購入

マンション最上階角部屋のデメリットは暑さや寒さ以外にも

投稿日:

マンションのどのお部屋を選ぶのかは重要なテーマです。購入時に選んだお部屋によって、快適に過ごせるのかどうかが決定するからです。

最上階角部屋のお部屋は人気が高いですが、デメリットとして暑さや寒さ以外にもあります。十分に検討しましょう。

  • マンション最上階角部屋のデメリットは
Sponsored Link

マンション最上階角部屋のデメリットは

マンション選びの場合は、どの部屋にするのかを選ぶ楽しさもあります。

予算的に選択できる部屋が決まってしまいますが、人気のある部屋が最上階角部屋です。

上階に住む人がいないため、住んでから騒音のトラブルに巻き込まれる可能性が極めて少ない。お隣とは、片方しか接していないため気を遣う心配が半減するなどのメリットがあるからです。

最上階角部屋はメリットだけではなく、デメリットとして、暑さや寒さの影響を受けやすい部屋であることは言うまでもありません。外側と接している面積(壁や天井)が大きいためです。

最上階角部屋は、お隣からの影響を極力受けることのない部屋であることは理解できますが、自然からの影響は避けられません。

暑さや寒さ以外にも、デメリットとして次のように考えられます。

移動が不便

最上階角部屋は、移動が不便です。エレベーターに乗る時間が長い、エレベーターへ乗るまで長い廊下を歩かなければならないということが言えます。

災害が起こって停電した場合は、エレベーターが使えませんので、階段で避難しなければなりません。

自宅で避難生活を行う場合でも、買物の場合は、長い階段を歩かなければならないのです。

価格が高い

最上階角部屋は、マンションでも限られた部屋です。希少性のある部屋のため物件価格が高くなっています。

マンションは、階数が上がるほど物件価格が高くなっているのが普通です。広い専有面積ですから、物件価格に反映されて当然です。

維持費が高い

最上階角部屋は、マンションの中でも広く作られている場合が多いです。管理費や修繕積立金も専有部分の面積比によって変動しますので、必然的に維持費が高くなってしまいます。

窓が多い

窓が多いことが、なぜデメリットとなるのでしょうか。窓が多いと、外からの音(交通量の多い場所では車の走る音)などが届きます。

窓が多いことで、家具などを置く場所や高さ/長さが制限されます。さらに、カーテンが必要となるため窓の大きさにあったサイズを購入する必要があります。

防犯面で不利

「オートロックのマンションだから安心安全。」と思っていませんか。不審者がマンションに侵入してしまうと、屋上から泥棒の被害に遭いやすいです。

最上階角部屋と言っても、マンションが何階建てなのかにもよりますけど。また、どの地域に建てられているのかにも左右されます。

あわせて読みたい

最上階角部屋のメリットだけを考えて、購入すると、後で後悔してしまいます。

見晴らしの良さや階下の影響を受けないというメリットがある反面、いくつかのデメリットも存在しますので、十分検討してください。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.