その他

ニューノーマルは誰が言い出したのか?ビジネスチャンスの時代か?

投稿日:

いつのまにか「ニューノーマルの時代」と言われて随分と経ちます。「ニューノーマル」は、誰が言い出したのでしょうか。

「ニューノーマルの時代」だからこそ、ビジネスチャンスだと言わんばかりに、複合型賃貸マンションの運用を開始します。

朝日綜合株式会社が手掛けるニューノーマルに対応した複合型賃貸マンションでは、コワーキングスペースが月額で借りられます。中庭の休憩スペースにはドッグランまであります。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務(テレワーク)を行っている会社が増加していることをビジネスチャンスとして捉えた事例です。

  • ニューノーマルは誰が言い出したのか?
Sponsored Link

ニューノーマルは誰が言い出した

いつのまにか「ニューノーマル(New Normal)」という言葉が、違和感なく使われ初めました。

「ニューノーマル」を直訳すると「新しい常態」ということになります。厚生労働省が2020年5月に発表した「新しい生活様式」で推奨されるテレワーク(在宅勤務)を代表する働き方も「ニューノーマル」の時代の象徴ですね。

初めて「ニューノーマル」という言葉を用いたとされているのは、世界中にインターネットが普及した2000年代初頭に投資家のロジャー・マクナミー氏が言い出したと言われています。

インターネット時代が到来したことにより、これまでのビジネスモデルや経済論理が通用しなくなるという考えでした。

まだ2000年初頭と言えば、「コンピューターの2000年問題」で注目された年です。結局大きな問題は起こりませんでしたけどね。

ビジネスチャンスの時代か

朝日綜合株式会社は、ニューノーマルに対応した複合型賃貸マンションの運用を開始します。

新型コロナウイルスの影響で、働き方や暮らし方にも変化が顕著に訪れています。在宅勤務(テレワーク)の増加で会社へ行かなくても自宅で仕事を行うことができる環境が求められています。

だから言って、専有部分で在宅勤務(テレワーク)の仕事が出来る環境がある人は少ないと思います。専用の個室(書斎)があれば良いですが、家族が過ごすリビングや中にはトイレの中でリモート会議を実施するという強者もいるほどです。

「パークヒルズ中通」では、秋田県初の曜日指定で借りられるオフィスして登場!秋田新幹線秋田駅/奥羽本線秋田駅まで徒歩10分という立地の良さもありますが、インターネット環境完備、電気料不要で、原状回復義務無しという好条件の物件です。

施工年月は、1978年(昭和53年)年11月と古いのは仕方がありませんが、ニューノーマルの時代に住みやすいマンションではないでしょうか。

在宅勤務(テレワーク)では、通勤がないので、運動不足になりがちです。欠点を補うようにドッグランもある運動休憩スペース(中庭)も用意されています。

あわせて読みたい

建物が古いデメリットを補うようにニューノーマル時代にふさわしいリニューアルを行っています。

例え建物が古くても、必要とされるサービスを提供するならば、人々のニーズはあるのではないでしょうか。

全国には、古いマンションで借り手がいなくて困っているマンションがあるはずです。解決方法のお手本になると良いですね。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.