その他

ベランダ喫煙は警察よりも効果的な方法がありました!

投稿日:

「ホタル族」とも言われるベランダでの喫煙行為。

煙草を吸わない人にとっては、迷惑でしかないベランダ喫煙で悩んでいる人が多いと聞きます。

ベランダ喫煙の被害を警察や管理組合に訴えても、なかなか動いてくれないと嘆いている方へ綴ります。

  • ベランダ喫煙は警察よりも効果的な方法がありました!
Sponsored Link

ベランダ喫煙は警察よりも効果的な方法がありました!

テレワーク(在宅勤務)の増加とともに、ベランダ喫煙で悩まされる人が多くなっています。

「ホタル族」とも言われているベランダ喫煙者。なぜ、ベランダで煙草を吸うのか疑問に思います。

「自分の部屋の中で煙草を吸えば良いのに!」と思いますが、喫煙者にとっては、自分の部屋の中は汚したくない、子どもなどの同居人から煙たがられるのでやむなくベランダで喫煙しているそうです。

煙草の煙は、ベランダであってもなくなるわけではなく、隣の部屋へ流れているだけなのですから、ベランダで吸えば迷惑が掛かると理解して欲しいものです。

いや理解はしていると思いますが、理解しているのであれば、ベランダで喫煙することはやめて欲しいものです。

ベランダで喫煙すると、煙草の臭いが洗濯物についたり、気分が悪くなってしまいます。

ベランダ喫煙は、管理組合を通して管理会社が「警告文」を掲示してくれるのですが、ベランタ喫煙者の方が煙草をやめることは稀のようです。

そもそも掲示板の警告を読んでいない場合も多く、読んでいても自分とは無関係であると考えてしまうからでしょうね。

マンションのルールとして、ベランダ喫煙が禁止されているのであれば言いやすいのですが、禁煙マンションではない限り、強く禁止を訴えるのは難しいものです。

あまりにも被害が大きい場合には、裁判に訴えるという方もおられます。

2012年に、名古屋地裁の判決で「近隣住民に配慮しない喫煙の仕方は違法であるとして、マンションのベランダで喫煙を続けた階下の男性に対して、慰謝料5万円の支払いを命じた。」という実例があります。

しかし、同じマンションに住む同士で、訴えたり訴えられたりするのはいかがなものかと思います。

煙草の臭いは気になるが、「“裁判”などと大げさにはしたくない!」と言うのが本音なのではないでしょうか。

ところが、警察よりも効果的な方法があったのです。それは、ベランダ喫煙をしている人に対して、子どもの声で「煙草によって、健康を害しているので、やめて欲しい!」と訴えるのです。

大人の直接の訴えだとトラブルになる可能性が高いですが、小さな子どもが必死に訴えることによって、ベランダ喫煙がなくなったケースがありました。

ベランダ喫煙をしている人にも、子どもがいるのであれば、なお訴えた効果が高いのではないでしょうか。

ベランダ喫煙で悩んでいる人、マンションを引っ越すしか手はないのかと思う前に、是非お試しください。

必ず成功に導くとは限らないことはご承知願います。本当は、これを機に禁煙するようになれば良いのですが。

あわせて読みたい

ベランダ喫煙は、「モクハラ」と言って、 ハラスメントの一種です。

愛煙家の皆さん、わざわざベランダで吸わないで、部屋の中で吸ってください。その方が隣近所の苦情がなく吸えるのではないでしょうか。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.