購入

二世帯マンションの間取りおすすめは?メリットは?

投稿日:

「二世帯マンション」という言葉は聞いたことがありますか。文字通り、マンション内で二世帯が同居することを指します。

同じマンション内ですから、近すぎず離れすぎず安全で快適な暮らしが出来るのがメリットですが、二世帯お互いに納得しなければ成立しない住まい方となります。

親世代も年齢を重ねるにつれて、一戸建ての面倒や2階へ上がることの辛さも出てきます。「終の棲家」として、子世代と同じマンションを選択することも良いのではと思います。

  • 二世帯マンションのメリットは?
  • 二世帯マンションの間取りおすすめは?
Sponsored Link

二世帯マンションのメリットは?

「二世帯マンション」という新しい住まい方に注目が集まっています。

「二世帯マンション」とは、子世代と同じマンションに住むことによって、適度な距離感を保ちながら生活をおくることです。

親世代と子世代とは生活スタイルが異なることから、同居することの難しさを解消することのできる生活スタイルとなります。

一戸建てにお住まいの親世代にとっても、マンション暮らしは、防犯面やバリアフリーや犯罪からの安全面/快適性などの観点からも暮らしやすいのではないかと思います。

マンションにある共用設備が利用可能であることや大規模マンションであれば、親世代と同世代の方と仲良く出来る可能性もあります。

ただ条件としては、親世代と子世代の二世帯の双方がお互いに「二世帯マンション」を納得していることとマンシヨンの中に空き部屋があることとなります。

一戸建てを処分して、「二世帯マンション」に住む場合には、荷物と気持ちの整理を行わなければなりません。

住み慣れた同じ地域のマンションであれば理想ですが、高齢になってから新しい土地で住み始めることは大変なことです。

高齢者に限らず若い世代でも、新しい生活を始める際の不安はありますので、将来「二世帯マンション」に住むことを考えているのであれば、早めに決断して行動されることをおすすめ致します。

「二世帯マンション」と言っても、運よく隣同士を購入出来れば理想ですが、あえて階をずらすことや棟を変えるというのも考えても良いでしょう。

新築マンションを狙って、隣同士の部屋を購入することも良いです。お互い協力して生活することが出来ますので理想とも言えます。

二世帯マンションの間取りは?

中古マンションを購入してリフォームして住むという考えもあります。親世代の住む間取りは、小さい部屋をまとめて大きな部屋の間取りに変更すると良いでしょう。

収納が少ない場合は、収納スペースを大きくとることも必要です。子世代が遊びや助けに来ると言っても、大きな部屋や部屋数は最低限とするべきです。健康状態にもよりますが、手摺をつける必要があるかもしれません。

ただし、専有部分のリフォームだからと言っても、マンションの躯体部分を変更することは許されていませんのでお気をつけください。

もちろん、リフォーム工事を行う際には、管理組合への届け出を忘れずに行いましょう。

あわせて読みたい

将来、「二世帯マンション」で住もうという方は、計画的なマンション購入が必要です。やがて来る相続のことまで考えて購入することが理想です。

親世代の住む実家近くのマンションに住むのか、子世代の住むマンションに住みかえるのか、あるいはその中間のエリアのマンションを選択するのか考えないといけません。

マンションの良い点は、利便性・暖かさ・セキュリティ・バリアフリーなど高齢者でも住みやすい条件が揃っています。

階数や位置など購入にあたっては、考慮すべき点がいくつかありますが、長期に渡って住むことができるように考えましょう。
「マンション購入の注意点まとめ!経験者の失敗しないチェックポイントはこれだ!」に、マンションを選ぶポイントをまとめています。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.