Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




その他

ルーバー面格子を掃除しない理由が分かりました

更新日:

分譲マンションの廊下側に面しているお部屋には、ルーバー面格子が備えられていることがあります。廊下そのものは共用部分ですので、管理人が定期的に掃除を行っているのですが、廊下に面したルーバー面格子はなぜか一向に掃除しないので不思議に思っていました。「廊下部分は共用なのになぜ?」と疑問に思っていましたら、掃除しない明確な理由がちゃんとありました。

Sponsored Link

ルーバー面格子とは

分譲マンションの廊下側に設置されているルーバー面格子とは、目隠し効果・採風・採光が得られる可動式の面格子のことです。

廊下側は、窓を全開していると人の視線を感じてしまうため、ルーバー面格子を取り付けて視線はカットするが、採風と採光は得ることができる優れものなんです。

室内側のつまみを上下するだけで、思い思いの角度でルーバーを自由に動かすことができるために、自分の好みの角度に簡単に調整して使用することができます。

夜寝るときは、ルーバーを完全に閉じてしまえば、共用廊下からの明かりが漏れることもありません。廊下を歩く人の視線も感じずにすむのです。

ルーバー面格子は専用使用部分

マンションの廊下は、共用部分であることは分かっていました。なのに、なぜルーバー面格子は掃除をしてくれないのだろうか?と疑問に思っていました。廊下の手すり部分や床面などは、掃除している姿を見かけたことがありましたけどね。

普段廊下を歩くたびに、ルーバー面格子の掃除状態がバラバラで、掃除が行き届いているお部屋と、全く掃除が行き届かずに埃が溜まって汚れているお部屋と色々あることが気になっていました。

廊下の手すり部分や床面は、そんなに頻繁に掃除しなくてもよいので、その掃除時間をルーバー面格子の掃除に時間を使って欲しいとさえ思っていました。

ところが、ルーバー面格子は、専用使用部分にあたるため、部屋の所有者自らが管理する必要があるということが分かりました。

国土交通省(国交省)の「マンション標準管理規約」第21条の「敷地及び共用部分等の管理」には、

敷地及び共用部分等の管理については、管理組合がその責任と負担においてこれを行うものとする。ただし、バルコニー等の保存行為(区分所有法第18条第1項ただし書の「保存行為」をいう。以下同じ。)のうち、通常の使用に伴うものについては、専用使用権を有する者がその責任と負担においてこれを行わなければならない。

と記されています。標準的なマンションであれば、「マンション標準管理規約」第21条が規定されていることだと思います。

難しい言葉が並んでいますが、つまり「バルコニー等、通常使用する箇所の部分は、各々の所有者が適切な管理を行ってください。」という意味です。

玄関扉やルーバー面格子も、各々の所有者に専用使用権があるので、掃除などの管理も各々の所有者に任せられており、廊下の掃除のように管理組合で行う対象外の場所であるということが分かりました。

「同じ廊下なのに。」と思ってしまっていたのは認識が誤っていたと今頃になって気が付きました。「そんなの常識だろ!」と言われる方もおられるかもしれませんが、無知なので申し訳ありませんでした。こうして知識がひとつ増えていくのでした。

Sponsored Link

専用使用部分の掃除方法

専用使用部分の掃除方法について綴ります。

区分所有者が掃除する

当たり前ですが、各区分所有者が、各々専用使用部分は責任を持って掃除するということです。特にベランダ側は、専有部分を通らないと掃除することができません。

毎年12月の年末が近づくと、窓拭きなど普段掃除を怠っている部分を中心に「年末大掃除」月間が繰り広げられます。廊下側のルーバー面格子や玄関扉も一緒に掃除をするようにすると、新年を気持ちよく迎えることができると思います。

普段掃除していないルーバー面格子は、雑巾でこまめに汚れを拭き取るのですが、最近は、便利なお掃除グッズが売られています。私のおすすめは、手袋のマイクロファイバーです。

手袋のマイクロファイバーを手にはめて、ルーバーの間の隙間を掃除するのに重宝しています。ルーバー面格子以外にも、細かい部分を掃除するのにはピッタリですから、アイディア次第で、色々な用途に応用できますよ。

高圧洗浄機で掃除する

ケルヒャーで有名な高圧洗浄機で掃除すると、長年蓄積した汚れが一気にとれてスッキリすると思います。難点は、誰もが高圧洗浄機を持っているわけではないということです。

ケルヒャーは、Amazonなどでも購入できますが、使用頻度が高くないのに購入することは非常に勿体ないですし、使用しない場合の置き場所にも困ります。使いこなせるか分からないのに、ケルヒャーを購入することにも抵抗があります。

そこでおすすめしたいのが、ホームセンターなどで、高圧洗浄機・ケルヒャーレンタルして掃除するということです。ケルヒャーをレンタルしたのであれば、ルーバー面格子だけではなく、ベランダ側の窓なども一緒に綺麗に掃除することをおすすめします。

普段、手が届かない高い位置にある窓枠やベランダの床などの掃除にも使うことができます。あるいは愛車の手入れにも活躍できますね。


お近くのホームセンターで、高圧洗浄機・ケルヒャーを扱っていない場合は、通信販売でレンタルすることができますので、ご安心ください。ただし、送料がかかってしまいます。

おわりに

ルーバー面格子は掃除しない理由がありました。本来は、区分所有者各々が管理すべき場所であったことが分かりました。

廊下及び廊下に面した場所は、共有部分であると勘違いしていたことが起因しているのですが、玄関扉やルーバー面格子などの専用使用権がある場所は、責任を持って掃除を行うようにしましょう。1年に1回でもよいので、掃除することで気持ちよく使用することができると思います。

お住まいのマンションの管理規約上は、必ずしも玄関扉やルーバー面格子などが、専用使用権になっていないことも考えられます。お住まいの管理規約を確認されることをおすすめします。

ルーバー面格子を掃除しない理由が分かりました。

ルーバー面格子は、各区分所有者が管理すべき場所だった。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.