その他

マンションのノンタッチキーを紛失しないためには

目安時間 5分
  • コピーしました

最近のマンションでは、オートロックの自動ドアを解除するのにノンタッチキーを採用しているマンションが多くなってきました。ノンタッチキーとは、文字通りリーダに近づけるとオートロックの自動ドアが開くシステムです。どんなに優れたオートロックでも、ノンタッチキーを紛失しては困ります。マンションのノンタッチキーを紛失しないためには、どのようにすればよいのでしょうか。

ノンタッチキーとは

ノンタッチキーとは、鍵穴に鍵を刺して、オートロックを解除するのではなく、専用のICチップ付のキーやタグ、カードを受信機に近づけることによって、オートロックを解除する仕組みです。

ノンタッチキーをかざすだけで、オートロックの自動ドアが開くので、たくさんの荷物を持っている場合などは便利です。実際に、自分のカバンに入れたままノンタッチキーをかざす横着者を目撃することもありますけど。

鍵穴に鍵を刺す行為を行わなくてもよいので、鍵穴が摩耗して使えなくなったり、鍵が鍵穴の途中で折れて使えないというトラブルもありません。鍵を勝手に複製するというセキュリティ上の問題もありません。中には、エレベーターと連動しているオートロックもあります。

便利にセキュリティが保たれるノンタッチキー、紛失すると痛い目を見ますので、失くさないように工夫する必要があるのではありませんか。

ノンタッチキーの置き場所を工夫

ノンタッチキーを紛失しない工夫について綴ります。ノンタッチキーを紛失しないためには、普段からキーを置く位置の工夫がポイントになります。紛失する場合は、家のどこに置いたのか分からなくなる場合が多いようです。置き場所の工夫は、ノンタッチキーに限らず一般の鍵でも同じことが言えます。

Sponsored Link

玄関裏に掛けて置く

玄関扉を開けた内側は、磁石がつきますので、ノンタッチキーを掛けて置きます。出掛ける直前にノンタッチキーが視界に入るため、どこに置いたのかが一目瞭然となります。

本来は、お風呂の壁につけて、床掃除用のブラシや浴槽掃除用のスポンジなどを収納する目的の商品らしいのですが、ノンタッチキーをかけるのにも便利なのではないでしょうか。

下駄箱の上に置く

玄関を入ったところにある下駄箱の上、場合によっては、お花や絵を飾って楽しんでおられる方もいらっしゃることと思います。しかし、ここに綺麗でおしゃれなお皿を置いて、その上にノンタッチキーを置きます。お出掛けする場合に必ず視界に入ることで紛失を防止します。

引き出しにしまう

自宅に帰ったら、必ず指定の引き出しにしまうことにします。格納場所は固定として、上から一番目の引き出しの右の方の鍵ボックスを用意してしまうなどと決めます。毎回、必ず、引き出しから出して、使い終わったら引き出しへしまう。テーブルの上やテレビ台の上など違うと紛失の可能性が高くなります。

紛失に備えておくことは

万が一、ノンタッチキーを紛失した時に備えて、あらかじめ是非行って頂きたいことを綴ります。ちょっとしたことが、もしものために非常に役に立ちます。

マンションの引き渡しの時に、いくつかのノンタッチキーを受け取ったかと思います。鍵の持ち手部分に樹脂性のカバーがついていると思いますが、カバーについている色を覚えておく必要があります。

カバーの色によって、どのノンタッチキーかを特定しています。ですから、紛失する前にノンタッチキー写真を撮影して保管しておくかメモをとっておくことをおすすめします。

ノンタッチキーを格納する位置に撮影した写真置くか、ノンタッチキーの説明書に挟むか、重要な書類(契約書)を保管している場所に一緒に保管してください。

自分のラッキーカラーや好きな色のノンタッチキーを使用するのが一般的だと思いますが、いざ紛失した時に、誰が何色のノンタッチキーを使っていたのか分かるようにしておいてください。

ノンタッチキーを紛失した場合は、紛失したキーの色を特定して「ノンタッチキーを個別抹消」する必要があるからなのです。

おわりに

マンションのノンタッチキー、紛失しないことが重要です。しかし、人間が使うものだけに、どこかで紛失することがないわけではありません。

そうならないようにノンタッチキーの格納場所を定め、あらかじめ全てのノンタッチキーの写真を撮影して保管しておくことが大事となります。自分なりに紛失しないように工夫しましょう。

マンションのノンタッチキーを紛失しないためには。

保管場所を定めること。
ノンタッチキーの写真を撮影して保管しておくこと。
  • コピーしました

   その他   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。