Sponsored Link




物件情報

プラウドタワー堺東の商業施設はサンプラザが入る

投稿日:

大阪府堺市堺区の「プラウドタワー堺東(総戸数:333戸)」は、堺東駅徒歩2分の便利な立地の大規模マンションです。マンションの階下には、スーパーマーケットのサンプラザが入ることになっていますので、生活必需品が簡単に揃うのは嬉しいことですね。帰宅が遅くなっても、重たい買物をしても、自宅に近いスーパーマーケットは、主婦の味方ですね。

プラウドタワー堺東おすすめ理由

大阪府堺市堺区の大規模マンション・プラウドタワー堺東をおすすめする理由を綴ります。私の感じた内容ですので、全ての方に賛同を得られるわけではありませんので、購入は自己判断でお願いします。

Sponsored Link

ペデストリアンデッキで駅直結

南海高野線「堺東」駅のペデストリアンデッキに直結する「プラウドタワー堺東」は、堺東駅だけではなく、堺市役所へもペデストリアンデッキで結ばれます。

雨の日でも濡れることなく、都心へアクセスできる駅前マンションとしての資産価値は高いです。「堺東」駅へは、なんと徒歩2分。あっという間に着いてしまいます。

マンションを購入する理由のひとつに「利便性」があります。「利便性」のよいマンションは需要があり、資産価値が落ちない理由にもなります。

スーパーマーケットサンプラザ

生活に欠かせない商業施設として、スーパーマーケットの存在があります。どんなに駅に近いマンションであったとしても、生活に支障をきたすのであれば、住みたくないでしょうね。

「プラウドタワー堺東」は、地下1階~地上3階部分が商業フロアとして利用されます。店舗部分は、特定事業参加者としてスーパーマーケットのサンプラザが参画しています。ということは、当然、スーパーマーケットのサンプラザが商業施設の中核を担うということです。マンションにスーパーマーケットが入っているという形となります。

「サンプラザ」の営業時間は、店舗によって異なりますが、24時間のところもあります。22時から24時までの営業時間が多いですから、仕事帰りにいつでも新鮮な食材を購入して自宅に持ち帰ることができるのがメリットです。

重いに荷物を持って長距離を移動する必要がないことや「疲れたな」と思う場合は、弁当や総菜で済ますということもできます。

スーパーマーケット「サンプラザ」の経営方針としては、合成着色料を使った商品を可能な限り排除・農薬を使わず栽培したものを使用するなど、健康に留意した商品を扱うことにしています。お客様のニーズを考えているのですね。スーパーマーケットも、特徴がないと生き残れない時代になってきたのでしょうか。

免震タワーを採用

「プラウドタワー堺東」は、免震タワーを採用しています。地震大国の日本において、安心となるのが、免震タワーの採用なのではないでしょうか。

ホテルライクな内廊下

「プラウドタワー堺東」は、ホテルライクな内廊下を採用しています。

プラウドタワー堺東の惜しい理由

「プラウドタワー堺東」の惜しい理由を綴ります。

スーパーマーケットがある

「プラウドタワー堺東」の階下にスーパーマーケットが存在しているということは、生鮮食品をはじめとする食品を取り扱っているということです。肉や魚を調理したり、弁当を販売したりするとあらわれるのがゴキブリやネズミなどの害虫です。

階下に留まっていてくれればよいのですが、住居まで侵入してこられると困る生き物たちがいます。

物件販売価格が心配

執筆時点(2019年5月27日)現在、物件販売価格が未定となっていますので、具体的な物件販売価格は言えません。が、物件販売価格は高いだろうと予想はできます。

再開発で人気のエリア。利便性・将来性・希少性など多岐に渡って資産価値が落ちなさそうな情報となっています。万が一、転勤することになったとしても、借り手があらわれやすいマンションです。

公式ホームページ

「プラウドタワー堺東」の公式ホームページは、野村不動産株式会社のページとなります。

おわりに

物件概要の構造・規模欄には「鉄筋コンクリート(一部鉄骨)地上24階 地下2階建て(建築基準法上は地上25階 地下2階建て)」と書かれています。建築基準法上と相違するのか不思議です。

恐らく、吹き抜けなのか中二階的な部分があるのではと思いますが、詳細が分からないのでなんとも言えませんが、「堺東駅」のランドマーク的マンションであることには間違いありません。

プラウドタワー堺東の商業施設はサンプラザが入る

利便性・資産性抜群です。

-物件情報

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.