その他

晴海フラッグはやばいのか?補償を求めて東京地裁に民事調停を!

目安時間 3分
  • コピーしました

東京オリンピックと東京パラリンピックの選手村として使った後に分譲される東京・晴海のマンション「晴海フラッグ」をめぐって、購入者と売り主との間で溝が広がっています。「晴海フラッグ」はやばいのでしょうか

オリンピック/パラリンピックの開催延長の影響で、マンションの引き渡し時期の延期を余儀なくされます。延期の結果、家賃などの想定外出費が必要となり、補償を求めて東京地裁に民事調停を申し立てることになりました。

  • 晴海フラッグはやばいのか?

晴海フラッグはやばいのか?

新型コロナウイルスの影響は留まるところを知らない状況にあります。

2020年開催予定の東京オリンピックと東京パラリンピックが延期となっていなければ、予定通り、選手村の改装を経て、2023年に入居開始となる予定でした。

東京オリンピックと東京パラリンピックの開催が延期され、2021年も開催がどうなるのか分からない中、マンションの販売会社とマンションの購入者で民事調停を申し立てる事態に発展しました。

売主側は既に、手付100パーセント返しで解約か引き渡し1年延期のオプションを提示しているが、民事調停の方向となりました。

「晴海フラッグ」を購入した当事者にしては、思い描いていた生活設計が崩壊したのかもしれません。

しかし、「晴海フラッグ」の販売会社も、新型コロナウイルスが蔓延し、東京オリンピックと東京パラリンピックが中止になることは想定していなかった筈でしょうから。

もし、自分が「晴海フラッグ」を購入していたとしたら、手付100パーセント返しで解約を申し出ます

2021年のオリンピック開催も分からないし、交通の便が悪い場所に建っているマンションです。

どうしても「晴海フラッグ」に住まなければならない理由がない限り、他のマンションを考えた方が良いのではないでしょうか。

あわせて読みたい

2021年に東京オリンピックと東京パラリンピックが開催されるのか。開催されたとしても無観客で開催されるのかも不明です。

オリンピックの選手村として建設された「晴海フラッグ」ですが、もし東京オリンピックと東京パラリンピックが開催されなければ、ただ入居を遅らせただけに過ぎなくなります。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。
  • コピーしました

   その他   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。