その他

アメリカの倒壊マンションの場所はどこ?倒壊の理由は?

投稿日:

米フロリダ州マイアミ近郊サーフサイドで起きたマンション倒壊事故、映画かと思わされる事故が発生して驚きました。

マンションの取引価格は、日本円で約5000万円~1億円超えという超高級マンションで、プール・ジム・BBQ(バーベキュー)場・テニスコートなどの施設がありました。

マンションの場所はどこなのでしょうか。なぜマンションが倒壊したのでしょうか。

  • アメリカの倒壊マンションの場所はどこ?
  • アメリカの倒壊マンションの理由は?
Sponsored Link

倒壊マンションの場所はどこ?

アメリカのフロリダ州マイアミ近郊サーフサイドで起きたマンション倒壊事故は、まるで映画の撮影が行われたかのかと思ったほどです。爆破解体が行われたのかと思うほど綺麗に倒壊しました。

【参考】
日本で言う「マンション」は、「大豪邸」という意味になります。正確には、「マンション」ではなく「コンドミニアム」に該当します。

海岸沿いに建つ12階建てのマンション3棟(西棟/中央棟/東棟)のうち、中央棟・東棟の順番で崩れました。

マンションは、40年前の1981年に建設が行われていますが、マンションの取引価格は、日本円で約5000万円~1億円超えという超高級マンションです。

プール・ジム・BBQ(バーベキュー)場・テニスコートなどの施設がある高級リゾートマンションです。

6週間前から屋根の工事が行われていて、損傷や老朽化したコンクリートの修復工事も進行中だったということです。

マンション倒壊事故のマンションはどこなのでしょうか。

住所は、8777 Collins Ave, Surfside, FL 33154 USAの「チャンプレイン・タワーズ・サウス(Champlain Towers South)」です。

アメリカの倒壊マンションの理由は?

マンション倒壊事故はなぜ起きたのでしょうか。

倒壊した理由は、まだ完全な原因調査が終わっておりませんが、気になるキーワードが、いくつか報道されています。

  • 40年前のタワーの下の駐車ガレージの大きな構造劣化がある
  • 1993年から1999年の間にこの場所で地盤沈下の兆候があった

マンションの建てられている場所は、地図で見ると分かると思いますが、海岸線のすぐ近くです。潮風が与える影響を免れません。40年間という長期間の影響は大きいと思われます。

3年前の調査で「大きな損傷」の警告を受けていることも分かっています。もう少し早く、適切な修繕を行っていたら防げた事故だったのかもしれません。

「チャンプレイン・タワーズ・サウス」の建っている周辺には、他のマンションもたくさん建っています。

  • Eighty Seven Park(2018年)平均価格5.5億円、手前側すぐ隣り
  • Champlain Towers North(1981年)4,350万円〜1億3,700万円、ホテルを挟んで2軒隣り
  • Champlain Towers East(1994年)8,000万円〜1億2,000万円、3軒隣り
  • Rimini Beach Condominium(1998年)6千万円〜1億円、4軒隣り
  • Mirage Condominium(1996年)8,800万円〜1億8,000万円、5軒隣り
  • Alte Surfside(2019年)11億5,500万円〜13億7,500万円、6軒隣り
  • Surf Club Four Seasons(2017年)3億8,000万円〜36億円、8軒隣り、ホテルと販売用コンドミニアム

建築年月に違いはあるとは思いますが、同じような自然の影響を受けているのかと思うと、恐怖を覚えます。

映像を見る限り、柱が細過ぎて鉄筋も少な過ぎのような気がします。日本のマンションの構造とは異なるのですが、大丈夫なまでしょうか。

あわせて読みたい

「チャンプレイン・タワーズ・サウス」の崩壊があった時間は、深夜の午前1時頃発生しています。

マンション住民も就寝している時間であることと崩壊が一瞬だったことで多くの人と連絡がとれない状況となっています。

大規模修繕工事の計画が進んでいないマンションは、「チャンプレイン・タワーズ・サウス」のように崩壊するのかと思うと怖いです。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.