売却

【マンション売却】エアコンは撤去するのか残すのか?

投稿日:

マンションを売却する時に気にするのが、取り付けたエアコンは撤去してから売却するのか残したまま売却するのか迷うことです。

撤去でも残してもどちらでも売却するパターンはありますが、気を付けないとトラブルになる可能性があります。何に気を付ければ良いのでしょうか。

  • マンション売却 エアコンは撤去するの?
  • エアコンを残すメリットも!
Sponsored Link

マンション売却 エアコンは撤去するの?

マンションを売却する場合に、取り付けたエアコンを撤去した方が良いのか残したままの方が良いのか迷います

結論は、お客様次第ということになります。その理由は、残して欲しいという人と撤去して欲しいというパターンが存在するためです。

エアコンを残して欲しい場合

エアコンを撤去しないで、そのまま残して欲しいと考える買主は、初期費用を抑えたいという考えに基づきます。

マンションを購入しても、生活をするためには、住まいを整える必要があるからです。

今まで住んでいた住戸から、冷蔵庫や家具などを持って来るのですが、部屋数が多くなった場合、新しいエアコンや照明器具が必要となります。

マンション購入のための費用に加えて、引っ越しなどの費用がかさむため、少しで費用を節約したいという方もいるのです。

基本的に、不動産の売買には、エアコンは含まれません。不動産とは、文字通り「動かない資産」のことだからです。

ただし、エアコンを残す場合は、気を付けなければならない点があります。

それは、必ず仲介の不動産会社に「エアコンは残す。」と告げることです。付帯設備表に「エアコンの有無」を記録しておきます。

その上で、エアコンの瑕疵担保について、売主・買主で合意をしておくことを契約書に謳ってください。

万が一、エアコンが壊れて使用不可だった場合の責任が売主に来ないようにしなければなりません。

エアコンを使う季節でない場合は、動作保証が出来かねる場合もあります。そのようなときに、トラブルに巻き込まれないようにしなければならないためです。

エアコンを外して欲しい場合

中古マンションの場合、買主は下見に訪れます。その時にエアコンが設置してあるのに気が付くと思います。

エアコンは、どのご家庭にも設置してありますので、あっても不思議ではありません。

しかし、中古マンションの買主は、新たな住まいで暮らすのを機に新しいエアコンを取り付けようと考えているかもしれません。

そんなとき、古いエアコンが取り付けてあると、撤去しなければならないため、処分費用が必要となるため、エアコンを取り外して欲しいと考えます。

中古マンション本体の価格と比較すれば、大した金額ではありませんが、不必要な設備まで購入したいとは誰も思わないでしょうね。

ポイントは、エアコンをいつ取り付けたかだと思います。10年以上前のエアコンであれば、電気代含めて性能面で考えると新品を取り付けた方が経済的なのではないてしょうか。

エアコンの取り外しは、業者によって値段が異なります。必ず見積もりをとって値段を確認してから依頼しましょう。



あわせて読みたい

既存のエアコンの取り扱いをどうするのかを必ず買主と定めておく必要があります。曖昧なままマンションの売却を行うとトラブルが発生することにもなりかねません。

エアコンの取り外しを行う場合は、必ず見積もりを取ることをおすすめします。引越し侍であれば、一番安いエアコン取り外し業者が見つかります。

実際に工事を依頼したかの口コミや評価も掲載されています。参考にしてください。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-売却

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.