Sponsored Link




その他

マンションのトランクルームに収納するとよいものは

更新日:

マンションによっては、玄関脇にトランクルームが割り当てられています。トランクルームがあると部屋の中に収納したくないものが収納できてとても便利です。トランクルームの本来の目的は、トランク(スーツケース)を収納するのためなのですが、トランクルームに収納しておいた方がよいものは何でしょうか。トランクルームって、有効な活用ができているでょうか。

Sponsored Link

トランクルームとは

「トランクルーム」とは、英語で「Trunk Room」と表記します。「Trunk」の意味は、「旅行用の大きなかばん」のことです。ですから、かばんを収納する部屋が「トランクルーム」と言います。「トランクルーム」の本来は、大きなかばん=スーツケースを収納するために設けられていると考えるべきです。

とは言っても、大きなスーツケースを持っていない方もいらっしゃるので、スーツケースに限定したスペースではないので、自由に入れても差し支えないと思います。

ただし、「トランクルーム」は、そんなに大きなスペースではないと思いますので、個人に割り当てられた「トランクルーム」に収納できる範囲に限られてしまいます。

玄関脇の「トランクルーム」は、家の中で収納したくないものが収納されることになると思います。小さくても「トランクルーム」があるマンションは便利だと思います。

人によって異なりますが、アウトドア用品やスポーツ用品・季節物・使わないけど捨てられない物・使う時まで出す必要のない物などを収納している人が多いようです。

Sponsored Link

トランクルーム収納ダメなもの

マンションによっては、管理規則や使用細則で、トランクルームに収納してもよいものが定まっている場合もありますが、一般的にダメなものもあります。

動植物(ペット)はダメ!

当たり前ですが、動物(ペット)や植物はトランクルームに収納してはいけません。トランクルーム内は、日が当たらず、空気の循環もないので生物を育てるのには適していません。トランクルームから泣き声が聞こえてきたらと想像するとドキッとします。

動物を飼うにあたって、適正な管理状況ではありませんから、動物愛護法にも抵触することにもなりかねませんよ。

また、強者になると、お仕置きのために子どもを入れてしまう人もいるとか。さすがに、子どもを入れるのは、躾(教育)とは言え、虐待行為とみなされるため、まずいでしょうね。

生ゴミや紙ゴミはダメ!

生ゴミをトランクルームに収納すると、狭いトランクルーム内に匂いが充満してしまいます。近所迷惑となりますので、一時的だったとしても生ゴミは避けましょう

ダンボールや雑誌類などの紙ゴミは、匂いが充満することはありませんが、一度紙ゴミをトランクルームに収納してしまうと、トランクルーム内がゴミ箱の役割となってしまうため、本来収納すべきモノが入らなくなります。

トランクルーム内に収納したゴミを定期的に整理すれば、まだよいのですが、入れたことを忘れてしまう場合もあるからです。

発火性や引火性のある危険物はダメ!

ガソリンや灯油などの発火性や引火性のある危険物は、トランクルームに収納してはいけません。収納してはいけない理由は、ズバリ危険だからです。

冬場は、匂いが嫌だからと言う理由で、灯油をトランクルームに収納したいと思うかもしれませんが、絶対に入れてはいけませんよ。

貴重品はダメ!

トランクルームに、鍵がかけられるとは言え、印鑑や通帳・宝石類・現金などの貴重品は、トランクルームに収納すべきではありません。これらの貴重品は、自宅内で保管すべきだからです。

トランクルームは、オートロック内の共用廊下に面した部分に設けられることが多く、盗難や紛失したとしても責任がとれないからです。

トランクルーム収納するとよいもの

トランクルームに収納しておくとよいものは、災害時の防災バッグ(防災グッズ)をトランクルームに収納しておくことをおすすめします。普段は全く使わない防災バッグですが、いざ避難する場合に、持ち出して使うものが防災バッグです。

例えば、ヘルメット・手袋・運動靴・ロープ・携帯ラジオ・乾電池・懐中電灯・充電器・マスク・サランラップなどを持ち出し用袋に入れて収納しておくと役に立ちます。

もちろん、アウトドア用品やキャンプ用品もトランクルームに収納しておくと、災害時にも使えます。いざという時には、取り出して使うことも可能です。

防災バッグは、各種販売されています。その中でも一番重要視するものは、災害時の電気です。25年ぶりに非常に強かった台風第21号(チュービー)の被害で、大阪府を中心に大規模な停電が起こりました。

大規模な停電で、電気がすぐに復旧できない状態が続く中で、必要なものは「電気」でした。スマートフォンや携帯電話を持っていても電気がなければ連絡ができません。携帯ラジオを持っていても電気がなければ聞くことができません。

防災バッグの中には、手動で電気を起こして、スマートフォンや携帯電話の充電ができて、携帯ラジオで情報を得られる防災セットが入っているものが必要なのかと考えます。

私のおすすめは、「ONZ防災セット 非常持出【302】(各種携帯 iphone6&スマートフォン充電対応)」です。これがあれば安心です。一家に一台は、備えておいてほしい防災セットです。

【関連記事】


おわりに

マンションのトランクルームに収納するとよいものは、防災バッグです。台風や地震などが多い日本において、自分の身を守るために自己防衛をしておく必要を覚えます。トランクルームのないマンションにおいても、防災バッグだけは準備しておきましょう。

マンションのトランクルームに収納するとよいものは。

防災バッグを収納しておくとよい。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.