Sponsored Link




購入

15階建てマンションはダメな理由は高さからなの?

更新日:

マンション選びは、駅近・広さ・階数・間取り・日当たりなど様々な条件を勘案します。マンション選びの条件の中には、マンション自体の高さはあるでしょうか。一般的に、「15階建てマンションはダメだ!」と言われていますが、その理由は高さであることをご存知でしょうか。マンションの高さ(階高)について綴ります。

Sponsored Link

14階建てと15階建ての違い

お住まいのマンションは、「14階建て」なのでしょうか。もしくは、「15階建て」なのでしょうか。(「14階建て」でも「15階建て」でもありませんという回答が返ってきそうですが。)

たったの1階しか違わないのにも関わらず、「15建てマンションはダメだ!」と言われる理由があります。

一般的な45メートル級のマンションでは、「14階建て」または「15階建て」となっています。その理由は、建築基準法と消防法が関係しているのです。

同じ45メートルのマンションですが、14階建てと15階建てとは、1階あたりの高さ(階高)が異なります。15階建てよりも、14階建ての方が高い部屋ができるからです。

一般的なマンションの天井高(床から天井までの高さ)は、2.40メートルから2.70メートルだと言われていますので、一般的な日本人であれば、生活に支障をきたすような高さ(階高)ではありません。

Sponsored Link

二重天井・二重床の14階建て

14階建てのマンションは、階高があるために二重天井・二重床構造で建設されています。二重天井・二重床構造とは、天井と床が、二重構造となっています。

二重天井側には、電気配線や空調のダクトなどを通し、二重床側には、水回りやガスなどの配管を通すことが多いです。

二重天井・直床の15階建て

15階建てのマンションでは、二重天井は14階建てと同じですが、階高の関係で、直床となっています。ですから、水回りやガスなどの配管も二重天井側に通さざるを得ない構造になります。

15階建てマンションはダメな理由

15階建てマンションはダメな理由は、二重天井・二重床構造ではないということです。二重天井・二重床構造ではないということは、上階の椅子を引きずる音などが聞こえやすくなります。

15階建てマンションは、リビングからベランダへ続く窓も、床スラブから15センチほどコンクリートを立ち上げる水返し壁を設置して、その上にレールを設置することになりますので、窓が小さくなることやリビングからベランダへ出るときの段差が大きくなるのです。

さらに、お部屋をリフォームしようとする場合に、リフォームがしづらいことがダメ!と言われる理由としてあげられます。

本当に15階建てMSはダメなのか

インターネット上には、「15階建てマンションはダメ!」ということが言われていますが、本当に、15階建てマンションはダメなのでしょうか。

同じ敷地面積の中では、14階建てマンションと15階建てマンションを比べると、15階建てマンションの方が多くの部屋を作ることができます。

多くの部屋を作れるということは、マンションの販売価格にも影響を及ぼします。安いマンション=よいマンションと一概には言えませんが、住戸数が多ければ、一部屋当たりの分譲価格は安くなります。

14階建てマンションに比べて、建築面積を少なくできるので、その分中庭などを増やすなど、ゆとりの設計をすることができます。

おわりに

「15階建てマンションはダメ!」ということが一般的には言われていますが、ダメと言われている理由は、高さ(階高)にあります。

14階建てマンションも15階建てマンションも、生活する上での支障はありませんが、将来、大規模なリフォームを行う可能性があれば、15階建てマンションは避けた方がよいでしょうね。

15階建てマンションはダメな理由は高さからなの?

高さ(階高)が原因。
購入後のリフォームを考えて検討すること。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.