購入

ヴィンテージマンションを東京で購入は専門サイト活用を

投稿日:2020年3月27日 更新日:

東京でヴィンテージマンションをお探しであれば、ヴィンテージマンション専門サイトを閲覧されてはいかがでしょうか。フリーダムコーポレーションを運営しているサイト「TOKYO VINTAGE MANSION」には、管理状況や入居者の特性まで高い資産価値のマンション情報が分かります。

Sponsored Link

ヴィンテージマンションとは

ワインやジ―ンズ・楽器のヴィンテージは聞いたことがあるでしょう。「当たり年のワイン」を「ヴィンテージ・ワイン」と呼んでいたことから、名品や希少品・その当時話題になったアイテム・年代ものの楽器やカメラなどを「ヴィンテージ」と呼ぶようになりました。

「ヴィンテージマンション」とは、築年数が経つにつれて価値が上がるマンションのことです。年代もののワインは重宝されるのと同じです。

「ヴィンテージマンションに住んでいる。」と聞くと、希少性や資産価値が高く、高品質なマンションに住んでいるというイメージを受けます。

一般的に、ヴィンテージマンションと言われている物件の条件は、

1.好立地(アクセスがしやすい、周辺環境の充実)
2.築10年以上
3.中古流通時の平均単価が3,000万円を超えて取引されている
4.一住戸あたりの平均専有面積が80平方メートル以上
5.デザイン性が高くハイグレードである
6.管理が行き届いている
7.住んでいること自体がステイタスになる

と言われています。

代表的なヴィンテージマンションとしては、三田綱町パークマンション、有栖川ヒルズ、フォレストテラス松濤、元麻布ヒルズフォレストタワー、麻布霞町パークマンションなどがあります。

ヴィンテージ専門サイト

2020年3月9日(月)発売の東洋経済新報社の雑誌「東洋経済」の特集記事「中古マンション業界DEEP事情」にて、弊社代表谷村のインタビュー記事が掲載されています。

日本経済新聞社の「日経ヴェリタス」、雑誌「relife+(リライフプラス)」、雑誌「クロワッサン」、雑誌「&Premium」などでも取り上げられているのが、フリーダムコーポレーションのヴィンテージマンションです。

おわりに

現在お住まいのマンションが、将来ヴィンテージマンションとなると嬉しいと思いませんか。

ヴィンテージマンションとなるための7つの条件を綴りましたが、全ての条件を満たすマンションであることは難しいような気がします。だからこそ、ヴィンテージマンションとしての価値が認められるのでしょうね。

立地条件や専有面積は、購入してから変更することはできませんが、現在お住まいのマンションの管理が行き届くようにしたいものです。

ヴィンテージマンションを購入して、思いのままにリフォームして住むことが、住みやすいマンションなのかもしれませんね。

ヴィンテージマンションとなるためには、住民全員の協力が不可欠です。共用部分も含めて、良好な管理が求められます。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

ヴィンテージマンションの購入は

専門サイトの活用を

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.