Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




その他

老後はマンションに住み替えがベスト?低年金者ニュースから

投稿日:

沖縄タイムズが配信したニュース「年金月4万5千円『死ぬのを待つだけなのか』食事は半額セール ひざの痛みも我慢」を読んでつくづく感じたことは、老後はマンションに住み替えがベストなのではないかと思うことです。老後の生活を維持するためには、住まいの確保は若いうちから必要であると感じました。

老後はマンションに住み替えがベストなの?

老後はマンションに住み替えがベストなのかについて綴ります。

2019年7月15日(月/海の日)に沖縄タイムズが、「年金月4万5千円『死ぬのを待つだけなのか』食事は半額セール ひざの痛みも我慢」というニュースが配信されました。

最近、老後関係のニュースが多く配信されるようになってきたように思います。高齢者が増えたことや「公的年金だけでは、老後の2000万円足りない!」と言った国民の不安を煽る金融庁からの報告書があったことが背景にあるのではないかと思います。

沖縄タイムズのニュースによると、那覇市に住む女性(75歳)は、2カ月に1度手にする国民年金は9万円。貯金はなく、月4万5千円が生活費の全て。大半が市営住宅の家賃と光熱・通信費に消える。残る食費は1万7千円で、1日に使える金は平均約560円であるという。

低年金者のニュースを聞いてどのように感じたであろうか。毎月4万5千円も支給されているのであれば、食うのには困らないのではないだろうか。生活が苦しいということを主張しているのだが、この方以上に苦しんでいる人がいるのではないか。

月4万5千円のうち、食費が1万7千円ということは、家賃と光熱・通信費は2万8千円ということになる。75歳の女性であれば、光熱・通信費はそんなに多くはないので、大半が家賃であると予想できます。

沖縄の月平均年金受給額は、国民年金が5万2134円と全国最低ながら、まだ年金の支給があるだけ「まし」と言わざるを得ない。現在の30代・40代が70代になったころは、同じような年金支給があるのかが怪しい状況だからである。

国民年金の支給が満額でないところを見ると、国民年金への加入期間が短かったのではないかと思われる。何らかの原因で加入期間が短いため、支給金額に反映が行われています。

年金の受給資格期間が、25年から10年に短縮されたこともあり、短い期間でも年金を受給できる機会も増えました。

将来のことは誰にもわかりませんが、「年金」という制度がある限り、加入しておくべきなのではないか?と考えます。

老後はマンションに住み替えがベストなのかですが、現在一戸建てにお住まいの方あるいは賃貸マンションにお住まいの場合は、身の丈にあったマンションの購入をおすすめします。

必ずしも新築マンションでなくてもよいので、老後に備えて住居を確保しておく必要があります。

まだ20代や30代の若い人であれば、老後のことは考えられないかもしれませんが、若い今から準備しておかないと手遅れになる可能性もあります。

賃貸からの住み替え、身の丈にあった住み替え、将来を視野に入れた住居生活を検討しましょう。

Sponsored Link

【関連記事】
ギフトカードがもらえるプレゼント
マンションは購入か賃貸かメリットとデメリット
「老後はマイホームのほうが安心」は本当なのか?感想
分譲マンションの購入は20代では早すぎるのか?
アドレスホッパーにデメリットはないのか?
一戸建とマンションどっちがいいか究極の問題
シニア向けマンション購入のポイントを理解しよう
中高年こそマンション購入すべき3つの明確な理由

おわりに

老後はマンションに住み替えがベストなのでしょうか。低年金者のニュースが報道されています。

現役の時代に、老後に備える準備をどの程度行ったのかが問われます。若い頃の生き方によって、老後の人生にも影響を及ぼします。

実際に、月4万5千円で生活が可能なのかどうかを実験的に行ってみてはいかがでしょうか。実際最低限いくらあれば生活が維持できるのかを把握することは重要なことです。月4万5千円で生活できるのか準備の必要性を身を持って分かるのではないだろうか。食事は半額セールを利用するのは当然でしょうね。

少なくとも支払った年金の分だけは、受け取れるような制度を維持してほしいものですね。

老後はマンションに住み替えがベスト?低年金者ニュースから

将来を悲観するニュースが多いです。若いうちからの準備が必要です。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.