物件情報

高齢者専用マンションIOTで見守り負担軽減!サンミットひたち野東ステーションフロント

投稿日:

茨城県牛久市ひたち野の高齢者専用マンション「サンミットひたち野東ステーションフロント」では、IOT(Internet of Things)機器を用いた見守り負担を軽減する取り組みを行っています。

24時間常駐の専門スタッフ、医療施設の併設など、高齢者シニア世帯が住まうのに適した設備が整えられています。

入居者も家族や親族にとっても、安心/安全が確保された高齢者専用マンション「サンミットひたち野東ステーションフロント」です。

  • 高齢者専用マンションIOTで見守り負担軽減!
Sponsored Link

高齢者専用マンションIOTで見守り負担軽減!

高齢者専用マンション「サンミットひたち野東ステーションフロント」の取り組みは良いシステムだと思います。

IOT(Internet of Things)機器を用いた見守り負担を軽減する仕組みを導入しています。例えば、東電エナジーパートナーの協力で、エネルギーセンサーを用いて家電の使用状況等から異常を検知すると、管理運営室のパソコンへ通知が行われます。

毎日利用する電化製品の使用頻度を測定することで、熱中症の恐れなどを事前に察知して、大事に至らないような仕組みが構築されています。高齢者専用マンションならではの安心の仕組みだと思います。

「サンミットひたち野東ステーションフロント」では、昼夜専門のスタッフが常駐、コンシェルジュサービスを受けられるなど随所に高齢者に住みやすいマンションであることが分かります。

「終の棲家」として、一戸建てからマンションに移り住む人が多くなっています。一戸建てだと古くてバリアフリーや手すりがないため、リフォームが必要となります。

であれば、高齢者専用マンションに移り住んだ方が、医療の面でも安心して住むことが出来ます。

これは、本人のみならず家族や親族にとっての安心材料と言えるのではないでしょうか。

「サンミットひたち野東ステーションフロント」は、最寄り駅の「ひたち野うしく」までペデストリアンデッキ(雨でも傘が不要)でつながっているため、車の移動を必要としません。

温泉・レストラン・ビリヤード・シアタールーム・カラオケルーム・多目的ルーム等、充実の設備も嬉しい限りです。

何より、同じような年齢で立場が一緒ですから、毎日が楽しく過ごせるのではないでしょうか。

総戸数も、226戸と大規模マンションですので、スケールメリットを感じることが出来るのではないでしょうか。

公式ホームページ

「サンミットひたち野東ステーションフロント」の公式ホームページは、サンヨーホームズのページとなります。

あわせて読みたい

IOT(Internet of Things)機器を適切に用いれば、メリットとなる好事例であると言えるでしょうね。技術の進歩が、住む人に余裕をもたらしてくれます。

高齢者専用のマンションですから、高齢者にとっての住みやすさを理解しているのではないでしょうか。

高齢者(シニア)が増加する傾向があることはすでに統計等で分かっている時代です。これからの先を見据えて、マンションもIOTを活用する方向になるのではないでしょうか。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-物件情報

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.