マンション管理士

マンション管理士の仕事は楽なのか?実際に働いている人の情報から

投稿日:

マンション管理士の資格を活かした仕事に就きたいと思っている方が気になるのは、マンション管理士の仕事は楽なのだろうか?ということです。

実際に、マンション管理士の仕事を行っている方の情報を調べてみました。これから、マンション管理士を目指す方への参考になれば幸いです。

  • マンション管理士の仕事は楽なのか?
  • 実際に働いている人の情報は
Sponsored Link

マンション管理士の仕事は楽なのか?

マンション管理士は、国家資格となります。それだけに合格率も低く、毎年受験しているのに「受からない!」と嘆いている方も多いです。

独学で勉強して受かれば、幸いだと思います。しかし実際には、スクールに通ったり、通信教育を受講して難関「マンション管理士」の受験に臨むことが多いです。

学生ならまだしも、働きながらの国家試験を受験するのは、マンション管理士に限らず大変です。時間を有効に活用するのであれば、通勤時間や休憩時間を有意義に使えるオンライン方式での学びが最適です。

スマホがあれば、どこでも学べるオンラン授業。動画の授業を見ることで、内容が頭に入るのではないでしょうか。

国家試験「マンション管理士」を制するためには、長年に渡って、国家試験を研究してきたプロの力を頼るのも悪くないと思います。

「マンション管理士」にチャレンジするからには、「絶対合格するぞ!」という意気込みが大切です。



マンション管理士とは、どんな仕事内容なのでしょうか。

マンション管理組合や住民の相談を受けて、法律に照らし合わせてトラブルを解消したり、大規模な改修などの計画を立てたり、マンション運営が適正に行なわれるように手配するコンサルタントを行います。

管理組合では、法律などの専門的な知識が豊富ではありませんが、マンション管理士の適切なアドバイスや補助は必要とされています。人の役に立つ仕事となります。

実際に働いている人の情報は

実際にマンション管理士として働いている人がツイートしています。法律面の知識では、管理組合には負けないという自負があるようです。

マンション管理士は、人と接することが苦手な方や、揉め事の仲裁に入ることが得意ではない方にとっては精神的にきついと感じてしまうかもしれません。

体力的に厳しいわけでもなく、高齢者の多くがマンション管理人として働いていますので、年齢的なハンディはそれほどない仕事だと言えるでしょうね。

仕事が楽かどうかと言えば、どんな仕事も楽な仕事はありません。マンション管理士は、どこでどんな環境で働くのかによって左右されがちです。

マンション管理士だけではなく、管理業務主任者・宅地建物取引士・危険物取扱者・ボイラー技士などの資格もあると仕事の幅が広がります

あわせて読みたい

マンション管理士の仕事は、管理組合への良きアトバイザーです。

新型コロナウイルスの影響で、理事会や総会が行われていない管理組合も多いと聞きます。

マンション管理士の適切なアドバイスで、ZOOMを用いた理事会の開催を促して、開催を行ったマンションもあります。

マンション管理士は、困ったことを解決に導くやりがいのある仕事なのではないでしょうか。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-マンション管理士

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.