー制限ルール初めて聞きました。何故、こんなルールが出来たのか背景を知りたいですね。管理組合で話し合って正式に決定したのでしょうか。

鍵の受け渡し拒否

普段は海外に住んでいるんですが、10年ほど前に東京用の自宅として購入した。

しかし2011年頃、21時以降に締まるエントランスの鍵が変わったようで、中に入れなくなった。それで、管理人室に新しい鍵をもらいに行ったら「居住者ではないから渡せない」と。

弁護士を通してやり取りしましたが、それでもダメ。いまも、21時以降はマンションに入れません。

鍵を一斉交換するのは、防犯目的などで行われるのは分かります。しかし、その鍵が全組合員に配布していないことが問題あるのではないでしょうか。

マンションの一室を購入した方には、全員に速やかに新しい鍵の引き渡しがあるべきです。海外在住で、不在であったとしても後日速やかに区分所有者に新しい鍵を渡して然るべきです。

「居住者ではないから渡せない」という理由も良く分かりません。理由があって住んでいないということであり、管理費や修繕積立金の滞納があるのでなさそうです。

賃貸も禁止

購入した部屋を賃貸にすることを組合に告げたところ、「外国人はダメ」「高齢者はダメ」と意味不明な条件をつけてきた。さらには、貸す相手と組合との面接まで要求してきました。

購入した部屋は、オーナーが賃貸として貸し出すことも可能です。しかも、管理組合が、どんな人に貸すのか面接を行うとは初めて聞きました。

管理組合の仕事でしょうか。不動産会社の仕事と勘違いしていませんか。

自主管理マンションが原因か?

秀和幡ヶ谷レジデンスは、総戸数300戸/地上10階建ての大規模マンションです。

総戸数300戸もある大規模マンションでありながら「自主管理」という管理形態となっています。

自主管理のマンションは、戸数の少ない小規模マンションに多く採用されていることが多く、総戸数300戸の大規模マンションでは珍しいです。

管理会社の知識やアドバイスがないがために、聞いたことのないようなトラブルが発生しているのではないかと推測されます。

自主管理だからと言って、常識外の好き勝手なルールを設けるのはどうかなぁと思いますけどね。

4月からは、UberEatsが出禁(出入り禁止)になったということです。なぜ出禁となったのか理由は定かではありませんが、面白いルールですね。



秀和幡ヶ谷レジデンスの場所どこ?

秀和幡ヶ谷レジデンスは、京王新線「幡ヶ谷駅」徒歩3分のところにあるマンションです。

住所は、東京都渋谷区幡ケ谷1丁目30―1です。

あわせて読みたい

常識的な自主管理であれは良いのですが、悪い方に転んでしまった「秀和幡ヶ谷レジデンス」ですね。「秀和幡ヶ谷レジデンス」に住む人は、まるで監視されているようだという印象を受けています。

「秀和幡ヶ谷レジデンス」には、なんと54台もの防犯カメラが設置されています。大規模マンションなのである程度の防犯カメラ設置は分かりますが、54台はさすがに多すぎではないでしょうか。

防犯が目的のカメラ設置なのに、監視カメラの目的にすり替わっていないでしょうか。

住民は、「秀和幡ヶ谷レジデンスを救う有志の会」を結成して、管理組合に立ち向かう構えを見せていることが異常な事態である状況と言わざるを得ません。

自転車があれば新宿や下北沢までも行ける住みやすい立地ですが、残念なトラブル内容が報道されてしまいました。

あまりトラブルが多いと「秀和幡ヶ谷レジデンス」にとっては良いとは言えません。売買や賃貸での評判が落ちてしまうかもしれません。資産価値にも影響を及ぼすのではないでしょうか。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.