Sponsored Link




その他

マンションマエストロ検定の申込はこちらのサイトから

更新日:

初回(第1回)となる検定試験「マンションマエストロ検定」が開催されます。東京カンテイのマンションライブラリには、練習問題が掲載されていますので、ご興味のある方は実施して感触を掴まれるとよいのではないでしょうか。記念すべき初回(第1回)の「マンションマエストロ検定」。マンションに関する知識を確認するためにも、受けられはいかがでしょうか。マンション管理士(マン管)よりは、とっつきやすいと検定だと思いますよ。申込はこちらのサイトからです。

Sponsored Link

マンションマエストロ検定とは

「マンションマエストロ検定」とは、東京カンテイ マンションライブラリ マンションマエストロ検定事務局が主催する新しい検定試験で、株式会社東京カンテイが監修を行っています。

初回(第1回)の試験日は、2019年2月24日(日)となります。2019年1月16日(水)までが、「マンションマエストロ検定」申込期間となっています。試験マニアが喜びそうな初回(第1回)の試験ではないでしょうか。ただし、試験会場が「東京」と「大阪」の2会場となっているのが残念です。

今後は、「名古屋」や「札幌」・「福岡」など他の地域でも実施されるのでしょうか。

受験料は、3級が4800円、2級が5600円、3級・2級併願の場合は9800円と割引となっています。概ね正答率70パーセントで合格となります。

申込はこちらのサイトから

下記のサイトから「マンションマエストロ検定」の検定申込が可能です。

東京カンテイのマンションライブラリには、練習問題が掲載されています。3級と2級が用意されていて、3級の方が優しいです。3級と2級では、試験開始時間が異なりますから、同時に受験することも可能となっています。

練習問題を行う限りは、マンションに関する常識的な問題ばかりで、難しい問題ではありませんけどね。マンション管理士(マン管)をお持ちの方であれば、楽勝な試験なのではないでしょうか。

Sponsored Link

マークシート方式の4択問題で、問題数は80問です。試験時間は、正味1時間ですから、問題を正確に早く読み取り、素早い回答が要求されるのではと思います。

練習問題は、下記のサイトに掲載していますので、試してみてください。初回(第1回)の受験者数と合格者数はどのくらいなのかが気になりますね。

「マンションマエストロ検定」は、公式テキスト「マンションマエストロ検定2級&3級公式テキスト選ぶまえに知っておきたいマンションの常識基礎編/マンションマエストロ」から出題されるということですから、公式テキストを勉強すれば合格するということなのでしょうか。JANコード/ISBNコード:9784777953394

マエストロの意味は

「マエストロ」とは、イタリア語およびスペイン語で、Maestroと綴ります。「マエストロ」の意味は、芸術の大家・巨匠・大音楽家・名指揮者・人の名に冠して敬称としても用いられるとのことです。各分野に様々に特化した「マエストロ」があります。

ジェラートマエストロ

日本ジェラート協会の「ジェラートマエストロ」は、安全で安心な、美味しいジェラートを提供することを目的として設けられた「ジェラートマエストロ」です。おいしいジェラートを目指しています。

かんぶつマエストロ

日本かんぶつ協会の「かんぶつマエストロ」は、「かんぶつ(乾物)についての品目ごとの基礎知識、製造工程、調理方法、栄養価など、幅広い知識を持った人材を育成することを目的として設けられた「かんぶつマエストロ」です。

テキーラマエストロ

ワインソムリエは有名ですが、ソムリエ資格の「テキーラマエストロ」は、「日本テキーラ協会」が主宰するマエストロです。「美味しく、楽しく飲む」をテーマに、テキーラの普及に努めているそうです。

フードマエストロ

日本アグリデザイン評議会の「フードマエストロ」は、生産から消費までを学んで、「食べる楽しみ、調理する楽しみを伝えられる人材」・「生産者の支援や地域の振興に貢献できる人材」を育成・認定する「フードマエストロ」です。

フラワーマエストロ

「フラワーマエストロ」は、花と緑を巧みに使用して四季を表現します。

おわりに

「住まいのサーフィン」に、分譲マンションに関わる2018年の10大ニュースが掲載されています。2018年の10大ニュースの第10位に、「マンションマエストロ」検定制度の設立となっています。

2019年2月24日(日)は、3級と2級の2種類ですが、今後は、1級の試験も登場するのでしょうか。「マンションマエストロ検定」初回(第1回)の受験者数や合格者数が気になりますね。

マンションに興味がある方、これからマンションを購入しようと検討されている方、すでにマンションを購入してマンションライフを満喫されている方など幅広く検定試験を受けられることを期待します。

せっかく学んだ知識を「マンションマエストロ検定」だけで終わらせるのは非常に勿体ないです。「マンションマエストロ検定」の後は、「マンション管理士(マン管)」にチャレンジされてはいかがでしょうか。

マンションマエストロ検定の申込はこちらのサイトから。

初回(第1回)の受験者数や合格者数が気になる。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.