その他

豊島区のワンルーム条例の成果は?約4割が30㎡未満の部屋!

投稿日:

幻冬舎ゴールドオンラインの記事に「池袋周辺に『マンション乱立』滞納者まで…スラム化防ぐため、豊島区が下した『英断』」という興味深い記事が掲載されています。

東京都豊島区は、全住宅の8割以上が分譲マンションを含む共同住宅となっており、30㎡に満たない狭小の集合住宅が全住宅の約4割を占めている状態だと言う。

家族世帯が居住するには、環境の良い場所ではないという豊島区が下したのは「ワンルームマンション税」でした。

豊島区のワンルーム条例の成果はどうだったのか気になる記事が掲載されています。

  • 豊島区のワンルーム条例の成果は?
Sponsored Link

ワンルーム条例の成果は?

平成16年(2004年)6月1日から導入した豊島区の「ワンルーム条例(マンション管理推進条例)」の制定から数年が経過しました。

豊島区だけではなく、千代田区・大田区などでも、条例の名称は異なるものの同じような趣旨で条例を導入しています。

ワンルーム条例を導入した目的は、以下の通りです。

  • 近隣とのトラブル防止(良好な近隣関係の形成)
  • 良好な生活環境の形成
  • 家族世帯向け住戸の供給
  • 高齢者の居住の安定

豊島区のワンルーム条例とは

良好な住宅供給の支援に投入することによって、ゆとりある住環境を実現しようとするものです。

東京都の豊島区は、ご存知池袋という巨大なターミナル駅を抱えている区です。JR山手線・湘南新宿ライン・埼京線・東武東上線・西武池袋線・丸ノ内線・有楽町線・副都心線が発着する駅となっています。

東京都内を中心にどこへ出掛けるにも便利な街として知れ渡り、たくさんの住居が建設されるようになりました。しかし30㎡未満のワンルームマンションが乱立することになりました。

ワンルームマンションは、一人で生活を行うには住みやすいでしょうが、家族が住むには住みづらいです。

一人暮らしの方が多いということは、ご近所とのお付き合いもなく、災害時などの協力体制に難点があります。

マンション管理推進条例(ワンルーム条例)を導入した理由として、高野之夫豊島区長は、

「修繕費もかけない、計画修繕もしない、修繕費積み立てもしないマンションが増えると、マンションはどんどん劣悪化して、建て替えもできなくなる。ほかのひとと縁もない状況、ただ寝に帰るだけという町では、いけないと思いました。(略)自分の投資したものを回収できればいいというのでは、住宅はどんどん劣化してゆく」

と語っています。豊島区の将来を見据えて導入した高野之夫豊島区長、先のことまで考えての導入を判断した

マンションの名前を公表

マンション住民の関心的は、管理推進条例の「罰則」で、マンション名が公表されるかどうかということです。

管理不全のマンションは、当然住みにくいマンションとなり劣化したままのクンションを放置するようでは、良好な街づくりに貢献できません。

ワンルームマンションは、投資の対象としている人が多いため、管理に関しては無関心になりやすいです。

管理不全のマンションには、「指導して協力を求めて、それでも従わないときしか、伝家の宝刀は抜きません。最後の最後ですよ。」と言っていますが、マンションの名前を公表されると困る投資家もあると思います。

管理不全のマンションにわざわざ住みたいと思う人はいないからです。不動産取引の際に告知される項目になるかもしれません。

あわせて読みたい

日本初の豊島区本庁舎一体型超高層マンション(地下3階・地上49階)を建設するなど、他の自治体も豊島区に見習うべきところはあるのではないでしょうか。借金ゼロで豊島区本庁舎を建て替えた手腕は評価すべきと思います。

東京都豊島区は、全住宅の8割以上が分譲マンションを含む共同住宅となっていることを初めて知りました。

立地の便利な場所に人が集まり、多くのマンションが建てられるのは当然だと思います。ただし、偏った年齢構成となると人口のバランスが崩れてしまうことは懸念材料です。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.