その他

固定資産税は年末調整で控除できるの?誤解が多い所得税の還付

目安時間 4分
  • コピーしました

「固定資産税は年末調整で控除できるの?」と疑問を持たれている方も結構いることが分かりました。

残念ながら、固定資産税は年末調整で控除することはできません。控除できると誤解している方も多いのではないでしょうか。

年末調整とは、給与所得を得ている人が、源泉徴収した税金の合計額と本来納付すべき税金の合計額のズレを解消するために、正しい所得税額を納める手続きを行うものです。

  • 固定資産税は年末調整で控除できるの?

固定資産税は年末調整で控除できるの?

意外と疑問に思っている方が多いのが「固定資産税は年末調整で控除できるの?」ということです。年末調整で、支払った固定資産税が還付されると嬉しいですけどね。

人的控除として、扶養控除や障害者控除があります。物的控除として、生命保険料控除や社会保険料控除があります。しかし、固定資産控除はありません。年末調整と固定資産税は直接関与しません。

勘違されている方は、恐らく「住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)」のことなのではないかと思います。住宅ローンを用いて、住宅の取得を行った方へ対する控除の制度です。

「住宅ローン減税」であれば、1年目に確定申告を行い、2年目以降は、年末調整で控除が行われるからです。

住宅ローン減税の変更は

金融機関に支払う住宅ローンの返済利息の支払い額よりも住宅ローン減税による節税額が多い状態「逆ざや」状態を解消すべき、2022年度の税制改正が検討されている段階です。

2022年度の税制改正で、住宅ローン減税がなくなるというわけではありません。

現在の住宅ローン減税

住宅ローンの年末談高の1%(上限4000万円)、最大40万円/年×10年間
.

今後の住宅ローン減税

住宅ローンの年末談高0.7(上限3000万円)、最大21万円/年×調整中(10年間または13年間?)

あわせて読みたい

「固定資産税は年末調整で控除できるの?」という疑問に対しては、「できません」というのが答えとなります。

今後(2022年度の税制改正)の住宅ローン減税については、現在よりも減税額が減る見込みであることは確定しています。

どこで折り合いを設けるのかというのが焦点となっています。マンションは、住宅ローン減税があるから購入するのではなく、必要となった時に購入することが後悔のない買い方であると思います。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。
  • コピーしました

   その他   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。