Sponsored Link




その他

タワマンの台風対策で電源設備のガイドラインが

投稿日:

台風19号の影響で、武蔵小杉のタワマンが、停電や断水が続いたことは記憶に新しいです。そのため国土交通省と経済産業省は、タワマンの電源設備への浸水を防ぐためのガイドラインを策定することが分かりました。ガイドラインに沿って建設されたタワマンを購入した方がよいのではないでしょうか。

Sponsored Link

タワマンの台風対策で電源設備のガイドラインが

台風19号がもたらした多大な影響は記憶に新しいです。まさかタワマンが台風の影響で、停電や断水が起ころうとは考えもしませんでした。

電源設備が水没し停電したことで、エレベーターが稼働しなくなったり、給水ポンプが停止するなど、改めてタワマンに住むことのリスクが明らかになりました。「ムサコタワマン」という言葉も誕生しました。

そこで、国土交通省と経済産業省は、「建築物における電気設備の浸水対策のあり方に関する検討会」を設置して、タワーマンションの電源設備への浸水を防ぐための対策でガイドラインを策定することになりました。

「タワマンの防災対策に『マンション管理ドック』を受けよう」の「浸水対策ガイドライン」で綴った「浸水対策のガイドライン作成」が動きだしました。

2020年3月をめどに取りまとめを行い、2020年春から業界団体等を通じて不動産デベロッパーや建設事業者、マンション管理組合等に広く周知を図りたいと考えています。

台風19号の被害から数ヵ月経って、ようやく対策を打ち出すニュースが報道されましたが、対策が遅いのではないかと感じています。

どんなガイドラインが策定されるのかは不明であるが、台風対策のガイドラインであることは間違いありません。

と言うことは、ガイドラインに沿って建設されたタワマンを購入した方がよいのではないかと思います。

ガイドラインには、以下の内容が盛り込まれる予定です。

浸水を防ぐガイドライン

止水板の設置やマウンドアップ(盛り土)など、浸水を防ぐためのガイドラインです。

浸水後のガイドライン

仮に建築物への浸水があったとしても、電源設備への浸水を防ぐための取り組みを行うガイドラインです。

電源設備を浸水の恐れのない上階に設置することや水密扉の設置による防水区画の形成などを想定しています。

長谷工では止水ドア取り付け提案

国土交通省と経済産業省の電源設備ガイドラインの取りまとめの前に、2019年12月以降に設計する新築マンションで、電気室への止水ドア取り付けを不動産会社に提案すると株式会社長谷工コーポレーションは意思表明しています。

率先して、台風対策を実施することの評価はすべきだと思います。他のタワマンも、電源設備ガイドラインに基づいて、止水板の設置などの対策を施すものと思います。

おわりに

ようやくタワマンの電源設備ガイドラインの検討が始まりました。タワマンに限らず、台風の被害を最小限とする対策は、どのマンションでも必要なことです。タワマンばかりがクローズアップされていますが、普通のマンションでも同じことが言えます。

その点、株式会社長谷工コーポレーションは、台風に関する対策を行うことを宣言していることは、価値があるように思います。株式会社長谷工コーポレーションの対策が、他の建築会社にも波及するのでしょうかね。

安心で住みやすいマンションとなるように、まずはハード面の整備が必要ですね。年々、大きくなっている気がする台風の被害の対策を行わないといけませんね。

気軽にできる台風対策としては、土の知らない「水で膨らむ土嚢袋」が発売されています。マンションのエントランスや防災倉庫に準備しておきたいものです。

【関連記事】
防災で備えておくものを考えさせられた出前講座
ハザードマップの色分けを確認することをおすすめ!
土嚢 水で膨らむ使用後も簡単に処理できます備えを
マンション掲示板に台風接近の注意喚起が管理会社やるね!
防災イベントの内容に加えると効果的!防災倉庫見学!
台風でマンションが揺れるほどの備えと対策は
マンションの隔て板が台風で破損して驚いた対応どうする

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。

タワマンの台風対策で電源設備のガイドラインが

新しいガイドラインに期待!

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.