Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




購入

前建て不安にならないように注意すべきはまとまった土地

更新日:

マンション選びのタイミングで「前建て不安」に思ったことはないでしょうか。「前建て不安」とは、目の前に何か建つ可能性があるのかを不安に思うことです。せっかく購入したマンションの眺望や採光・騒音などの環境が変わってしまうとがっかりしてしまいます。まとまった土地が周囲にある場合は確認しましょう。

Sponsored Link

前建て不安にならないように

「前建て不安」とは、購入しようとする物件の目の前に、将来、何か建つ可能性があるのかを不安に思うことです。将来のことですから、確定事項でないために不安に思うのでしょうね。

マンションは立地が命です。よい場所は、マンションを建てる不動産開発業者(デベロッパー)も理解しているので、まとまった土地があると既存のマンションの横であろうと前であろうとマンション建設に踏み切ります。

騒音や採光などにも影響する「前建て不安」をなくすためには、購入予定のマンションがどのような場所に建てられるのかを十分に検討する必要があります。

周辺にコインパーキングや駐車場がある場合は要チェックです。小さい面積でのコインパーキングならいざ知らず、ある程度の規模のコインパーキングの場合は、マンションに化ける可能性がないとも言えないため、大きなコインパーキングや駐車場には注意が必要です。

不安である場合は、マンションの販売員に尋ねるとよいのですが、販売員も知らない場合もあるし、知っていてもあえて話さない販売員もいるので注意が必要です。

この3点を確認すること

購入予定のマンションの周辺に、まとまった土地がある場合は、「用途地域」「容積率・建ぺい率」「高さ制限」を確認することをおすすめします。

用途地域

用途地域とは簡単に言うと、土地をどのような用途に使うのかを定めていることです。用途を制限することで目的に応じた土地の区別を行っています。

用途地域を設けないと、「住宅地」に工場が建てられて空気が悪い/騒音がするなど住みにくい環境になってしまいます。

容積率・建ぺい率

容積率・建ぺい率とは、建物の延べ床面積または建築面積の敷地面積に対する割合のことです。当然、容積率・建ぺい率が高いほど、高いマンションを建設することが可能となります。

容積率・建ぺい率の数値は高いけれども、実際には、高い建物が建設されていない場合は、将来高い建物に置き換えられる可能性があるいうことです。

購入予定のマンションの周辺に、容積率・建ぺい率に余裕がある建物はないかチェックが必要です。

容積率

「容積率」とは、「延べ床面積の敷地面積に対する割合」のことです。その敷地に対してどれくらいの割合の床面積の建物が建てられるかを表しています。

建ぺい率

「建ぺい率」とは、「建築面積の敷地面積に対する割合」のことです。その敷地に対してどれくらいの割合で建物が建てられるかを表しています。

高さ制限

その土地に建てられる建物の高さの上限を制限するものが「高さ制限」です。第一種・第二種低層住居専用地域内では、10メートルまたは12メートルの高さ制限があります。

おわりに

マンションを購入する場合は、周辺の様子も吟味する必要があります。マンションが建設されるのは、駅近の便利な場所であることが多いですし、ある程度まとまっている土地にしか建設されることはありません。

一戸建てを購入する場合ほど気にすることはないかもしれませんが、マンション周辺には、どんな建物があるのかは気にすることをおすすめします。

前建てよりも、「嫌悪施設」が近くにある場合は、要注意となります。

前建て不安にならないように注意すべきはまとまった土地

用途地域/容積率・建ぺい率/高さ制限を確認すべし

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.