Sponsored Link




管理組合

修繕積立金の値上げ時期は早い方がよい理由

更新日:

分譲マンションを購入すると、管理費のほかに修繕積立金を支払うことになります。マンションの販売当初は、修繕積立金の金額を安く設定していることが多いために、早めに修繕積立金を値上げした方が健全なマンション管理を行えます。逆に、販売当初の修繕積立金のままのマンションでは危ないと言わざるを得ない理由について綴ります。

Sponsored Link

マンションの修繕積立金とは

分譲マンションは、購入したら終わりなのではありません。購入してからがスタートなのです。

マンションの修繕積立金とは、建物の壁や屋上、エントランスなどの共用部分の維持や修繕を行うための「大規模修繕工事」などに必要な資金を徴収して、積み立てる性質のお金です。

状況によっては、「大規模修繕工事」まで待たずして修繕を行うこともありますが、修繕のための費用が賄えないようでは困りものです。

管理費のように、マンション管理のために毎月使用されるべきお金ではありません。管理費が不足しているからと言って、修繕積立金から帳尻を合わせることは避けるべきなのです。

販売当初の修繕積立金が安い理由

マンションの販売当初に設定している修繕積立金の金額は、安く設定しているのが一般的です。

修繕積立金の金額は、パンフレットやホームページ上に掲載されているほか、売買契約を結ぶ契約書の中にも記載しています。

修繕積立金のほかにも、分譲マンションの販売時のみ「修繕積立基金」という一時払いの額も示されています。中古マンショなの場合は、必要ありません。

なぜ、販売当初の修繕積立金が安く設定しているのでしょうか。それは、マンションの物件価格を少しでも安く見せて、販売を促進するという販売側の狙いがあるからなのです。

さすがに、「修絶積立金」ゼロ円という極端なマンションのパンフレットやホームページは見たことがありませんが、明らかに将来不足するであろうと想像するに難しくない「修繕積立金」を設定しているマンションは見たことがあります。

「修繕積立金」も「修繕積立基金」も修繕のための費用であることには変わりません。「修繕積立基金」が存在する意味は、一回だけの支払いなのだからと抵抗がないようにしているからです。

「修繕積立金」の安さに騙されてはいけませんよ。いつまでも当初定めた「修繕積立金」が続くとは限らないのですから。

逆に「修繕積立金」の金額が、何年にも渡って値上げされないままのマンションは、適切な修繕ができないために資産価値がなくなり、住みにくいマンションになってしまいます。

Sponsored Link

値上げ時期は早い方がよい理由

大規模修繕の時期が近づいてきて初めて、「修繕積立金」の金額は妥当であろうかと検討し始めるマンションがあります。

検討を始めるだけマシではありますが、どうせ検討するのであれば、もっと早くから検討すべきだったのではないかと思います。

正直、「修繕積立金」を値上げされると、家計に響くのでできれば避けたいと思うのが本音だと思いますが、値上げせずにそのままだと後から困ることになります。

それは、一時金の徴収です。「大規模修繕工事」の実施時期になっても、修繕積立金の金額が少ない場合は、各戸一時金として数万円から数百万円の金額を徴収される場合もあります。

いきなり「一度に数万円から数百万円を支払え」と言われても、余裕で準備をしているお部屋ばかりではないので、必要な「大規模修繕工事」が行えないことになります。

「修繕積立金」の値上げは早い方がよいのか、その理由は次の2つからです。

穏やかな値上がりで住民の理解も

値上げを早くに検討すると、余裕を持って大規模修繕工事を迎えることができます。準備期間が長い分、値上げ幅を少なくすることができますので、住民にとっても値上げの負担が少なくて済むのです。

例えば、毎月2000円値上がりする場合と、毎月5000円値上がりする場合であれば、穏やかに値上げする前者の方が住民の負担は少ないです。

「修繕積立金」の値上げには、通常総会又は臨時総会による議案の採決が必要となりますから、住民の賛成も得られやすいのではないでしょうか。

大規模修繕の見直しが早急に

大規模修繕工事を行う「長期修繕計画」は、すでにどのマンションでも計画されていることだと思います。

「長期修繕計画」は、一度立てればよいというものではなく、定期的な見直しが必要となります。

「長期修繕計画」を見直す場合には、予算が必要ですから、早い段階から修繕積立金の妥当性が判断できるのです。

あとがき

マンションを購入する場合に必要な修繕積立金。異常に修繕積立金の金額を安く設定して販売していないかどうか見極めも必要です。修繕積立金の金額を値上げするのであれば、早い時期に見直しを行うべきです。

修繕積立金の値上げ時期は早い方がよい理由

住民の理解が得られやすい穏やかな値上げが設定できる。
長期修繕計画への反映も早めにできます。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.