管理組合

長期修繕ナビを活用して修繕積立金の妥当性をチェック!

投稿日:

住宅金融支援機構の「マンションライフサイクルシミュレーション【長期修繕ナビ】」で、大規模修繕工事の目安を知ることが出来ます。

建物情報(戸数、面積、外壁仕様、築年数、廊下方式)、工事情報(実施時期など)、資金情報(修繕積立金徴収額、残高、借入金など)を入力することで、長期修繕計画や修繕積立金の額が妥当かどうか判断する目安が分かります。

マンションライフサイクルシミュレーション【長期修繕ナビ】は、住宅金融支援機構が無料で提供していますので、自マンションのチェックを行ってみましょう。

  • 長期修繕ナビを活用して修繕積立金の妥当性をチェック!
Sponsored Link

長期修繕ナビを活用して修繕積立金の妥当性をチェック!

住宅金融支援機構の「マンションライフサイクルシミュレーション【長期修繕ナビ】」で、大規模修繕工事の目安を知ることが出来ます。

下記のページから、真ん中辺りにある「シミュレーションを開始する」ボタンを押下して、シミュレーションを実施してみましょう。

ただし、新築年・敷地面積・建築面積・専有面積の合計・年間の修繕積立金徴収額・前会計年度末の修繕積立金総額(残高)などの事項が必要ですので、事前に必要情報を抑えておく必要があります。

「マンションライフサイクルシミュレーション【長期修繕ナビ】」を利用すると、

  • 今後必要となる大規模修繕工事の概算費用 (総額、工事項目別)
  • 現状の修繕積立金の収支状況(過不足状況)及び キャッシュフロー
  • 見直し後の修繕積立金の収支状況(過不足状況)及び キャッシュフロー
  • 今後40年間の収支計画

などがシミュレーションとして分かります。大規模修繕工事の概算費用が目安となり、毎月の修繕積立金額の妥当性が分かります。

お住まいのマンションでは、長期修繕計画(長計)を作成されていることと思います。長期修繕計画(長計)の金額をベースに修繕積立金の不足がないかチェックするのにも役立ちます。

長期修繕計画(長計)は、マンションの管理会社が主体となって作成することがほとんどで、作成された長期修繕計画の妥当性が、素人だと判断することが出来ません。

修繕積立金額が明らかに不足すると分かれば、管理組合中心に早めに手を打つことを検討して対策を講じることが出来ます。

大規模修繕工事は、戸数や築年数・エレベーター台数などによっても大きく左右され、どんな工事を行うのかによっても異なってきます。

あわせて読みたい

長期修繕計画(長計)と修繕積立金額の妥当性を判断するのにも良い住宅金融支援機構の「マンションライフサイクルシミュレーション【長期修繕ナビ】」なのではないでしょうか。

長期修繕計画の正当性を確認する意味でも、是非「マンションライフサイクルシミュレーション【長期修繕ナビ】」で確認することをおすすめします。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.