購入

駅から徒歩10分は遠いか?不動産の表示に関する公正競争規約で最も遠い住戸も表記

目安時間 6分
  • コピーしました

マンションに求めるものは、駅近だと思います。駅から徒歩10分は遠いかどうかは個々の価値観にもよりますが、一般的には近いといえるでしょう。

「徒歩10分」は、パンフレットやホームページで記載されていますが、「不動産の表示に関する公正競争規約」で、最も遠い住戸の所要時間等を併記することになります。

大規模マンションの場合は特に住戸の位置によって、徒歩10分で行けるか徒歩15分かかるのか幅があるからです。

  • 駅から徒歩10分は遠いか?
  • 不動産の表示に関する公正競争規約で最も遠い住戸も併記

駅から徒歩10分は遠いか?

「駅徒歩10分は遠いですかマンション購入の許容範囲は」で綴ったように、マンションに求めるものは、駅近です。駅近だと利便性も高く、将来の売却時にも有利となります。

徒歩10分と言っても、人によっては15分必要となる場合もあるし、信号待ちの時間は無視していますから、あくまで目安の時間にすぎません。

大規模マンションの場合は、自分の住戸からマンションの入り口までの時間を考慮しないと、本当の駅までの時間が分かりません。

住戸がたくさんあるマンションであればあるほど時間がバラバラなのは当然です。「駅徒歩10分」という文言がマンションの立地を訴求することがパンフレットやホームページで見ることが出来ます。

「駅から徒歩10分」は近いと思いますが、実際に徒歩10分で到着することができるのかどうか確認が必要です。

不動産の表示に関する公正競争規約で最も遠い住戸も表記

「不動産の表示に関する公正競争規約」はご存じでしょうか。「不動産の公正競争規約」とは、不動産業界が自主的に定める、不当景品類及び不当表示防止法の規定に基づき公正取引委員会の認定を受けた不動産広告のル-ルのことです。

不動産の情報を収集する手段として、新聞の折り込みチラシ・新聞広告、ダイレクトメ-ル、物件情報誌、インタ-ネットなど様々な広告媒体があります。

不動産情報の表示の方法や必要な事項の項目等がまちまちだと、不動産の比較検討を行うことが難しくなります。同じモノサシで測定しないと、一般消費者が判断することが出来ません。

物件の所在地・交通の利便性・面積・生活関連施設・価格や料・住宅ローン等があります。〔各種施設までの距離又は所要時間〕の項目は、以下の内容が書かれています。まずは、変更前です。

【変更前】
(9) 団地(一団の宅地又は建物をいう。以下同じ。)と駅その他の施設との間の距離又は所要時間は、それぞれの施設ごとにその施設から最も近い当該団地内の地点を起点又は着点として算出した数値を表示すること。ただし、当該団地を数区に区分して取引するときは、各区分ごとに距離又は所要時間を算出すること。

変更後です。

【変更後】
(8) 団地(一団の宅地又は建物をいう。以下同じ。)と駅その他の施設との間の道路距離又は所要時間は、取引する区画のうちそれぞれの施設ごとにその施設から最も近い区画(マンション及びアパートにあっては、その施設から最も近い建物の出入口)を起点として算出した数値とともに、その施設から最も遠い区画(マンション及びアパートにあっては、その施設から最も遠い建物の出入口)を起点として算出した数値も表示すること。

変更前と変更後を比べてみると、「その施設から最も遠い区画(マンション及びアパートにあっては、その施設から最も遠い建物の出入口)を起点として算出した数値も表示すること」が追加となっていることが分かります。

従来「駅から徒歩10分」だったものが「駅から徒歩15分」と掲載されることになります。具体的な表記は、パンフレットやホームページでご確認願います。大規模マンションやタワーマンションなどでは、どのように表記されるのか気を付けてみましょう。

あわせて読みたい

マンションに求めるものには利便性があります。駅近であれば、通勤や通学にも便利。旅行などの外出にも便利となります。

駅近のメリットは、駅周辺には買い物が出来る場所や病院などが揃っていることもあります。

現在の駅そのものがなくなる可能性は低いため、将来に渡って便利な生活を享受することができます。

  • コピーしました

   購入   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ