Sponsored Link




購入

大規模マンション後悔しないために認識すべきデメリット

更新日:

分譲マンション購入の際に迷うのが、物件規模です。概ね100戸以上のマンションを大規模マンションに分類されますが、大規模マンションの購入で後悔しないために、あらかじめ認識していて欲しいデメリットを綴ります。メリットのみというマンションは存在しませんから、事前にデメリットを認識しておくべきです。

Sponsored Link

大規模マンションとは

何戸以上が「大規模マンション」に分類されるのかは、明確な数字が存在しません。概ね100戸以上のマンションを大規模マンションと呼ばれています。

大規模マンションに比較して、100戸未満のマンションを小規模マンションと呼びますが、どちらもメリットのみというマンションは恐らく存在しないのではないかと思います。

「大規模マンション」は、大規模マンションならではのメリットとデメリットが存在し、「小規模マンション」は、小規模マンションならではのメリットとデメリットが存在します。

認識すべきデメリット

「大規模マンション」購入の際に、あらかじめ認識しておいて頂きたいデメリットを綴ります。

マナーが悪い人がいる

「大規模マンション」では、様々な人が住んでいます。育った環境や考え方・常識が異なる人が、ひとつ屋根の下で暮らしているのです。

ですから、マナーの悪い人が一定数いることがあります。マナーが悪い人がいるのは、何も「大規模マンション」だけに限りませんが、より多くの人が集まっているのが「大規模マンション」ですから、マナーに関しても色々な人がいるということです。

マナーの悪さは、他の人に感化されてしまいます。ゴミ出しのルール(分別や曜日など)を守らない、廊下にモノを置く、早朝・深夜に騒ぐ、ベランダで喫煙する、挨拶をしないなどです。

これらのルール違反は、周囲の迷惑を考えない自分勝手な行動からマナーが悪く、トラブルに発展するケースが多いです。

「小規模マンション」だったら、マナーが悪い人はいないのかと言えば、そうではありません。あくまでマナーが悪い人が多い確率が多いと言うのが「大規模マンション」ということです。

Sponsored Link

エレベーター待ちが長い

「大規模マンション」に設置しているエレベーターの数や位置・住んでいる階数などによっても異なりますが、通勤や通学時のピーク時間にエレベーターを待つ時間を長く感じるかもしれません。

時間的余裕がない場合に、エレベーター待ち時間が長いと感じるのは人間誰でもなのではないでしょうか。低階層であれば、階段を使うという手段を用いてエレベーター待ちを回避することができます。

エントランスまでが遠い

お住まいの自宅からエントランスまでの距離が長くなりがちなのが、「大規模マンション」のデメリットです。

長い廊下を歩かなくては行けなかったり、広いロビーを通る必要があったり、敷地面積そのものが大きいのが「大規模マンション」の特徴なのですから。数か所にエントロランスが設けられる「大規模マンション」もありますけどね。

ゴミ捨て場までが遠い

毎日使うわけではありませんが、ゴミ置き場までが遠い場合があります。ゴミ置場の位置が決められているのですから、自宅からの距離が遠い場合もあります。

あまり近くても匂いや音の問題も発生しますから、ほどほどの場所にあることが嬉しいのですが、「大規模マンション」の場合は、ゴミの量も大規模となります。

エレベーター、エントランス、ゴミ捨て場、要するに動線が長くなるということです。

コミュニティが希薄

「小規模マンション」であれば、例えば、10年単位で管理組合の役員が回ってきたとしても、「大規模マンション」だと、30年単位で役員が回ってきます。

メリットでもありデメリットでもありますが、管理組合に携わる頻度が異ります。コミュニティが希薄となりがちなのが「大規模マンション」です。

「大規模マンション」の中には、夏祭りやクリスマス会などの行事を行うことで、コミュニティを強化するマンションもありますが、何の行事も全くないマンションも存在します。お住まいのマンションによって異なります。

コミュニティの希薄さが、大規模修繕工事などの合意形成に影響を及ぼします。ツケはどこかで回ってきますよ。

大規模修繕工事が長い

「大規模マンション」の大規模修繕工事は、工事の範囲が広くなりますので、当然工事期間が長くなります。

大規模修繕工事中は、建物に足場が組まれベランダにネットが張られます。大規模修繕工事中は、日当たりが悪くなるため、長期化することは避けたいところなのです。

毎年、大希望修繕工事が行われるわけではありませんが、「大規模マンション」であればあるほど工期が長くなるのはやむを得ないことかと思います。

大規模マンションであれば、合意形成が難しいというデメリットも存在します。

おわりに

「大規模マンション」を購入する場合にも、認識すべきデメリットが存在します。あらかじめデメリットを認識しておくことで、後悔することが少なくなるのではないでしょうか。

多くの人が住む「大規模マンション」では、考え方や常識が各々相違します。その中で、ルールを明確にして、お互いに住みやすい環境を作ることが必要だと感じています。そのためには、協力が不可欠となります。

「大規模マンション」を購入してから、こんなこととは思わなかったと後悔をしないようにしましょう。

お断り:大規模マンションを選ぶことは危険であるというわけではありません。大規模マンションには、メリットも存在します。

大規模マンション後悔しないために認識すべきデメリットは。

大規模マンションならではのデメリットをあらかじめ認識する必要があります。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.