Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




その他

子供不可マンションを見つける方法とは!

投稿日:

マンションに住む場合、人によって様々な条件が存在します。その中の一つが「子供不可」という条件で探す人がいるということです。ダイレクトに「子供不可」で探すのではなく、「シングル」や「DINKS」というキーワードで探した方が、希望の物件を見つけられる可能性が高いです。オーナーと賃貸者、それぞれの立場から「子供不可」について綴ります。

Sponsored Link

子供不可マンションの条件

なぜ、「子供不可」という条件を設定するでしょうか。大家(オーナー)の立場と賃貸者の立場から見ていくとお互いの条件が一致することが分かります。「子供不可」の「子供」とは、具体的に何歳までを「子供」というのかという定義も大家によって曖昧ですけどね。

大家の立場

不動産(マンション)を所有している大家(オーナー)は、なるべく所有マンションを借りて家賃収入を得たいと考えています。家賃収入をえることを目的として物件を所有しているから当然です。

家賃収入があろうとなかろうと、物件を所有しているだけで、管理費や修繕積立金・固定資産税などを支払わなければならないのが大家の立場です。

賃貸者に対する条件が厳しければ厳しいほど、大家の条件の一致する人を見つけるのが困難であるはずなのに、「子供不可」という条件を課すのでしょうか。

その理由は、以下にあります。

Sponsored Link

単純に子供嫌い

大家(オーナー)のわがままであるとも言えますが、単純に所有オーナーが子供嫌いだからです。なぜ、子供が嫌いなのかはオーナーによりますが、過去貸していた時にひどい目に遭ったからなのかもしれませんが、オーナーなりのこだわりなのでしょうね。

オーナーが所有するマンションの一室をオーナー自らが住むこともあり得ます。子供の声や歩く姿を視界に入れたくないのかもしれませんね。

綺麗に使ってほしい

子供が使うと、汚したり、壊したりと乱暴に扱う可能性が高いからです。資産性の高い物件であれば、例えリフォームしたとしても丁寧に綺麗に使ってほしいと思っているからです。

部屋が狭い

ファミリー向けというよりは、単身者向けの方に入居してもらいたいという思いで募集しています。なぜならば、部屋が狭いからです。1ルームや1LDKの部屋に子供を連れたファミリーの方は物理的に難しいでしょう。

滞納の可能性をなくす

家賃を滞納する可能性が大きいのは、単身者よりも圧倒的にファミリー層であるらしいです。家賃収入を目的としているのに、家賃を滞納されると困ります。

賃貸者の立場

賃貸者が「子供不可」物件を探す理由を綴ります。

子供が苦手

「子供不可」のマンションを探す人は、子供が苦手という方もいます。身近に子供がいないので、どのように子供を取り扱ってよいのか分からないので、子供を敬遠したいという方です。

子供が嫌いという方も中にはおられます。廊下やエレベーター内で一緒になるのが嫌だという理由から「子供不可」のマンションを探す人もいます。

静かな環境

「子供」というと騒がしいイメージがあります。上階に住んでいる子供の走り回る足音を避けたいからです。

子供に部屋の中では、「ジャンプをしたり、大きな奇声を発してはダメですよ。壁に落書きしたり、ドンドンしないで静かに歩きなさい。」と言っても、子供の年齢によっては理解できないし、理解したとしても静かにできません。

毎日の生活にストレスがかかるのであれば、子供の居ないマンションを探して住もうと思うのです。自宅で仕事をしている方は、部屋にいる時間が長く静かな環境を好みます。

DINKSを充実

DINKSは、子供と無関係な生活を維持したいと思っています。そのためには、子供がいないマンションを選ぶ傾向にあります。充実した生活をしたいためです。

シングルやDINKSで

マンションを探す場合は、様々な条件で探すことができます。場所・最寄り駅・階数・間取り・築年数・ベランダの向きなどがあります。

その中には、「子供不可」という条件は、なかなか選ぶことは難しいのが現実です。キーワードに「シングル」や「DINKS」というキーワードで探した方が、希望の物件を見つけられる可能性が高いです。

ちょっとした探す時のコツですが、「子供不可」のマンションを探す人は試してみてください。

おわりに

人の価値観は、様々です。その中には、「子供不可」の条件でマンションを探す人がいます。

最上階・角部屋であっても、完全な「子供不可」ではありませんが、子供の居るファミリー層からは接触が少なくて済む位置となります。

そもそもそ子供を避けるのであれば、ファミリー層とシングル層が混在するマンションは避けるべきです。生活スタイルが相違する可能性も高く、お互いに住みにくい結果になるからです。

ファミリー層とシングル層が同居するマンションとは、様々なタイプのお部屋が混在するということです。1LDKの部屋もあれば、3LDKの部屋があるという感じとなります。

3LDKだけど、お友達同士でシェアして住むことも考えない方が無難です。確かにコスト面では有利なのかもしれませんが、子供が住んでいる可能性も高いですから。

子供不可マンションを見つける方法とは!

「シングル」や「DINKS」をキーワードで見つけよう

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.