その他

黒柳徹子さん引越し先はタワマンを選択!終活準備のためなのか?

目安時間 6分
  • コピーしました

2022年3月17日号の週刊誌「女性セブン」には、「黒柳徹子30年ぶり「仰天引っ越し先」に最後を託す男(30ページ)」という記事が掲載されています。

トットちゃんでお馴染みの黒柳徹子さんが、30年ぶりに自ら台本や化粧品などの梱包作業を行ったと掲載されています。88歳の黒柳徹子さんはすごいと思います。

高齢の黒柳徹子さんが終の住処として選んだのは、なんと驚きのタワマン(タワーマンション)でした。最後を託す男とは誰のことなのでしょうか。

  • 黒柳徹子さん引越し先はタワマン

黒柳徹子さん引越し先はタワマン

2022年3月17日号の週刊誌「女性セブン」には、「黒柳徹子30年ぶり「仰天引っ越し先」に最後を託す男(30ページ)」という記事が掲載されています。

トットちゃんでお馴染みの黒柳徹子さんが、30年ぶりに自ら台本や化粧品などの梱包作業を行ったと掲載されています。

若い人であっても、引っ越し作業は一大イベントです。住み慣れた自宅を離れて、新たな部屋へ移り住む引っ越しは、何度経験しても大変さは同じです。

黒柳徹子さんは、自ら台本や化粧品などの梱包作業を行ったと掲載されています。「段取りはちゃんとしなければいけないですね。」とも語っています。

現在88歳の黒柳徹子さん、「窓ぎわのトットちゃん」の著書でもありますが、88歳なのに、YouTube「徹子の気まぐれTV」で動画を配信するなど精力的に活動していることです。


30年ぶりに引っ越しを行った理由には、「終活」を進めるためだと言います。コンパクトな生活を心掛けて来た背景には、「終活」という目的があるのだと思います。

一度でも引っ越しを行った方はお分かり頂けると思いますが、引っ越しに伴って不要なモノを捨てる(断捨離)を行う良いキッカケになります。

今まで、分かっていても手が付けられないまま放置してあった不用品を整理することが出来るのも「引っ越し」というイベントがあるからなのかもしれませんね。

高齢の黒柳徹子さんが終の住処として選んだのは、なんと驚きのタワマン(タワーマンション)でした。

「女性セブン」に掲載された「最後を託す男」とは、オートクチュールのビーズ刺繍デザイナーとして活躍している「ビーズ王子」こと「田川啓二」さんです。

田川啓二さんにはAさんという弟分がいて、2018年には事務所代表の座をAさんに譲っており、黒柳徹子さんがタワマンを購入したタイミングで、Aさんも同じマンションの同じフロアで生活を始めたといいます。

長年住み慣れた街を離れる決心をした黒柳徹子さん、終の住処としてタワマン生活を謳歌するのだろうか。

あわせて読みたい

あまり積極的に考えたくはありませんが、だれでも「終活」の準備を行う時が来ます。慌てて「終活」の準備を行う必要はありませんが、徐々に準備を行う必要があります。

誰も住まない一戸建ての処分に困っている人が多いと聞きます。実際、お住まいの地域でも古い家が残されたままというところが多いです。

黒柳徹子さんのように「終活」を行うことは重要なことだと思います。88歳にも関わらずアグレッシブな活躍が出来る人がうらやましいです。

タワマンに住む選択をされた黒柳徹子さん。タワマンであれば住みやすく設備も充実しており、今後の処分にも困らないのではないでしょうか。

  • コピーしました

   その他   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ