購入

住宅ローンの繰上返済はメリット!金融機関にはデメリット!

投稿日:

金融機関から借りている住宅ローンは、早い段階から繰上返済を行うほどメリットがあります。期間短縮型であれ返済額軽減型であれ、住宅ローン利息の軽減につながるからです。

ただし、金融機関にとってはデメリットとなります。本来想定していた利息分が消えてしまうのですから。

住宅ローンの金利が低いとは言え、ボーナスや余剰金があれば、繰上返済を積極的に行うことが早い住宅ローンの完済につながります。

  • 住宅ローンの繰上返済はメリット!
  • 金融機関は繰上返済がデメリット!
Sponsored Link

住宅ローンの繰上返済はメリット!

金融機関から借りている住宅ローンは、早い段階から繰上返済を行うほどメリットがあります。

繰上返済には、返済期間を短縮する「期間短縮型」と毎月の返済額を軽減する「返済額軽減型」の2種類がありますので、都合の良い方を選択することになります。

どちらも、繰上返済の実施時期がより早いほどメリットも大きいです。というのは、住宅ローンを借りた直後は、利息の支払い部分が多く、本体の支払い部分が少ないためです。

繰上返済は、住宅ローン利息の軽減につながるからです。住宅ローンを借りた直後に繰上返済をする余裕は恐らくありません(あるなら住宅ローン額を減らした方が会得)が、ボーナスなどの予定外の収入や支出を切り詰めて繰上返済を行うことがおすすめです。

金融機関にはデメリット!

逆に金融機関にとっては、繰上返済はデメリットとなります。

本来想定していた住宅ローンの利息がなくなってしまうからです。ですから、金融機関から住宅ローンを組む際に「繰上返済」を案内するローン担当者は皆無です。

金融機関によって、繰上返済を行う場合の条件が異なります。詳しくは、住宅ローンを借りた金融機関のホームページやローンの窓口にお問い合わせ願います。

住宅ローンを確実に返済するのだから、「繰上返済」は、金融機関にとってメリットなのではと思われがちですが、繰上返済で返した金額の融資先(住宅ローン)を新たに見つける必要もあるので、金融機関にとってはデメリットとなります。

住宅ローンには、「繰上返済」という仕組みが構築してある以上、「繰上返済」を受け入れざるを得ない状況にあります。

「繰上返済」を行う際に、繰上返済手数料を必要としていた金融機関も無料化もしくは繰上返済額に応じて変更する場合も出てきました。

あわせて読みたい

住宅ローンの繰上返済は、早い方がお得であることはご存知の通りです。でも、繰上返済のために、生活に支障が出てしまうのであれば、繰上返済は行わない方が良いです。

何のための住宅ローンなのでしょうか。住宅ローンの返済で、生活がカツカツになってしまっては、元も子もありません。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.