購入

中古マンション購入の注意点は水回り!確認を!

投稿日:

中古マンションの購入を検討している方に気を付けて頂きたいことは、内見や契約時に水回りを必ず確認を行うことです。水回りに関する最大のトラブルは水漏れです。表からは見えない水回りの設備の確認は、給水給湯管がどんな素材でできているかを確認することが必要です。購入後にリノベーションを予定している場合でも、きちんと水回りを確認しましょう。

Sponsored Link

中古マンション購入の注意点は水回り!

中古マンション購入の注意点は水回りです。マンションの給水給湯管には、金属管が使われているのか樹脂管が使われているのかを確認することをおすすめします。

金属管は、丈夫で耐震性もあり、給水給湯管として古いマンションでは長く使われてきた素材です。ただし、錆びや腐食しやすく、交換も難しいことから使われなくなってきています。

錆が発生すると、蛇口をひねると色のついた水が出てくる場合もあり、衛生面の上でも疑問となってしまいます。

金属管に変わって、最近は、樹脂管にとってかわられています。取り扱いが容易なことが主な要因です。

生活する上で水回りは必須です。キッチン・バスルーム・洗面所・トイレなど、水回りは使用する頻度が高く、水回りの使い勝手が悪いと、生活が不便になります。

例えば、どこからか水漏れが起きてしまうと、最悪階下にも影響を及ぼしてしまうことにもなりかねません。水漏れによって、家財道具がダメになったり、保障を余儀なくされる等のトラブルになる可能性も出てきます。

中古マンション購入時に注意して見てもらいたいものは、どんな給水給湯管を使っているのかということです。

多くの給水給湯管は、壁や床の中に埋まっていて、見えない状態であることが多いです。スケルトン状態のマンションであれば、床下まで見学することが可能であるかもしれませんけどね。

ただし、給水給湯管が見られる場所があります。まずは、洗面化粧台下の点検口内部やバルコニーの給湯器の下を目視で確認してみてください。

さらに、確認のために、普段の生活では開けて使うことのないメーターボックス内を開けて確認してみてください。

業者が点検の時しか開けることはないでしょうが、メーターボックスがどこにあるのかという確認のためにも、開けてみることをおすすめします。

間取り図でいう「MB」と記載されている位置に、メーターボックスがあるはずです。

【関連記事】
間取り図の記号「MB・PS・R・DEN・WIC・S・SIC・RF・TR」とは?

メーターボックスを開けても分からないのであれば、中古マンションを仲介する業者に直接聞いてみるのがよいと思います。

おわりに

中古マンションの購入を検討している方は、是非、内見や契約時に水回りの確認を行ってください。これから住むマンションですから、トラブルがないようにするためです。

水回りのトラブルは、自身の部屋のみならず、階下へも迷惑を掛けてしまう可能性がありますので、速やかに対策を行わなければなりません。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

中古マンション購入の注意点は水回り!確認を!

金属管が使われている場合は、購入を避けた方が無難です。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.