Sponsored Link




購入

抵当権抹消手続きは自分で法務局にて行うと節約に

更新日:

住宅ローンを完済したら、抵当権抹消手続きを行います。抵当権抹消手続きは、司法書士に頼むことも可能ですが、自分で法務局へ赴いて行うこともできます。当然、抵当権抹消手続きを自分で行うと費用の節約になります。さらに住宅ローンを完済したという実感が湧きますので自分で行うことをおすすめします。

Sponsored Link

抵当権抹消手続きとは

金融機関から住宅ローンを融資してもらって購入したマンション。住宅ローンの完済中は、まだ「抵当権」がつけられています。

「抵当権」というのは、使用・収益・処分の自由を所有者に与えたままにしておいて、万が一ローンが滞りかつ返済の目途が立たないと判断した場合に、その権利を使って(競売)し、売れた代金から優先して弁済を受けることができるというものです。つまり、金融機関による人質ならぬ物質というわけです。

借りた住宅ローンをちゃんと継続して返済していれば、何の心配もないのが「抵当権」なのです。住宅ローンを金融機関から借りる時に、ちゃんと手続きをしたはずです。

抵当権抹消手続きは自分でできる

抵当権抹消手続きは、司法書士という専門家に頼まないとできないと思っている人も多くいます。管理人:info-mansionも、司法書士に頼まないと複雑で面倒だと思っていたのでした。司法書士に頼むと、約1万円から3万円の報酬が必要となります。

抵当権抹消手続きは、一生の間に何回も行うわけではありませんので、初めての方は、躊躇するかもしれませんが、報酬の金額を節約して、その分抵当権抹消手続きお祝いでおいしいものを食べたいものですね。

抵当権抹消手続きは、自分でできるほど簡単な手続きで、法務局へ赴いて短時間で済むことが分かりました。なぜなら、自分自身で抵当権抹消手続きを行った経験があるからです。

「法務局」へ赴くとなると、普段全く縁がなく、馴染みのない場所だけに敷居が高く感じるものです。「素人には、親切に教えてもらえないのではないか。」と危惧していたのは事実です。

しかし、私が思っていたほど、難しい手続きなのではありませんでした。誰でも簡単に手続きができると思います。ただし、会社員の場合は、平日に1日仕事を休んで法務局に赴いて手続きをする必要があります。本人が法務局に行けない場合は、家族など代理の方でも手続きをすることもできます。

また、郵送での申請も受け付けてもらえますが、やはり自分の足で法務局に行ってよかったと思いました。申請に誤りがあっても、その場で即対応できるからです。

具体的に、どのように手続きを行ったらよいのか分からないのは当然です。不動産会社の方は慣れているのですが、一般人が抵当権抹消手続きを行う機会はあまりないですからね。法務局へ行けば、抵当権抹消手続きの方法を全て教えてもらえますから、その指示に従えば誰でもできます。

Sponsored Link

抵当権抹消手続きの方法

抵当権抹消登記申請書を作成

まずは、抵当権抹消登記申請書を作成します。以下の法務局の「不動産登記の申請書様式について」のホームページから、16)抵当権抹消登記申請書をダウンロードします。

PDFファイルの場合は、抵当権抹消登記申請書を印刷後、必要な個所を記入します。WORDファイルの場合は、必要な個所を入力してから印刷を行います。

私の場合は、抵当権抹消登記申請書のひな型をダウンロードできることを知らなくて、インターネットで調べて、1から入力したのでした。

ここで、私の失敗談を紹介します。提出先の法務局は、念入りに調査して間違いのないように記入したのですが、肝心の不動産所在地を誤って記入していました。

やってしまった誤記

初めて作成する書類のためなのかどうか分かりませんが、「●●県▲▲市」と記入しなければならないのに、「▲▲県●●市」と逆に誤入力していたのです。住所を記載する書類は、ほかにもたくさんあるのにです。

申請書を印刷した後で、見直しをしたはずなのに、誤入力に気が付いたのは、法務局へ申請書を提出した時に指摘されて初めて分かったのです。

幸い、誤った箇所を修正して、訂正印で済みました。基本的な所在地を誤るとは、とても恥ずかしい思いをしました。ですから、法務局へ赴く場合は、使わなかったとしても必ず訂正印を持参することをおすすめします。

「ケアレスミス」をしてしまいましたが、素人でも抵当権抹消手続きを無事に行うことができました。

登録免許税を納める

「登録免許税」という税金を申請書に収入印紙を貼る形で納める必要があります。その場に収入印紙を持っていなかったとしても、法務局にて購入することができます。

運転免許証を更新した方なら想像がつくと思いますが、申請書類を窓口に持っていくと必要な収入印紙の額面を教えてくれて、その場で購入して申請書に貼り付けする形です。

分からない場合は、全て法務局の職員が親切に教えてくれますので、不動産の知識に詳しくない素人の人でも安心です。

ただ驚いたのは、平日に行ったにも関わらず、明らかに不動産関係の人が多かったことが印象深く残っています。

おわりに

法務局へ抵当権抹消手続きを自分で行った経験を綴りました。初めての抵当権抹消手続きでしたので、分からないことだらけでしたが、法務局の職員の方が親切に教えてくれましたので、スムーズに手続きを行うことができました。

何事も経験が必要なのかなぁと思いました。法務局へ行く時間がなくて、司法書士に頼まざるを得ない方もおられると思いますが、抵当権抹消手続きを行う機会も頻繁にあるわけではないので、ご自分で抵当権抹消手続きを行うことをおすすめします。

【確実な購入なら】
住まい探しのコツは、プロの相談窓口でお気軽に!

抵当権抹消手続きは

自分で法務局にて行うと節約になるし、貴重な経験になります。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.