その他

ミニスマートwifiプラグの使い方は簡単!ZIP!でプロが電気代節約術を伝授

投稿日:

2021年5月19日(水)に日本テレビで放送された「ZIP!」の「ミニスマートwifiプラグ」を使った電気代節約術に感心しました。

温水洗浄便座は、フタを閉めるという基本は電気代節約術の基礎ですが、「ミニスマートwifiプラグ」を使えば、スマートフォンから電源のオン/オフを遠隔操作できる優れものでした。

タイマー設定も可能な「ミニスマートwifiプラグ」、1日8時間オフにすることで、年間およそ2,070円の節約になると言います。なかなか便利なグッズが発売されているものだと思いました。

  • ミニスマートwifiプラグの使い方は簡単!
Sponsored Link

プロが電気代節約術

朝の情報番組として定着している日本テレビで放送されている「ZIP!」ですが、生活に役立つ情報を提供してくれます。

2021年5月19日(水)放送の「ZIP!」では、節約のプロが教える「電気代節約術」の特集でした。

今や生活の中で、電気は必要不可欠な存在ですが、お家時間が長くなると電気代も大きく必要になってしまう悩みがあります。そこで、プロの節約アドバイザーが、普段の生活で電気代を節約するコツを教えていました。

節約アドバイザーの和田由貴さんが伝授した節電に重要なポイントは、電子レンジ・IHクッキングヒーターなど使用の消費電力が高いものと冷蔵庫・照明・テレビのように使う時間が長いものをうまく節約することということです。

冷蔵庫の電気代節約術

年間消費電力1位の冷蔵庫は、設置している冷蔵庫の側面と上部は熱を逃がす役割があるため、放熱スペースを開ける必要があるとのこと。放熱を妨げると余計な電力がかかるため、放熱スペースにはなにもないのがベストです。壁につけずに2センチ以上離すと良いとのことです。

また、冷蔵庫内の「温度調節」は季節に合わせて行うことが重要とのこと。夏は「強」、秋と春は「中」、冬は「弱」にするのがおすすめだと言う。小まめな調整が大事なんですね。

温水洗浄便座の電気代節約術

恥ずかしながら、初めて知ったのが「ミニスマートwifiプラグ」の存在でした。「温水洗浄便座」は、実際に使用する時間が短いため、待機時間が長い家電です。待機時間も通電しているため、電気代が必要になってしまうということです。

スマートプラグで、1日8時間オフにすることで、年間およそ2,070円の節約になるということです。

一人暮らしの方であれば、働いている時間は「温水洗浄便座」をオフにしても構わないと思います。上手にコントロールすることで節電になります。

「ミニスマートwifiプラグ」使い方は簡単です。コンセントタップのような格好をした本体を壁面コンセントに挿入し、背面のコンセントには電源のオン/オフ操作をしたい家電品のプラグを接続する。

スマートフォンにアプリをインストールして、アプリ内の説明に従って使いたい製品を登録し、スマートプラグのWi-Fi設定をアプリ上で行う。ただそれだけで利用可能になります。

「ミニスマートwifiプラグ」を使えば「温水洗浄便座」のオン/オフだけではなく、エアコンや照明の電気のオン/オフなど便利に使うことができます。

あわせて読みたい

テレワーク(在宅勤務)が増えてきたこともあって、毎日の電気使用料を節約することに注目が集まっています。電気のない生活は考えられませんから、いかに電気代の節約をするのかポイントです。

「ミニスマートwifiプラグ」の存在を知りませんでしたので、こんなに便利な商品が世に出ているのかを知った「ZIP!」の放送でした。

個人的には、冷蔵庫を買い替えた時に驚くほど電気代が節約になった記憶があります。10年前に購入した冷蔵庫ですが、フレンチドア(観音開き)の冷蔵庫に買い替えたことがあります。

「冷蔵庫の配置で失敗した経験談!間取り図要確認!」で綴ったように、冷蔵庫のドアを開けるとキッチンの通路が塞がれてしまって不便だったのが買い替えのきっかけでしたが。

冷蔵庫は、24時間365日常に通電していますので、新しい省エネの冷蔵庫に買い替えた方が安くて冷蔵性能がアップします。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.