Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




その他

新婚はマンション購入なのか賃貸なのか?

更新日:

新婚でお住まいを探す場合には、マンションは購入すべきなのか、賃貸にすべきなのかとお悩みになるケースが多いはずです。貴重な新婚時代を過ごす愛の巣として、購入か賃貸かで迷いますよね。購入と賃貸それぞれのメリットとデメリットがあります。購入か賃貸か、迷われている方の判断材料として頂ければ幸いに思います。

Sponsored Link

独身時のライフスタイルは?

独身の頃は、お互い実家に住んでいたのか、賃貸マンションに住んでいたのか、分譲マンション(購入)に住んでいたのかによって、安住の地による考えが違うのではないかと思います。

新婚時代というのは、長い人生の中で限られた時間となりますので、大切にしたいというのが誰しも共通した意見なのではないでしょうか。

賃貸と購入それぞれは

新婚で、賃貸マンションと購入マンションのメリットとデメリットを綴ります。

Sponsored Link

Sponsored Link

賃貸のメリットは

新婚の場合は、お互いの勤務先やニーズなども明確に定まっていないために、最初は「賃貸マンションで良いかなぁ?」と思う方が多いのも事実です。

通勤に便利な場所もしくは、賃貸料も含めてこれくらいだったら可能かなぁと思えるような賃貸料は外せないポイントとなります。

共働きなのか、夫だけが働くのかなど、特に夫婦で話し合った結果、賃貸マンションを検討するのは重要な部分です。

まだ新婚だと生活のリズムも整わない時期なので、現在の生活のニーズにあった賃貸マンションに住んでみるのもベストな方法なのではないでしょうか。

新しい土地で新婚生活を送ることになった場合でも、賃貸マンションであれば、簡単に新たなマンションへ引っ越すことができるのもメリットですね。

賃貸のデメリットは

賃貸マンションのデメリットは、賃貸料を賃貸中は支払う必要があるということです。もちろん、購入した場合でも、住宅ローンという出費が不可欠となります(現金一括を除く)が、賃貸マンションの場合は、何年賃貸料を払っても自分の持ち物にはなりません。

分譲マンションに比較して、賃貸マンションの場合は、マンション自体のスペックが低く、壁の厚さが薄かったり、設備面が古かったり、自由に内装に手を加えることができないデメリットが存在します。

せっかくの新婚なのに、あまりにもスペックが低いマンションは興ざめですよね。

購入のメリットは

新婚で住まいを検討した場合、「毎月賃貸料を支払っていくのはもったいないなぁ。」と思い、マンションを思い切って購入する!といったケースもあります。

新婚の時期にマンションを購入して、住宅ローンを組み、月々無理ない金額を返済していくのは、将来的に考えても負担を軽減することができるメリットがあります。

マンションを早い段階で購入すると、お子さんが産まれたり、生活環境が大きく変化した際にも柔軟に資金計画ができるなどの利点も大きいです。

何歳で結婚するのかにもよりますが、若いうちに住宅ローンを組む場合は、長期間の住宅ローンが組めるため、月々の支払が軽減できるというメリットがあります。新築マンションの物件見学をいくつかしてみるのも良いと思います。

なにせ、ケーキカットではありませんが、マンション探しが「はじめての共同作業」となってラブラブ度がさらにアップするような気がします。購入を迷われている場合は、マンションのギャラリーの見学がよいデートコースになるかもしれませんね。

夫婦となる2人が一緒に探すことで、お互いにこだわっているところや大事にしているところが見えてくると思います。今後、一緒に住むことになりますから、お互い納得できるマンション探しは非常に重要となります。

マンションを購入するとなると、どんなカーテンがよいのか、どんな家具がよいのか、どんな家電がよいのかなど、2人で選ぶ楽しさも倍増しますよ。

購入のデメリットは

マンションを購入するためには、ある程度の頭金の用意が必要となります。結婚式・披露宴・ハネムーン(新婚旅行)などで大きな費用が必要となる新婚の時期に、マンションの頭金まで準備するのは大変なのかもしれません。

ただでさえ結婚式の準備などで忙しい時期に、マンション選びをしている時間的余裕がない場合もあるでしょうね。

新婚でマンションを購入してしまうと、マンション周辺の様子など住んでみないと分からないことがあっても、簡単には売却することが困難であるということです。

住宅ローンが、新婚時代から大きく抱えてしまうというデメリットもあります。転勤やライフスタイルが固まっていないので、一般的な広さと間取りのマンションにならざるを得ないこともデメリットとなります。

おわりに

賃貸マンションにしようか、マンションを購入するか、新婚当初は色々と悩むことも多いかもしれません。新婚生活をスムーズにスタートさせることは、やはり重要ですよね!

しかし、お互いしっかりと話し合うことは大切です。月々支払う賃貸料もけっこうな金額になるため、負担が大きくなると苦しい生活になります。無理なく返済できるようでしたらマンション購入するのも良い案になります。

まずは、マンション購入した場合の返済額など相談してみるとイメージが持ちやすくなるため、金融機関を利用してみるのもコツです。

無理なく計画的に新婚生活を送ることが何より大切になるので、そういった部分も含めてしっかり検討してみるようにしましょう!

デザイナーズマンションなど、人気物件も多数あるので物件見学をするのも楽しいですし、将来的に家族が増えた時、ファミリー世帯向けの物件かどうか、そういう部分も視野に入れて検討してみるのも良いです。

新婚でマンションは賃貸なのか購入なのか

新婚生活スタート時に比較してみよう!

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.