Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




管理組合

自転車置場のラック式 駐輪台数不足の解決方法は

更新日:

分譲マンションの共用施設として自転車置場があります。マンションの敷地面積には限りがあるため、十分な自転車置場が確保できない場合に、ラック式の駐輪場が採用されます。子供が大きくなって自転車に乗り出すと駐輪場が不足してしまいます。問題を放置するとエントランスに駐輪するなど美観や事故につながりかねません。

Sponsored Link

自転車置場が不足するのは

自転車は、誰でも乗れて、ちょっとした移動に便利な乗り物です。

分譲マンションを購入する場合は、共用施設である自転車置場の位置や屋根があるか、ラック式か平置式なのかなどは確認しますが、全体の駐輪場台数まで気にして購入する方はあまりいないのではないでしょうか。

自転車置場がマンションに設置されているのが当たり前で、自転車置場までの自分の部屋から距離が近いや遠いは気にするかもしれませんね。

新築マンションの販売時には、「1住戸2台まで駐輪可。」などと管理規約で定められているとは思いますが、時間の経過とともに、1住戸2台以上の自転車置場が必要になってくる場合があります。

子供が小さい時は、自転車が不要だったのに、中学生や高校生になると、通学などで自転車が必要になってくるようになるので、自転車置場が不足することになります。

自転車置場が満杯で駐輪出来ない場合は、エントランス近くに置くかお住まいの玄関先に駐輪するといったことが発生して、見た目にも美しくないですし、防災の観点からも良くないことになります。

玄関先に駐輪するとなると、エレベーターに自転車を乗せて運ぶという別の問題も発生します。

一人だけならまだよいのかもしれませんが、一人が自転車置場以外の場所に駐輪すると、次々と自転車置場以外に駐輪することになってしまいます。

Sponsored Link

駐輪台数不足の解決方法は

不要自転車の撤去と貸出を

まず初めに、駐輪台数不足に取り組むべきことは、自転車置場に駐輪している自転車の整理です。公営の駐輪場が整理するように、不要な自転車を洗い出して、撤去することです。

使われてもいない自転車が、長い間自転車置場に放置されている場合がありますので、必要な自転車と不要な自転車を区別するのです。

区別する方法は、自転車専用ステッカーを作って、自転車に貼ってもらうことが一番効果的です。自転車専用ステッカーを有料化すれば、不要な自転車も抑制できるのではないでしょうか。

その上で、空いたスペースを必要な人に貸し出すルールを作ることです。自転車置場を貸す人と自転車置場を借りる人は、管理組合や管理会社が仲介をすることで、多少の金額のやりとりを行ってもよいでしょう。

自転車置場の増設を

単純な自転車置場の増設

一番簡単な解決方法は、単純明快です。自転車置場そのものを増設することです。

簡単に増設できないから解決方法を探しているのだと思うかもしれませんが、駐車場に空いているスペースは見当たりませんか。バイク置き場に空きはないでしょうか。もしくは、マンション内に空きスペースはないでしょうか。

現在の自転車置場の近くには、増設スペースはないのかもしれませんが、マンションの敷地内をくまなく見て、増設できるスペースを見つけましょう。

大規模修繕工事の時に一緒に増設工事を行うとスムーズに設置できるのではないかと思います。

ラック式自転車置場の増設

ラック式の自転車置場は、どのようなラック式でしょうか。2段ラック式にすることで、単純に2倍の収容が実現します。

ただし、2段ラック式は、使い勝手がいまいちということを聞きますので、導入には注意が必要です。

導入されるまで使用のイメージが湧かない場合は、実際に導入されているマンションに協力してもらって、使用感を確かめたらよいと思います。

レンタサイクルの導入を

マンション購入の失敗談!東京やってしまった後悔ポイント3<マンション購入 東京都内編>」で購入した大規模マンションでは、レンタサイクルの貸し出し導入を行っていました。初めて見たレンタサイクルの貸し出しに感心したものです。

このマンションでも、当初は、駐輪場不足に悩んでいたということです。そこで理事会で検討した結果、レンタサイクルを導入することに決めたのだそうです。

マンションの住民に、レンタサイクル導入の是非を問うアンケートを行うなど、事前の準備もぬかりありませんでした。

毎日自転車を使う人にとっては、自分専用の自転車が必要ですが、たまにしか乗らない人にとっては、自転車を所有するのではなくレンタルするということの方がよいと思いました。維持費の節約やスペースの削減につながります。

レンタサイクルを使用する方は、年間の使用料を支払えば、いつでも好きな時に自転車を使ってもよいシステムとなっていました。

お住まいのマンションでも最適なレンタサイクルのシステムルールを作られてはいかがでしょうか。レンタサイクルを導入できるマンションは、管理組合やマンションに住むモラルがよいのでしょうね。

おわりに

自転車置場の駐輪場不足はよくある話です。2段ラックを使っても、収容しきれない自転車があるのは困りものです。不要自転車の整理と自転車置場の増設を検討してみてはいかがでしょうか。レンタサイクルの導入を検討するのも解決の手です。

自転車置場のラック式 駐輪台数不足の解決方法は

不要自転車の撤去と自転車置場の増設を行いましょう。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.