その他

台風で停電 ブレーカーは落とすべきなのか?覚えておきたい!

投稿日:

台風の影響で停電が発生する場合があります。

停電が発生した場合は、ブレーカーは落とすべきなのでしょうか。まさかブレーカーがどこにあるのか分からないという方はいないとは思いますけど。

台風はいつ発生するのか事前に分かるだけ自然災害の中でもましなのかもしれません。だからこそ台風対策として、できる対策は行うべきです。

  • 台風で停電 ブレーカーは落とすべきなのか?

台風で停電 ブレーカーは落とすべきなのか?

「100年に1度」と言われる大型で非常に強い台風10号が、沖縄地方や九州地方を通過しています。毎年のように日本を通過する台風の影響で、停電が発生する場合もあります。

JR九州とJR西日本は、台風10号の接近に伴い6日と7日の計画運休を発表したほど大型です。

自然災害の恐ろしさを毎年ニュースで見ますが、被害に遭われた方は、さぞや怖かったのではないでしょうか。

台風で停電が発生した場合は、ブレーカーは落とすべきなのでしょうか。実は、電気のブレーカーを落とすべきです。

なぜブレーカーを落とすべきなのかと言うと、電気の復旧と共にショートして最悪火災になることを防ぐためであるからです。

特に、避難所へ避難に行かれる方は、必ず電気のブレーカーを落としてから避難するようにしてください。

そもそも台風で停電するというのは、台風の規模が大きいということが言えます。避難することも頭に入れて行動する必要があります。

あわせて読みたい

最近の台風は、大きな被害をもたらすので油断することが出来ません。ニュースを聞いて、台風の進路や被害状況をつかんでおきましょう。

「ブレーカーの位置がどこにあるのか分からない!」という方はいないと思いますが、場所の確認をしておくと同時に、正常な状態をスマートフォンで撮影しておくと良いです。

停電が発生した場合、自分の家だけだった場合は、電気の使い過ぎでブレーカーが飛ぶケースもあります。復旧はどのようにしたら良いのかも把握しておいてください。

停電になって困らないように懐中電灯や予備の電池なども忘れずに準備してください。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.