Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




購入

家活とは独身時代から持ち家を探すことには賛成

更新日:

「就活」、「恋活」、「婚活」、「妊活」、「美活」、「転活」、「ラン活」など、活動を始める言葉が乱立していますが、「家活(いえかつ)」と言う言葉は、ご存知でしょうか。「家活」とは、独身時代から持ち家を探すことを指して言う言葉です。独身時代から「家活(いえかつ)」を行うメリットについて綴ります。独身の若い頃から、家について考えることは、大変よいことだと思います。

家活(いえかつ)とは何か

「家活(いえかつ)」とは、独身時代から持ち家を探すことを指して言う言葉なのです。管理人:info-mansionが、独身時代に購入したマンション、あれは「家活」だったのだと思いました。

「マンション購入の失敗談!東京やってしまった後悔ポイント3」に「家活」の様子を綴っております。

当然、私がマンションを購入した時期に「家活」という言葉はありませんでしたが、最近「家活」なる言葉が出て来て、独身時代から家を探すことが多くなってきたのだろうかと思います。

「若い時の苦労は買ってでもせよ。」と言われるように、若い時の苦労は、今後の人生において貴重な経験となることだと思います。

ですから、独身時代から持ち家を探すこと「家活」には、大賛成です。日本テレビ系列で放送している「幸せ!ボンビーガール」の人気コーナーで、「ワケあり物件」の紹介や地方から上京してきたガールの物件探しに密着する姿は、まさしく「家活」そのものと思っています。

「家活」のホームページは、2018年8月28日(火)からオープンするようです。

家活(いえかつ)のメリット

独身時代から持ち家を探す「家活(いえかつ)」のメリットを下記に綴ります。

住むことに関心を持てる

生活する上で必要な3点「食べること」、「着ること」、「住むこと」、すなわち衣・食・住のうち、住むことに関心を持つことは自然なことだと思います。

独身時代であれば、「購入物件」ではなく「賃貸物件」で十分であると考える方も多いと思いますが、「購入物件」と「賃貸物件」の違いは、快適さと大切さが異なります

独身時代であれば、自分一人で住むことになりますから、どこに住むのかどのような間取りにするのか自由に決めることができます。

それだけ住むことに対して大いに関心を持てると言えます。また、独身時代に蓄えた物件選びの知識や経験が、将来ファミリー物件を探す時に活かされるのではないでしょうか。

快適さが違う

基本的に、「賃貸物件」の場合は、物件オーナーが不動産収益を重視して建てられている物件ですので、設備のグレードが「購入物件」と比べて劣っているのが一般的です。

例えば、お風呂や収納スペース・キッチン・バルコニーが狭いや隣の音が丸聞こえというほど薄い壁が使われていたりします。

「快適さ」で考えると、「賃貸物件」よりも、「購入物件」の方に軍配が上がるのは当然です。

しかし、「賃貸物件」は、住む人のライフスタイルに合わせて、自由に引越しが出来るというメリットがないわけではありません。

大切さが違う

「物件」に対する大切さは、「賃貸物件」と「購入物件」とでは違うと思います。「賃貸物件」だからと言って大切にしないわけではありませんが、物件に対する愛着度が異なることでしょうね。

レンタルした車と自分で購入した車とでは、どちらを大切にしますか。汚さないように気を使って生活するようになったとか、掃除をマメにするようになったとか、大切さが異なってきます。

自由度が違う

「賃貸物件」の場合は、釘1本すら壁に打てないと言います(実際は物件によるのでしょうが)。しかし、「購入物件」であれば、自由に釘を打つことができます。自由度が高いのは、あきらかに「購入物件」の方です。「購入物件」の場合は、リフォームやリノベーションを行うことができるのです。

「壁紙を張り替えたい。」「浴室を新しいユニットバスにしたい。」など、お部屋の中を自由に変更できるのが「購入物件」のよさです。

躯体部分などを除いて、自分の好きなようにできるよさは、「賃貸物件」では味わうことはできません。

若さの特権を活かせる

独身の若い間に関心を持つということは、様々な観点から考える余地があるということです。実際の物件を見たりモデルルームを訪れる機会が増すでしょうし、若さを活かして何も縛られないアクティブに活動できる強みがあります。

年齢を重ねると、知らない=恥ずかしいと思って、きちんと聞けばよいことも聞けずに失敗するケースもありますが、若いからこそ知らなくて当然という強みもあります。

時間的余裕があるからこそ、インターネットや本などから「不動産」に対する知識を増やして、「家活(いえかつ)」に役立てることができるでしょう。「若い」ということは、それだけで特権なのです。

「独身時代」に物件選びに失敗したとしても、取り戻すことのできる時間や体力があります。

おわりに

住まいは、「購入」と「賃貸」のどちらがよいのかということは、ずいぶん前から論議されてきていることです。「購入」「賃貸」、それぞれメリットとデメリットがありますので、ライフスタイルによって答えが異なるのは当然です。

「家活(いえかつ)」という言葉が出てきたということは、独身時代から、「住む」ことに関心を持つ人が多くなってきたということなのではないでしょうか。

誰もが、どこかの家に住んで育ってきたのですから、馴染みが深いです。人が生きるためには、「衣・食・住」の3点ですから、「住」に対して関心を持たない方がおかしいと思いますけどね。

家活(いえかつ)とは何か。

独身時代から持ち家を探すこと。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.