Sponsored Link




その他

レオパレスの壁は対策が必要だったと改めて認識

更新日:

1996年から2009年までに建てられたレオパレスのアパート38棟に、建築基準法違反の疑いの欠陥が見つかったと報じられました。「マンション購入の失敗談!東京やってしまった後悔ポイント1!<地方都市から東京転勤編>」で綴ったように、実際にマンスリーマンション「レオパレス」に住んだ時の経験から「壁対策」を語ります。

Sponsored Link

レオパレスに実際に住んだ感想

マンション購入の失敗談!東京やってしまった後悔ポイント1!<地方都市から東京転勤編>」で綴りましたが、千葉県でマンスリーマンション「レオパレス」に住んだことがありました。

地方都市から初めて住んだのが、千葉県に建てられた「レオパレス」だったことと生活する上で、やたらと壁が薄いということを肌で感じていたので、他人事ではないと思いました。

「レオパレス」が、建築基準法違反の欠陥と報じられたことを聞いて、「やっぱり!」と思ったのが第一の印象です。

私が住んでいた「レオパレス」が、建築基準法違反だったのかは不明ですが、多くの人が「レオパレス」の壁は薄いと感じているのだということを改めて思いました。

■株式会社レオパレス21のニュース記事

建築基準法違反の原因は、「図面と施工マニュアルの整合性の不備」「社内検査体制の不備」となっていますが、壁が薄いのは意図的のような気がします。

きっと、お隣に住んでいた方も、「壁が薄いなぁ。」と感じていたのかと思えば、お互い様だったのかもしれませんね。お隣の人とは、特に話をすることもなかったので、実際のところは分かりませんが。

「レオパレス」に初めて住んだので、「壁が薄いのは、仕方がないのかなぁ。」と思っていましたが、自分なりに対策が必要であったのだと思いました。

平日の昼間は、会社に勤めに出かけていますので、全く気になりません。しかし、平日の夜間と休日に「レオパレス」にいるときは、隣の声や上階の声が分かりましたから。(当時は、1階に住んでいました。)入居人数が1人のはずなのに、明らかに男女の会話が聞こえてきましたから2人でいることが分かりました。しかも、時間帯は夜間でした。

「レオパレス」に住んでいる当時は、テレビさえ自宅にはなく、音の出るモノと言えば、パソコン、携帯電話、ラジオ、ガスレンジ、給湯器、シャワーの音くらいでした。

一人で暮らしていたので、そんなに頻繁に電話をするわけでもないし、平日は、仕事が忙しかったので、ほとんど寝に帰るくらいでした。

洗濯機さえも持っていなかったので、自宅で洗濯をせずに、休日にコインランドリーに行って洗濯と乾燥をするのが日課ならぬ週課になっていました。

報道によると、施工不備で壁が天井まで届いていなかったということでしたが、そこまではひどくなかったですけどね。

Sponsored Link

防音パネルで騒音対策

「レオパレス」の騒音対策で、一番効果的な対策は、入居の際に、角部屋もしくは最上階の部屋を選ぶというものです。

角部屋は、確かに値段は高いのですが、毎日の騒音に悩まされるのであれば、数千円プラスすれば解決することを考えれば安いととらえるべきだと思います。両端の部屋に囲まれている部屋よりも、確実に騒音の悩みから半減されます。

そして、「防音パネル」という音を吸収してくれるパネルが市販されていますので、壁にマジックテープやピンを使って一面に貼ります。

マジックテープやピンを使うのは、「レオパレス」を退去する時に原状回復をするためです。退去の時は、壁から「防音パネル」を剥がして、次の住まいに活用すればムダにはなりません。

そして、「防音パネル」を貼った側に、タンスなどの家具を置いて生活するのです。

「防音パネル」は、ただ単に防音のためだけに貼るのではなく、殺風景だった壁に変化をもたらすためにも用いられますので、生活が豊かになると思います。

また「防音パネル」を貼ることで、保温性が高まるため、エアコンで調節した温度が快適に保たれるという副産物も兼ね備えています。

壁全面でなくても一部分だけでも効果的とのことなので、「レオパレス」に限らず「防音パネル」を試してみる価値はあると思います。

ほんのちょっとしたことで「騒音問題」が解決するのであればよいことだと思います。

被害者の会発足

アパートオーナーらの「LPオーナー会」が、「被害者の会」を立ち上げたことが判明した。相談窓口を設置した。これが建築基準法違反の解決に繋がればよいと思います。

レオパレスのオーナーの皆さん、お問い合わせは、下記まで。

電話(052-414-4430)
FAX(052-880-0022)

【関連記事】
レオパレス潰れるのでは?ガイアで明かした全棟調査もウソ?
「週刊文春」最新号の見出しにレオパレス新たな建築基準法違反が


おわりに

人が生活する上で、「音」は必ず出さざるをえません。アパートやマンションは、壁で隣と接しているため「防音対策」は必要だったと改めて認識しています。

大きな話し声が、隣に迷惑をかけているのかもしれません。必要以上にボリュームを上げない、夜中に洗濯機を回さないなど、相手を思いやることが生活する上で必要なことだと認識させられました。

「レオパレス」の物件、建築確認がよく通ったものだと感じました。オーナーさん、大変だろうなぁ。

「レオパレス」の専属下請工事業者の「株式会社エムエルエー」、倒産したとのことです。タイミングが良すぎると思います。

レオパレスの壁対策は?

角部屋や最上階を選ぶ。
「防音パネル」で自己対策を!

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.