Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




売却

マンション売却時に壁紙を張り替えると内覧に有利か

更新日:

マンションを売却する場合、壁紙を新しく張り替えるべきか迷っている方もいらっしゃると思います。マンション売却時に壁紙を張り替えると内覧に有利なのでしょうか。ご自分がマンションを購入する場合を考えると良いのではないでしょうか。

Sponsored Link

売却時に壁紙を張り替えは年数で判断

築10年未満の売却

「マンションの売却時に、壁紙を張り替えた方が良いのだろうか。」、マンションを売却しようとする場合に疑問に思うことなのではないでしょうか。

部屋の中で煙草を吸っていて壁紙が黄色く変色していたり、子供が汚い手で触って汚れてしまった場合、壁紙の破れが目立つまま購入希望者が内覧で見た方がどのように感じるでしょうか。

築10年未満のマンションを買おうとしている方は、何を求めているのかを考えて欲しいと思います。

築10年未満の比較的新しいマンションに求められるのは、購入してそのまま住めることが求められるのです。

新築マンションを買うほどの予算が厳しい場合や学校区を変えたくない、馴染みのある土地から離れたくない、立地的に新築マンションが建設されていない場合、中古マンションには求められます。

中古マンションといえども、まだ比較的新しいマンションだからこそ、需要があるのです。中古マンションを求める人は、今まで賃貸マンションに住まわれている方や会社の社宅に住めなくなった人が多いです。

壁紙もそうですが、台所や風呂や洗面などの生活上の設備に一切手をかけずとも快適に過ごせるマンションを求めています。

築30年の中古マンションよりも、築10年の中古マンションでは、今後住める年数が異なるでしょうから。

もし、自分が、中古マンションを購入しようと内覧する場合に、壁紙が新しく張り替えがされていたら、気持ち良く購入しようと思いませんか。

広範囲の張り替えの場合

広範囲に渡って、壁紙が汚れている場合は、壁紙を新しく張り替えることで資産価値が向上するでしょう。そしてそれは、中古マンションの販売価格にも反映します。

しかし、広範囲に壁紙を張り替えるのは、お金がかかるのも事実です。マンションを売却して自分が住まないと分かっていて、業者に頼むのは抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

手軽に壁紙を張り替える方法として、DIYで張り替えることをお勧めします。壁紙の色は、白色系統が多いですが、同じ白でもメーカーや年代によって微妙に異なりますので、同一の壁紙を探すのは困難です。

であれば、いっそのこと汚れた部分を含む一面のみを張り替えるのはいかがでしょうか。アクセントクロスとすれば、センスが良くおしゃれな部屋に見えます。

一部分の張り替えの場合

新築後10年未満であれば、生活する上で不便なほど、壁紙が破れているような場合は少ないと思います。

汚れている部分は、清掃をすれば、ある程度は綺麗になります。清掃しても綺麗にならない場合は、その一部分だけを張り替えることをお勧めします。

DIYに自信がない場合は、業者に一面のみ張り替えを依頼しても良いでしょう。全面を張り替えるよりは費用的に安くなります。

自分の住んでいたマンションを魅力的にアピールすることも、マンションを売却する上で、必要なことなのです。

Sponsored Link

築10年以降の売却

築10年以降のマンションを買おうとしている方は、何を求めているのかを考えて欲しいと思います。

それは、ずばり物件価格のリーズナブル感を求めています。中古マンションの魅力は、新築マンションと比較してお値打ちに手に入れられることにあります。

多少の内装や設備が古かったとしても、修繕が必要な個所は、マンション購入後に直して住もうと思うからなのです。修繕のタイミングも入居後の都合の良い時に出来るのも中古マンションの魅力です。

人によって、大事にしている箇所が異なります。全面的に間取りを変更したいと思っているのか、トイレやキッチンの水回りを新しく変更したいのかは分かりません。

壁紙も同様、生活していたのですから、壁紙が破れているや汚れているのは承知で、購入を検討していることだと思います。

壁紙は、色やデザイン・ランクなどにより様々に存在していますから、住む人の好きな壁紙を選びたいと思うものです。そうやって住まいづくりを楽しむのも、中古マンションならではの醍醐味なのです。

ですから、壁紙は、そのままにしておいた方が良いです。購入した後で、クレームを言われるくらいなら、ありのままを見せた方が良いと思います。

仮に「壁紙を張り替えたら、購入します。」と言われたら、「購入者のお気に入りの壁紙が良いと思いますので、張り替え費用を持ちますので、購入後にお願いします。」と答えます。

壁紙代金を購入者に支払っても、中古マンションが確実に売れる方が良いですからね。

おわりに

マンションを売却する時に、壁紙を張り替えるかどうかは、マンションの築年数と範囲によります。築10年後の中古マンションの場合は、壁紙の張り替えは行わなくても良い。

マンション売却時に壁紙を張り替えると内覧に有利か?

築年数にもよるが、一般的に張り替えない方が良い。

-売却

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.