その他

テレワーク助成金100万円を国土交通省が検討!リフォームは待つのが賢明!

投稿日:

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って普及したテレワーク(在宅勤務)ですが、国土交通省(国交省)は、テレワーク環境を整えるためにリフォームする費用の補助を検討しています。

来年度予算として計上予定ですので、リフォームを考えている方は、来年(2021年)まで待った方が賢明であると言えます。

どんな制度になるのか注目のテレワーク・リフォーム費用補助ですが、申請方式となるのは目に見えています。

  • テレワーク助成金100万円を国土交通省が検討!
Sponsored Link

テレワーク助成金100万円を国土交通省が検討!

国土交通省(国交省)が検討しているのは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って普及したテレワーク(在宅勤務)のためのリフォーム費用の補助です。

テレワーク(在宅勤務)で問題となっているのが、自宅にテレワーク(在宅勤務)を行うための環境が適切ではないということです。

自宅にテレワーク(在宅勤務)用の書斎があって、支障がない場合もあります。しかし、多くの人は、テレワーク(在宅勤務)になるとは考えていなかったため専用の部屋がないケースが多いです。

Zoomを使ったWeb会議でも、子どもやペットの声や泣き声がしたり、画面を横切るなど集中してテレワーク(在宅勤務)が出来ない声も多く寄せられています。

最近の新しいマンションでは、テレワーク(在宅勤務)が出来るようなスペースを設けることが新しい傾向として顕著です。共用部分にWi-Fi設備を設ける動きもあります。

はあるが、既存のマンションだと独立したスペースをリフォームするのも大変な気がします。

国土交通省(国交省)は、防音対策や間仕切りを設置することを念頭に置いているようだが、リフォーム費用の3分の1を補助する制度を検討しています。テレワーク助成金の上限は、100万円です。

リフォームを計画している方は、もう少し詳細が明らかになるまでリフォームは、待った方が賢いのではないだろうか。

リフォーム工事実施後の住宅性能に応じて補助額が決定するようです。「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に追加される自宅の在宅勤務向けです。

あわせて読みたい

助成金は、知らないと恩恵に預かることができません。そのためには、日頃からの情報収集を怠りなく行いましょう。

テレワーク(在宅勤務)が脚光を浴びた2020年です。リフォーム後、テレワーク(在宅勤務)を行わなくなった場合も考えてリフォームのプランを考えて実施しましょう。

目先の助成金だけを考えるのではなく、ライフスタイルや現役を退いた後まで考えましょう。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.