Sponsored Link




その他

マンション結露対策のグッズおすすめは何か

更新日:

気密性の高いマンションゆえ、寒い冬になると悩むのが窓の結露対策です。朝起きると、窓ガラスやサッシにぎっしりと結露しているという経験はありませんか。結露対策をしないで怠ると、カビが発生して、アレルギーの原因や家族の健康を脅かすことにもなりかねません。

Sponsored Link

結露対策のグッズおすすめは

冬場の結露対策には、グッズを用いることが効果的です。結露防止シート・結露防止テープ・結露防止スプレーなどを紹介しますが、おすすめの対策グッズは、「結露防止シート」です。

結露防止シート

暖房代を節約できるメリットもあります。霧吹き等でガラス面を濡らしながら、簡単に貼り付けることができる優れものアイテムです。夏場に使用しても、断熱効果も得られるためエアコンにも効果的だという利用者の意見もあります。

結露防止テープ

「結露防止テープ」もおすすめです。結露が流れ落ちる場所に吸着面を貼りつけるだけのグッズです。幅が10センチと広いのとかわいい猫のイラストが特徴です。

結露防止スプレー

スプレータイプの「結露防止スプレー」もあります。窓ガラスの水分を拭いたあと、「結露防止スプレー」をスプレーするだけの簡単対策です。実際に、ホテルや旅館の窓にも使用されている業務用洗剤なので、安心して使用できます。

マンション結露対策は

「結露」とは、夏の暑い時期に冷たい飲み物を入れたグラスを置いておくと、外側に水滴が付くように、窓ガラスやサッシに水滴がつくことです。窓の結露は、気密性が高いマンションだからこその悩みなのかもしれませんね。

気密性が高い証拠であるとも言える冬場の結露は、そのまま放置しておくとカーテンや畳にカビが生えるなど健康上の問題になりかねません。

結露を発生させないコツは、とにかく換気をすることと結露を拭き取ることです。わずかな時間でも換気ファンを回したり、窓を開けて換気することをおすすめします。

窓を開けると、冬場の寒い外気が室内に入ってきて、せっかく暖めた室内の空気の温度が下がってしまうということに抵抗がありますが、結露をさせないためには必要な換気なのです。

結露してしまった場合は、結露した窓ガラスに新聞紙を貼り付けておきます。新聞紙が水分を吸い取るので、新聞紙を剥がして、ぞうきんで拭き取るとよいでしょう。

結露が発生する原因は、「室内と屋外の温度差が大きいこと。」と「室内の湿度が高いこと。」の2つがあげられます。

室内と屋外の温度差が大きい

室内と屋外の温度差が大きいと結露の原因となります。換気を行うことで、室内と屋外の温度差を少なくなります。結露防止になります。

学生時代、学校の先生から言われて教室の窓ガラスを開けさせられた経験があります。不満を言っている人もいましたが、空気の入れ替えは大事なことなのですね。

換気をすることで、新鮮な空気を取り込み、気分的にもリフレッシュすることができます。

室内の湿度が高い

室内の湿度が高い大きな要因は、「洗濯物の部屋干し」です。冬場は、天気が悪く日光があたらない場合が多いため、どうしても洗濯物を部屋干しにしがちです。

室内に洗濯物を干すと、どうしても湿気が高くなりますので、乾燥機で乾燥させることをおすすめします。乾燥機がない場合は、コインランドリーに設置されている乾燥機を用いることで乾かせるとよいでしょう。

おわりに

冬場の窓ガラスの結露、気になりますよね。そのまま放置しておくとカビの原因にもなりますし、だからと言って毎朝拭くのも面倒です。

専用のヒーターを窓に置く対策もありますが、本格的で気軽に結露対策を行うにはハードルが高いです。

結露対策のおすすめは、「結露防止シート」を貼ることです。簡単に窓ガラスに貼ることができますから。

【追記】
窓ガラスの結露は、「ぞうきんで拭くとよい。」と綴りましたが、最近は、「結露とりワイパー」なる便利商品が発売されていることを知りました。窓の結露を取るためだけではなく、浴室の壁面や鏡などの水滴を取り除くのにも重宝する優れものです。

持ち手の部分が透明のボトルになっていて、キャッチした水滴がこの中に入る仕組みとなっています。雑巾がけから解放されて嬉しいという実際に利用した方の意見もあります。

マンション結露対策のグッズおすすめは何か

結露対策を怠りなく!

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.