Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




その他

中高年はマンション管理人にピッタリの理由は?

投稿日:

マンションの管理人って、中高年の方が多く働いているイメージが強いです。実際、あまり若い管理人が働いているのを見たことがありません。AI(人工知能)が発達したとしても、マンション管理人という貴重な仕事はなくならないのではないかと思います。中高年の方が、マンション管理人にピッタリな理由を綴ります。

Sponsored Link

中高年はマンション管理人にピッタリ?

中高年(シニア)はマンション管理人にピッタリの理由を綴ります。

定年後の仕事として、中高年の転職先として人気のあるのが「マンション管理人」という職業です。マンションの数だけマンションの管理人が必要されるわけですから、就職先はたくさんあります。

転職サイトなどでも、「マンション管理人」の求人をよく見ることがありますし、フリーペーパーなどにも「マンション管理人」の募集広告を見ます。

マンションに住む者にとっては、「マンション管理人」の存在によって、快適で安心な暮らしを支えてくれている重要な仕事であると考えています。フロントのように目に見える仕事だけではなく、各種点検や清掃など多彩な業務を行っています。

これらの業務は、将来AI(人工知能)が発達したとしても、なくなる仕事であるとは思えません。マンション生活を快適にするために必要不可欠なのが、「マンション管理人」です。

面と向かって感謝を述べる機会はありませんが、快適なマンションライフを送ることができるのも「マンション管理人」のおかげだと思います。

中高年はマンション管理人にピッタリだと思う理由を綴ります。

経験が活かせる

今までの人生経験を活かすことのできる仕事なのではないでしょうか。マンションにもバラエティに富んだ人間が住んでいます。

男性・女性・大人・子ども・赤ちゃん・学生・社会人・政治家と色々な方がお住まいですから、管理人に対する対応も臨機応変に対応しなければなりません。

マンションには、日本人だけが住んでいるのではなく、外国人の方や賃貸として住んでいる人もいて立場が違えば、考えや習慣も違います。

それらの違いに配慮して対応が求められますので、長い人生で培った経験がモノを言うのが中高年というわけです。人によって、掛ける言葉も異なるでしょう。

Sponsored Link

マイペースで働ける

定年になってもまだまだ働きたいと思っている中高年には、自分のペースで仕事を行うことのできる「マンション管理人」はピッタリです。

工場勤務のように、皆一斉に作業を行うことが苦手な中高年にはピッタリです。会社のように大人数で働くわけではない(もしかしたら一人?)ので安心です。

マンションによっては、24時間交代制で夜間勤務というところもありますが、ほとんどは昼間のお仕事となります。

体力的にも安心できる

マンション管理人が重たい荷物を持つとしたら、清掃時のゴミ袋を移動させるくらいなのではないでしょうか。実際に管理人の仕事を行っているわけではありませんので、ほかにもあるかもしれません。

体力的に不安があったとしても、1日中体力を必要とする業務はありませんので、中高年にもピッタリな職業です。

勤務時間が選べる

一般的な会社員(サラリーマン)の勤務時間は、9時から18時(12時から13時休憩)の1日8時間勤務となっています。

しかし、「マンション管理人」の場合は、マンションによっては、9時から12時までの3時間勤務(午前中のみ)や8時から15時までなどと短時間でも勤務可能となっている場合があります。

ご自分の体と相談して、都合のよい勤務時間を選ぶことができるのはメリットとなります。

勤務ラッシュが避けられる

上記のように短時間勤務の結果得られるのは、通勤ラッシュを避けて勤務先へ行くことができますのでストレスがありません。

自宅から近いマンションであれば、自転車で通うことが可能ですから、通勤ラッシュとは無縁となります。

一般の会社員(サラリーマン)が通勤する時間帯を避けて通勤すれば、通勤ラッシュから解放されます。

おわりに

中高年はマンション管理人にピッタリの理由について綴りました。人口減少が続く日本において、「管理人」という貴重な仕事に従事されている方に感謝します。

手作業で行われていた工程が、機械やロボットに置き換わったとしても、機械やロボットに置き換えられない部分があります。

それは、人との良質な会話(コミュニケーション)です。どんなに素晴らしいロボットが開発されたとしても、心の温かさを持つ感情を司るロボットができるのかは疑問です。

株式会社レイトロンの「チャピット(Chapit)」などのコミュニケーション・ロボットは、人の音声を認識して家電をコントロールしたり、燃えるゴミ出しの日を教えてくれたりとただのコミュニケーションのツールとしてではなく、生活の利便性を向上させるためにも用いることができますけどね。

中高年はマンション管理人にピッタリの理由は?

人手不足であっても人生経験豊富な管理人は必要です。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.