その他

涙目は建築の用語?意外に重要な緩衝材!外しちゃダメですよ!

投稿日:

扉が開く先に「涙目」が着いているでしょうか。透明で小さな緩衝材ですが、涙目の役割りは重要です。

初めて涙目を見た時には、何でこんな物が壁に着いているのだろうか?と疑問に思ったものですが、扉を閉める位置には涙目がついています。

建築用語の「涙目」とは、樹脂性の小さな緩衝材のことです。一般の人には分かりづらいのでは思う言葉ですが、なかなかユニークなネーミングだと思いました。

  • 涙目は建築の用語?意外に重要な緩衝材!
  • 涙目を紛失した場合はどうする?
Sponsored Link

涙目は建築の用語?意外に重要な緩衝材!

涙目(ナミダメ)という言葉、聞いたことがありますか。涙目とは、建築用語で樹脂性の小さな緩衝材のことを指します。なかなかユニークな建築用語だと思いました。

建築用語に詳しくない人に聞くと、涙目と言われても分からないことだと思います。実は、私も何のことなのか分かりませんでした。

涙目とは、クリアーバンパーやクッション戸当たりとも言われている緩衝材のことで、ドアが当たる先の部分に取り付けてあります。

涙目を知らなかったときは、「何か変な物がクロスに貼り付いている!」と取り外そうと思ったこともあります。

でもよくよく考えると、この突起物で、ドアがダイレクトにあたるのをカバーしているのだと分かりました。でも、名前が分からなくて、どのように読んだら良いのかが分かりませんでした。

ある日、会社で改装工事が行われることになりました。改装工事を担当していた人に、恥ずかしかったですが、「クロスに着いている透明な物は何ですか?」と聞いたら「“涙目”という建築用品ですと教えてくれました。おかけで喉のつかえがスッキリと取れました。

涙目を紛失した場合はどうする?

涙目を紛失した場合はどうするのでしょうか。涙目も経年劣化に伴い落ちて紛失してしまうことがあります。

お近くのホームセンターで取り扱っていないか確認しましょう。ホームセンターの店員に「涙目」と言っても通じない場合があるので、「クリアーバンパー」「クッション戸当たり」と言った方が良いかもしれません。

お近くのホームセンターになかった場合は、通信販売でお買い求めいただくことをおすすめ致します。

あわせて読みたい

どんな業界にも、業界用語はあります。でも建築用語の「涙目」って、ちょっとかわいい表現だと感じました。

涙目という商品自体も、小さくてかわいい存在ですけどね。でも、涙目の役割は大きいです。扉を傷つけないように緩衝材として発揮してくれるのですね。

「涙目」って、あたると痛いという意味でネーミングされたのでしょうか。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.