Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




その他

OYO LIFEの評判は?スマホで手続き完結に感動!

更新日:

2019年7月28日(日)放送の加藤浩次さん司会の「がっちりマンデー」では、「僕たち上陸しましたチェーン」と題して、海外から日本へ上陸した新たなチェーン店が特集されました。上陸したチェーン店の中では、スマホだけで家具家電付きの不動産を簡単に借りられる「OYO LIFE(オヨライフ)」という新しいサービスが気になりました。果たして「OYO LIFE」の評判はどうなのでしょうか。今後の不動産の常識スタイルになって行くのでしょうか。

Sponsored Link

OYO LIFEの評判は?スマホで手続き完結!

2019年7月28日放送の「がっちりマンデー」では、「僕たち上陸しましたチェーン」として、イギリスから上陸したおもちゃ屋「ハムリーズ」、フランスから上陸したスポーツ用品店チェーン「デカトロン」、インドから上陸した新しい賃貸サービス「OYO LIF」の紹介でした。

「僕たち上陸しましたチェーン」のゲストは、森永卓郎さんとデーブ・スペクターさんでした。

OYO LIFE(オヨライフ)

ちょっと変わった会社名だと思った「OYO LIFE(オヨライフ)」は、インドのホテル運営会社です。ホテル運営で培ったノウハウが詰まったサービスを展開していると感じました。

従来、不動産を借りる場合は、店舗に行って手続きを行わなければならないのが一般的でした。物件の選択は、Web上で行えたとしても、最終的には店舗での手続きや鍵の引き渡しが必要でした。

その常識を覆すべき新たなサービス形態が「OYO LIFE(オヨライフ)」にはありました。なんとスマートフォン(スマホ)があれば、店舗に行くことなく手続きが完結してしまうという画期的な方法を採用していることに驚きました。

最短30分という短い時間で、部屋探しから入居前の手続きを完了するという手軽さがありました。30分という短さで手続きが完了するというのは感動すらあります。

従来の不動産を借りる場合には、現地で不動産を下見する時間も必要で、借りたい物件によっては、その場で見ることができないことがありました。ですから、下見の日を改めて設定しなければならないこともありました。

物理的な鍵の引き渡しはどうするのかと疑問でしたが、なんと最寄りのコンビニで受け取ることができるということにさらに驚きました。

しかも、「OYO LIFE」の賃貸物件は、寝具・洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫・テレビなど生活に必要なアイテムが備え付きなのが嬉しいですね。手ぶらで入居しても困らない超便利な物件を取り扱っています。

物件の下見をする時間的余裕のない方には、一時的に「OYO LIFE」の物件に住んで、本格的に周辺の賃貸マンションに移り住むのもよし、長期間「OYO LIFE」に住み続けるという選択もできます。

数か月の出張などで使用することもできるなど必要としている人に痒い所に手が届くサービスだと思います。ホテルの経営ノウハウを活かしたサービス展開を行っています。ホテルと従来の賃貸マンションとのいいとこ取りだと感じます。

また、マンションを貸したいオーナーの方も、「OYO LIFE」に貸すことで、安定的な運営ができるのではないかと思います。入居者がいなくても、「OYO LIFE」が借りてくれるので、空室リスクを抑えることができるからです。

長期(2年から5年)のスパンで借り上げてくれる、物件の管理を全てお任せすることができるなど、オーナーにとってもメリットのある「OYO LIFE」なのではないかと思います。

「OYO LIFE」のメリットとデメリットを綴ります。

Sponsored Link

OYO LIFEのメリットは

「OYO LIFE」のメリットですが、

・敷金や礼金が不要
・最短30分で入居が可能
・火災保険や災害保険が適用される
・WiFiなどの生活必需品が完備
・最大2か月賃料無料

されているところです。敷金や礼金が不要だったり、生活必需品がすでに完備されているので、申し込んでからすぐに住むことができるのがメリットです。

実際に住んでから、イメージと異なった場合や周辺の環境が気に入らないなどの理由でも、簡単に退去することも可能となります。

住みながら本格的な住居を探すこともできますので、リスクを最大限に抑えるメリットがあるのではないでしょうか。

最大2か月賃料無料キャンペーンを行ってます。契約期間によりキャンペーンの内容が異なりますのでご注意を!

OYO LIFEのデメリットは

一方、「OYO LIFE」のデメリットですが、

・18か月以上だと割高になる
・ほとんどの物件が都内のみ
・持ち込み家財については保険適用外
・WiFIは3日で10GB程度までの制限あり
・90日を超えて住む場合は、定期借家契約を結ぶ必要あり

といったところでしょうか。まだサービスインして間もないためか東京23区に物件が集まっています。今後の展開に期待と言ったところでしょうか。評判がよければさらに拡大する可能性もあるということです。

少なくとも、需要の大きそうな「大阪」「名古屋」「横浜」「千葉」「埼玉」などにも、是非展開して頂きたいものですね。

実際の評判は?

実際に、「OYO LIFE(オヨライフ)」に住んだ人の評判を聞くと、ホテルのように1か所に留まらずに、旅をするように住んでみたい街の「OYO LIFE(オヨライフ)」に住むことのメリットをあげています。知らなかった街の新たな発見や趣味を見つけることができる人もいます。

煩わしい手続きが必要なく、スマホ1本で手続きが完結するメリットをあげています。地方から上京する方にとっては、家具家電という大きな荷物を運ぶ必要もなく、最低限の荷物でスマートに住み始むことができるという評判もあります。

ハムリーズ

イギリスから上陸した「ハムリーズ(Hamleys)」というおもちゃ屋さんです。日本のおもちゃ屋と異なるのは、店員によるおもちゃのデモンストレーションをしていたり、店舗内にメリーゴーランドなどのアミューズメント施設があることです。

ただのおもちゃ屋さんではなく、大人も子どもも一緒に楽しめる店舗が「ハムリーズ」というお店なのです。今までの常識を覆す楽しいおもちゃ屋さんです。子どもの頃にあったら楽しかっただろうと想像します。

夏休みの楽しい思い出作りにも一役買いそうです。お近くの「ハムリーズ」へお越しください。13時と16時半に行われるパレードも必見です。パレードに大人も子ども参加する。これが「ハムリーズマジック!」なんだそうです。

ハムリーズ横浜ワールドポーターズ店

住所:神奈川県横浜市中区新港2丁目2-1 横浜ワールドポーターズ「ワールドポーターズビブレ」1・2階

ハムリーズキャナルシティ博多店

住所:福岡県福岡市博多区住吉1丁目2-74 キャナルシティ博多 サウスビルB1階

ハムリーズ東京都店

住所:東京都千代田区丸の内1丁目9-1 東京駅一番街B1

デカトロン

フランスから上陸したスポーツ用品店チェーン「デカトロン(Decathlon)」、価格の安さと高機能が売りのスポーツ用品店です。

初心者向きの低価格商品も本格的なスポーツ用品も扱っています。そして、初心者にとっては、元アスリートやスポーツ大好きな店員さんが接客してくれるので、安心して商品を購入できます。

デカトロン西宮店

住所:兵庫県西宮市高松町14番2号 阪急西宮ガーデンズ本館3階

オンラインストア

返品の可能期間は、注文製品の到着後から365日以内(しかも、返品送料はデカトロン負担)となっているところが、販売しているスポーツ用品に対する自信の表れを示しています。

おわりに

2019年7月28日(日)の「がっちりマンデー!!」で放送された「僕たち上陸しましたチェーン」の様子は、下記を参照願います。

 www.tbs.co.jp
TBS | 404 NotFound
http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/2019/0728.html

2020年東京で開催される「東京オリンピック」では、全国から生のオリンピックを見るために集まってきます。ホテルなどの宿泊先が足りるのかという心配があるほどの勢いです。

東京オリンピックの開催時期を見込んで、あらかじめ「OYO LIFE(オヨライフ)」で宿泊先を確保しておくという手もあります。従来の日本にはなかった画期的な新たなサービスが、海外から上陸したものです。これなら忙しい会社員(サラリーマン)の方なら、簡単に住まいを借りることができますね。

これからの不動産会社も追随するることになるかもしれないスマートフォン(スマホ)を使ったお部屋探しサービスだと思いました。数か月単位の出張や複数の学校を受験する学生にとっては選択肢のひとつとなり得ますものね。

芸能人やユーチューバーなど、住所を転々とした方がよいと思われる職業の方にもピッタリなのではないでしょうか。礼金や敷金といった初期費用も抑えられます。海外からの長期滞在旅行者にとってもありがたい物件ですね。

不動産会社と言うのは、実は意外とアナログの世界であったりします。物件情報をホームページで扱っていても、実際の申し込みは店舗で申し込む必要があります。またオーナーや他の仲介不動産会社とのやり取りは、昔ながらのFAX(ファックス)を使っている場合もあります。

デジタル社会となった現代、ITを駆使した「OYO LIFE」のようなスマホ決済は、スピーディーな申し込みを可能とする画期的な方法であると言えるのではないでしょうか。

【関連記事】
極東産機にはすごい特徴があった 自動壁紙糊付機や畳製造装置
宅配ボックスの使い方マンションならでは感動!
日本フネンの玄関ドアは評判!自宅も日本フネンだった!
南砂町駅の改良工事で東西線沿線ががっちり!
リフォーム補助金2018年を利用してがっちり!!
ハウスドゥ買取評判良いリースバックにがっちり納得

OYO LIFEの評判は?スマホで手続き完結に感動!

敷金・礼金不要、家具家電付き・スマホ完結のメリットがあります。
初めて物件を借りる人には、お試し感覚なのがよい。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.