購入

スタイルアクト株式会社の沖有人「2025年新築マンション必ず高くなる」

投稿日:2021年5月29日 更新日:

スタイルアクト代表の沖有人さんが、「『家を買うなら急いだほうがいい』2025年の新築マンションは今より必ず高くなる」と綴っています。

「2023年4月までは金融緩和が続く可能性が高く、そのため2025年の新築マンションの価格はいまよりほぼ確実に高くなるだろう」と予測しています。

誰にも将来のことは確実なことは言えませんが、「マンションを欲しいと思った時が買い時」と言うのは、あながち間違ってはいないと思います。

住宅ローンの低金利、住宅ローン減税の拡充(10年が13年、50m2以上から40m2以上に緩和)、すまい給付金、建築費の上昇などの要因を考慮してみても「家を買うなら急いだほうがいい」というのも理解できます。

  • スタイルアクト株式会社の沖有人
Sponsored Link

スタイルアクト株式会社の沖有人

スタイルアクト代表の沖有人さんが、「『家を買うなら急いだほうがいい』2025年の新築マンションは今より必ず高くなる」と綴っています。

「2023年4月までは金融緩和が続く可能性が高く、そのため2025年の新築マンションの価格はいまよりほぼ確実に高くなるだろう」と予測しています。

良く話題となるのが、賃貸と持ち家のどちらが良いのか?という問題である。賃貸派の方は、転勤やライフスタイルの変化に柔軟に対応できる、住宅ローンを借りるリスクがないなどの理由を聞きます。

持ち家派には、賃貸住宅では味わえない満足感と社会的信用が得られることや住宅ローン完済後も長く住み続けることで、賃貸と比べコストが安いというメリットを聞きます。

「マンションを欲しいと思った時が買い時」だと私は思っています。それぞれのタイミングがあるので、一概にいまが買い時であるとは断言することは出来ません。

とは言っても、持ち家派であることは確かです。賃貸マンションと比較すると交通至便で性能や快適性に優れていることは確かだと言えます。

賃貸派の方も、分譲タイプのマンションに一度住んでみると違いが分かるのではないかと思います。

あわせて読みたい

将来のことは誰にも分からないのに、スタイルアクト代表の沖有人さんが、「『家を買うなら急いだほうがいい』2025年の新築マンションは今より必ず高くなる」と断言しています。

現在の低金利がいつまで続くのか不確定な要素があるのは確かですが、今よりも金利が安くなる確率よりも金利が高くなる確率の方が高いとは言えるでしょうね。

賃貸に住まわれている方は、いつまで家賃を支払っても自分の資産にならないことは明白な事実です。マンションを購入するのであれば、早くに検討した方が良いのは確かな事実です。

2025年は、まだまだ先の話だと思っていても、すぐに到来してしまいますよ。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.