Sponsored Link




その他

AIマンションは高齢者の暮らしを支える救世主?

更新日:

「AIマンション」をご存知でしょうか。高齢者の暮らしを支える救世主?なのかと多いに期待されています。声で指示をするだけで、体が不自由な高齢者であっても、通常の生活が営める優れものなのかと言われています。急速に高齢化の波が押し寄せているこれからの日本を支える救世主としての活躍が期待されている「AIマンション」です。

AIマンションとは

「AIマンション」とは、これからの超高齢化社会を支える救世主として活躍が期待されているマンションです。

「Google Home(グーグルホーム)」が、テレビのCM(コマーシャル)で話題となっていますが、あのCMのように声で指示をするだけで、「電気をつけたり」「テレビの音を大きくしたり」と希望する行為を本人に代わって行うことです。

室内に設置してあるセンサーを利用すれば、高齢者の見守りが可能でもあり、認知症高齢者の徘徊の監視や入浴事故の発見など、高齢者の安否確認などが可能となることも期待されています。

今後、技術が発達すれば、既存のマンションであっても、AIマンション化することも可能であるだけに、高齢者のみならず全員が便利な生活に貢献するのではないのでしょうか。声でオートロックドアを解除するなどのセキュリティの面でも貢献するのではないかと思います。これからの技術革新を大いに期待させてくれるのが「AIマンション」です。

Sponsored Link

日本初のAI搭載マンション

株式会社インヴァランスが、「LUXUDEAR(ラグディア)芝公園」に建設したマンションは、日本で初のAIマンションであると言われています。

ハード面での差別化もありますが、AI(人工知能)を搭載したマンションとすることで、ソフト面での差別化を図る目的もあるのでしょうか。

スマートスピーカー、6in1センサー、ビジュアルセンサーの3つの機能を集約した「スーパーセンサー」を住居内に設置し、居住者によるスマートスピーカーを通しての指示が行われる仕組みです。住居内での居住者の行動、習慣、嗜好を把握した上で、照明、カーテン、エアコンを自動で制御するというからAIマンションも進化していることに驚きです。

あまりにも何でも自動化してしまうと、人間がダメになってしまうのではないかと危惧さえ感じてしまいますけどね。

おわりに

SF映画に出て来るような情景が、AI(人工知能)によって、現実に可能になった時代となりました。技術の進歩は素晴らしいですね。だからと言って、人間の作業は全くのゼロにはなりませんが、便利で快適な生活をおくることが可能となっていることを嬉しく感じます。

「便利さ」と「危険(リスク)」は隣り合わせの関係にあります。便利さを追求するあまり、危険を疎かにしないようにして頂きたいものです。そして、人間同士の触れ合いも無くさないでほしいと思います。

人手不足が叫ばれている会社でも、AI(人工知能)の力を借りて乗り越えようという動きが出ています。高齢者の暮らしを支える救世主として、AIマンションが今後は、普及するのでしょうか。

意外と「AI」って何の略なのかが説明できない方が多いようです。「AI」とは、人工的を意味するArtificialと、知能・知性を意味するIntelligenceの頭文字の略です。

世界発のロボットホテルで有名となった「変なホテル」では、ロボットの半数を「解雇」したというニュースがありました。せっかく雇った仮想アシスタントロボットの「ちゅーりー」に、就寝中何度も起こされたとのことです。

客のいびきに反応して、「申し訳ありませんが、聞き取れません。ご要望をもう一度おっしゃってください」と話し出して、熟睡中に起こされてしまったという苦情が原因という何とも笑えない解雇理由です。夜中は、反応しないようにすればよいだけと思うのは、浅はかな考えなのでしょうかねぇ。その他の解雇理由として、宿泊客の簡単な質問に答えられなかったとか。どんな質問だったのかが気になりますけどね。

AIマンションは高齢者の暮らしを支える救世主?

人口減少もあり、救世主ともなり得る!

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.