管理組合

マンションで石油ストーブの規約が存在する理由は

目安時間 6分
  • コピーしました

マンションで石油ストーブや石油ファンヒーターの使用を禁止する規約が存在する理由は何でしょうか。「暖房器具くらい好きなように使用させてよ。」という方もいるでしょう。今まで冬場の定番の暖房器具として使ってきたのに残念に思います。なぜ、マンションでは、石油ストーブや石油ファンヒーターの使用禁止の規約が存在するのでしょうか。

冬場の暖房器具は何があるか

寒い冬を乗り切るのに欠かせない暖房器具の代表として、石油ストーブや石油ファンヒーターの存在があります。

子どもの頃から使用していたあるいは賃貸時代から使用していたからと馴染みの深い身近な暖房器具なのではないでしょうか。代表的な暖房器具を綴ります。

石油ストーブ

灯油を燃料として暖める暖房器具です。気密性が高いマンションでは、換気不足による一酸化炭素中毒を引き起こす原因にもなります。

毎年、石油ストーブが原因の不幸な火災が発生して尊い命が失われる事故が発生しています。石油ストーブを使用する場合は、定期的に喚起を行う必要があります。石油のにおいがするのも苦手という方もおられます。

石油ファンヒーター

石油ストーブ同様、灯油を燃料として暖める暖房器具です。熱を送風ファンによって、排出することで暖かくする電気製品の一種です。ほかの暖房器具に比べてランニングコストは安いとも言われています。一般家庭では、よく使用されている暖房器具です。

石油ストーブも石油ファンヒーターも、灯油が燃料ですので、定期的に補充しなければならないという煩わしさがあります。冬場になるとマンションの近くまで、灯油の販売車がきますが、灯油を運ぶのが重くて大変ですけどね。

Sponsored Link

エアコン

エアコン(エアコンディショナー)は、性能が飛躍的に向上して、使いやすくなりました。機密性の高いマンションですから、エアコンを使用すれば、長時間暖かくなります。火を使うわけではないので、安心/安全な暖房器具と言えるでしょう。

上位機種ともなると、センサーが人の居る場所を自動的に感知して、無駄の少ない効率的な暖房が可能となっているエアコンも存在します。年々進化しているエアコンです。エアコンは、冬場だけではなく、夏場でも活躍する暖房機です。

オイルヒーター

オイルヒーターとは、フィン(放熱板)内に密閉した難燃性のオイルを電熱器で暖めて、フィン自体が熱を発し、暖められたフィンと室内の空気の温度差によって生まれる空気の自然な対流や、フィンから発せられる輻射熱により、じんわりと部屋を暖める暖房器具です。

ただし、オイルヒーターは、暖まるのが遅いというデメリットがあり、電気代が高いとも言われている暖房器具です。

こたつ

日本の冬の風物詩を思わせる暖房器具が「こたつ」なのではないでしょうか。特に和室で使用するのに最適な暖房器具だと思います。こたつのテーブルの下(やぐら部)にヒーターなどの発熱体を設置して、こたつ布団でテーブル全体を覆う暖房器具です。

こたつに入って、ミカンを食べながらテレビを見て一家団欒という光景が目に浮かぶのではないでしょうか。

最近では、一人暮らしタイプやテーブルタイプの「こたつ」、家具調こたつが発売されるようになってきています。需要があるという証拠なのですかね。

こたつの中に入ると暖かくて気持ちがよいので、こたつの中で寝てしまいますが、こたつのつけっぱなしにはご注意が必要です。

石油ストーブの規約が存在する理由

色々な暖房器具が存在しますが、マンションでは石油ストーブや石油ファンヒーターの使用を禁止する規約が存在することがあります。規約とまでいかなくても、使用を控えるようにという貼り紙が出されることもあります。

なぜ、マンションでは、石油ストーブや石油ファンヒーターを使うことを禁止しているのでしょうか。理由は、火災の防止と一酸化炭素中毒による事故防止のために禁止されています。

火災が発生すると、マンションでは大きな被害に拡大する恐れがあるし、機密性の高いマンションですから、換気を行わないと一酸化炭素中毒になりやすいからなのです。

火災や事故が起こってしまってからでは遅すぎます。寒くなる冬の季節、暖房器具にも気をつけて過ごしたいものです。

管理組合としても、石油ストーブも石油ファンヒーターの使用を禁止するという明確な周知が、マンション住民に毎年必要かと思われます。

おわりに

マンションで石油ストーブや石油ファンヒーターの使用を禁ずる規約が存在することに、マンション購入後に知って驚く人もいます。しかし、マンションでの火災や事故が起こらないように存在する規約ですから、守らなければなりません。

規約で定められていなくても、石油ストーブや石油ファンヒーターをマンションで使用するのはマナーとしていかがなものかと思います。管理組合の注意事項として掲示板に、使用を控えるように貼りだされることもあります。

石油ストーブや石油ファンヒーターに頼らずとも、様々な暖房器具がありますので、ルールを守って快適なマンションライフをおくりたいものです。灯油を運ぶ姿をマンションの誰かに目撃される恐れもありますよ。

マンションで石油ストーブの規約が存在する理由は。

火災や事故が起こることを避けるため。
  • コピーしました

   管理組合   0

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。