管理組合

防災力を高めるために必要なことは?横浜市の地域防災力向上マンション認定制度

目安時間 5分
  • コピーしました

横浜市では、台風や豪雨などの風水害や大地震などに備えて、新たに「地域防災力向上マンション認定制度」を導入することになりました。

管理組合も、防災力向上のための活動を行うことが資産価値にもつながるのではないでしょうか。

マンション住民の合意形成が防災力向上の鍵を握っているのではないでしょうか。防災倉庫の新設や地域との協力体制を築くことが必要になってきます。

防災力を高めるために必要なことは何でしょうか。

  • 防災力を高めるために必要なことは

防災力を高めるために必要なことは

横浜市では、台風や豪雨などの風水害や大地震などに備えて、新たに「地域防災力向上マンション認定制度」を導入することになりました。

自然災害の多い日本では、いかに防災力を高めるのかがポイントとなっています。災害から免れる方法は皆無ですから、いかに防災に対して取り組むかが問われています。

防災力を高めるために必要なことは、まず活発な管理組合とすることです。マンションの防災について話し合うことが必要なのではないでしょうか。

必要なら管理組合だけではなく、防災委員会などの専門委員会を設置することも検討してください。防災に対する意識の高い人をメンバーに加えることも必要です。

初めから大きなことを行うのではなく、徐々に住民に防災意識を高めていく活動を行うと良いのではないでしょうか。

防災に対して、関心を持たない人はなく、関心はあるがどのようにしたら良いのかが分からない人が大多数です。

横浜市の認定基準は

横浜市の「地域防災力向上マンション認定制度」では、以下のような認定基準を想定しています。

認定基準は、ハード面とソフト面の3段階ずつの計6段階です。1段階クリアすると★が1個付与され、すべてクリアすると★が6個の認定となります。

第1段階の基準は、「災害時にマンション単体で自立が可能」であるかということです。ハード面では、①耐震性、②耐火性、③浸水対策、④防災備蓄庫・防災設備の各項目を全て満たしていれば★1個です。

ソフト面では、①自主防災組織、②防災マニュアル、③防災訓練、④飲料水等の備蓄のすべてを満たせば★1個となります。

第2段階は「マンションと地域との連携が可能」、第3段階は「マンションと地域との連携がより充実」。満たすべき項目は第1、第2段階共通で、ハード面では、①地域の一時避難場所、②地域の浸水対策、③地域共用の防災備蓄庫・防災設備、④地域交流施設です。

このうちのひとつでも満たせば★2個となり、全て満たせば★3個となります。ソフト面の項目は、①地域との協力体制、②地域との防災訓練、③地域交流活動。こちらもひとつで★2個、すべてで★3個となります。

あわせて読みたい

災害はいつ起こるのか分かりません。認定制度は、大阪市が阪神・淡路大震災の教訓を受けて2009年8月に始めた「防災力強化マンション認定制度」が始めたものです。

横浜市も、防災に強いマンションづくりに力をいれています。マンションは、多くの方が住んでいるため、マンションの対応が大きな影響を及ぼすからなのではないでしょうか。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。
  • コピーしました

   管理組合   0

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。