Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




その他

マンションオートロックの開け方色々スマホが鍵に

更新日:

分譲マンションの入り口に設置されているオートロックですが、調べてみると色々な種類のオートロックが採用されていることが分かります。残念ながらどのオートロックも万全ではありませんが、オートロックのついていない物件に比較すると安心して住むことができます。オートロックの種類でマンション選びをするとは思えませんが、知っておいて損はないオートロックの開け方についてです。最近は、スマホが鍵になる技術も存在します。

マンションオートロック

分譲マンションにお住まいの方は、毎日お世話になっているのがオートロックですが、色々なオートロックがあることはご存知でしょうか。しかし、どのオートロックも万全と呼べるものは存在せず、住民の後についていけばオートロックと言え、中に入ることができてしまいます。

オートロックがついていない物件に比較すれば、安心感は増すかもしれませんが、オートロックだからと言って過信せず、お部屋の玄関ドアや窓の施錠をきちんと行ってから外出をしなければならないと思わされます。

実際、オートロックのマンションであっても、泥棒に入られた事件やマンションとは無関係の人が、マンション内に入って来ることもあるからです。

オートロックの種類は

オートロックには、様々な種類が存在します。オートロックの種類について綴ります。

集合キー方式

「集合キー方式」が一番多く採用されているオートロックだと思います。部屋のシリンダー錠の鍵と同じものでエントランスのオートロックを解錠するのが「集合キー方式」という種類です。

シリンダー錠の鍵は、ディンプルシリンダー錠が多く用いられています。ディンプルシリンダー錠を見ると賃貸物件との違うところであると実感するのかもしれませんね。

来客の訪問者は、訪問先の部屋番号をテンキー入力することで、該当のお部屋のインターホンで呼び出す仕組みとなっています。

デメリットとしては、ディンプルシリンダー錠を紛失したり、自宅に忘れて出掛けてしまった場合は、オートロックを解除することができないということてす。ディンプルシリンダー錠は簡単に複製することができません。

本当にディンプルシリンダーを複製する必要があるならば、鍵メーカーに注文すれば、作ることは可能ですが、お金と時間がかかってしまいます。

ただし、オートロックの天井などにスイッチがついているのを見掛けませんか。実は、あのスイッチは、消防隊や救急隊が入るための非常用の解除スイッチとなっているのです。非常用なので、わざと普段使わないような位置に設置しています。ディンプルシリンダー錠を忘れたからと言って、非常用の解除スイッチを使って入ることはしないでくださいね。

Sponsored Link

暗証番号方式

テンキーで暗証番号を入力して、オートロックを解錠するタイプが「暗証番号方式」です。この種類のメリットは、オートロック解錠用の鍵をなくす心配はないということです。デメリットは、全ての住民が同一の番号を使用するので、引っ越しした住民がいると暗証番号も漏れることになります。

長い間使用していると、よく使われる番号のキーとあまり使われない番号のキーが分かってしまうので、防犯上よくありません。ですから、定期的に暗証番号を変更することをおすすめします。

もちろん、暗証番号が変更となった場合は、全ての利用者に新しい暗証番号を通知する必要があるのはもちろんです。

暗証番号は、4桁の数字がよく使われますので、暗証番号の組み合わせ(パターン)にも限界があるのがデメリットです。

カードキー式方式

ICカードをあてることによってオートロックを解錠するタイプが「カードキー式方式」です。電車の改札を入出場時する際にICカードをあてるイメージと同じです。

マンションの所有者が変わったとしても、カードを引き継げばそのまま使用できるというメリットがある反面、カードを落としたり破損したり、長時間使用しているとカードが劣化して、読取不能となるデメリットもあります。

生体認証方式

指紋や静脈など、個人にしかない固有の生体情報を使って、認証をする方法です。メリットは、鍵を紛失したり自宅に忘れたりする心配が全くないことです。デメリットとしては、登録する手間がかかり、認証に時間がかかる場合があるということです。、指の指紋を用いている場合、事故や怪我などで使えない場合があるということでする。

生体認証の対象として、指紋・虹彩・静脈など本人特有の特徴を認証キーとして用いますが、認証までに時間がかかり、誤認識することもあります。

生体認証方式は、導入するの費用が非常に高価となりがちで運用も煩雑となりがちなのがデメリットと言えるでしょうね。

スマートフォン方式

最近の技術はすごいですね。なんと自分のスマートフォン(スマホ)がオートロックを解除する鍵の代わりになるものまで出てきました。これがあれば、余分な鍵を持つ必要もなくなりますので画期的だと思いました。

スマートフォン(スマホ)が大きく普及したことが開発の要因だったのかもしれませんが、遠隔操作でコントロールできるのは、スマホならではの機能だと思いました。

最近のスマートフォン(スマホ)の機能は、目を見張るものがあります。鍵の解錠機能だけではなく、外出先から、エアコンをコントロールする機能まであります。これなどは、便利なスマートフォンの活用例でしょうね。

スマートフォン(スマホ)で、オートロックを解除することができるようになった技術の進歩は早いと思いました。まだ分譲マンションで取り入れられているのは少数のようですね。


おわりに

マンションのオートロックの開け方には、様々なタイプがあります。どの方式であっても、最終的には、オートロックを使う場合に、不審な人物が一緒に入らないように声を掛けるなどの対策が必要なのではないでしょうか。

「こんにちは。」「どちらに訪問されますか。」などとマンションの住民から声を掛けられるだけで、不審者は嫌がるそうです。一番の防犯は、オートロックや防犯カメラを過信するのではなく、やはり住民の声や目だと言います。普段から、住民通しの声掛けが防犯に繋がっているのですね。

マンションオートロックの開け方は。

色々なタイプがありますが、防犯のためには住民の声や目が一番である。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.