Sponsored Link




その他

マンション掲示板に台風接近の注意喚起が管理会社やるね!

更新日:

大型の台風19号の接近に伴い、マンションの掲示版には注意喚起の掲示が行われました。「バルコニーや共用廊下に物を置いてある場合は撤去を!」という内容ですが、管理会社自らが率先して掲示を行ったようです。当たり前だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、住んでいるマンションへ帰宅して目にした掲示物に、「管理会社やるね!」と感動した経験です。

Sponsored Link

掲示板に台風接近の注意喚起

台風の接近に伴い、集中豪雨や防風被害に備えて、「バルコニーや共用廊下等に物を置かれている場合は、撤去をお願いします。」という掲示物が貼ってあるのをマンションの掲示板で読みました。当マンションは、外廊下のマンションですので、共用廊下側も、台風の影響を受けるのです。

下記掲載の掲示物を見て頂くと分かると思いますが、ただ印刷しただけなのではなく、重要な箇所に赤色でアンダーラインを引き、大きな文字で、マンション住民に台風注意を訴求しています。蛍光ペンで着色して、目立つようにしてアピールするのもよいですね。

しかも、掲示物の発信日が、2019年10月10日(木)となっています。台風が上陸する早い段階で、警告の掲示が貼られたことが分かります。タイムリーな掲示は大きな意味を持ちます。

こういう台風被害に備える掲示物は、管理会社の指示によるものなのか現場の管理人の判断なのか分かりません。マンション住民が全員、掲示物を読んでいるのかは不明ですが、適切な対応をして頂いていると思います。

欲を言えば、テキストの文字ばかりなので、小さなイラストを添えて頂けるとさらによかったのかと思います。「バルコニーの排水溝にゴミが溜まっている場合は、清掃をお願します。」の一文もあるとよかったかと思います。

スーパー台風とも言われている台風19号の接近では、テレビやインターネット・ラジオ・新聞などの媒体を通して、厳重な警戒を訴えています。それは、台風の規模が大きいことを物語っています。

鉄道が計画運休し、デパートやテーマパークなども営業を見合わせる、避難指示や勧告が出されるほど大きな被害が予想されています。

マンションに住んでいたとしても、台風の被害が発生することも考えられます。台風が接近していると聞いていても、自分の住んでいるマンションは大丈夫なのだという何の根拠のない理由で、何の対策を施さない方もおられます。

テレビのニュース等で台風接近を大騒ぎして報道しているので、「知らない。」という方はいないと思いますが、改めて掲示板に貼られた注意喚起の掲示を読むことで、対策が必要であると思い知らされることになります。

バルコニーの物撤去

普段マンションのバルコニーには何を置いているでしょうか。ベランダへ出るためのスリッパ、洗濯物を干すための物干し竿、植物を育てている植木鉢や野菜などを育てるプランターを置いている方もおられるでしょう。

ベランダに置いてあるものは、全て室内へ移動してください。暴風の影響で飛ばされてしまう危険を回避するためです。エアコンの室外機は室内に移動できませんけどね。

共用廊下の物撤去

共用廊下には何を置いているでしょうか。雨の日のために備えた傘、ベビーカー・おもちゃ・キックボード・自転車などを置いている場合は、室内へ退避してください。

本来なら、共用廊下に物を置くことはいけないことなのですが、共用廊下で虫を飼っている人や台車を置いている部屋がありますから。念のために確認をお願いします。

掲示物テンプレートの用意を!

「マンション管理員 Meg」さんのブログにもありますように、タイムリーな掲示を行うためには、普段から掲示物のテンプレートを用意して、状況に応じて一部内容を変更すると素早い掲示物を作成することができますね。掲示物の準備も必要ですね。

どのマンションでも、住民へ伝えるべき内容が共通しているものがあります。「台風接近に対する備えについて」というテンプレートも用意されています。「生活騒音・注意のお願い」「ごみの当日出し・徹底のお願い」などもテンプレートとして用意してあります。

防災マップで確認を!

台風の進路や警報・注意報、津波、地震など、ご自分の住む地域の災害情報が把握できます。情報収集をこまめに行うことが、被害防止に役立ちます。

おわりに

マンションの掲示物には、生活上のルールやマナーに関する依頼事項・理事会や総会の議事録などが貼ってあることが多いのですが、台風接近などの突発的な事象の注意喚起に素早く対応した管理会社にお礼を申し上げたいです。

掲示物を見なくても、テレビや新聞などから台風接近のニュースを得て知っている方がほとんどだと思います。

だからと言って、ノーアクションでよいのかというと違うと思います。台風接近があらかじめ分かっているのであれば、事前にできる対策を講じるべきと思います。

駐車場などに使用されている三角コーンも、昨日(10月11日)に帰宅した時には、撤去/移動してエントランスの内側に置かれていました。

外に置いてあると暴風で飛ばされる恐れがあるために退避させたのだと思いますが、管理会社自らがマンションのために行動してくれたことに感謝しています。

台風によって、大きな被害が発生しないように万全の対策をとることをおすすめします。マンション住まいだからと言って、警戒を怠らないようにしましょう。

停電が発生したり、冠水被害が発生した地域もあります。やはり台風19号は大型であるという証拠ですね。

【関連記事】
台風で自転車の置き方はマンションの場合どうするか
台風でベランダの植木鉢は室内に避難すべきです
台風でマンションが揺れるほどの備えと対策は
マンションの隔て板が台風で破損して驚いた対応どうする

自宅に「防災セット」を用意しておくと災害時に安心です。いつ必要になるのか分かりません。事前に自己防衛しましょう。

マンション掲示板に台風接近の注意喚起が管理会社やるね!

住民へは適切な時期に適切な情報提供を!

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.